彼岸花

 今日金曜日は、「ひょうたん池」花壇管理ボランティアの日。そして第3金曜日だから、独居高齢者との懇談「せんだん ふれあい会」の日と重なったので、作業1時間半、その後せんだんふれあい会1時間半のダブルヘッダーとなった。
 ひょうたん池の花壇管理は、主として清掃、水遣り、池周りのユリオプスデージ撤去、花菖蒲園の草取り等作業で、のんびりおしゃべりをする暇もない、忙しいひとときであった。
b0008825_217628.jpg

 花壇の花は、そろそろ秋~冬の花への植え替え時期を控え、やや生気がなくなった感があるが、まだたくさん花をつけているので、後一月ばかりこのまま頑張ってもらうことに。


 

 その傍らで、彼岸花がその名のとおり、秋の彼岸を待っていましたとばかり咲き誇っている。
b0008825_21193036.jpg

 彼岸花は、一見綺麗だが、花が咲いたときは葉がないので、美しいとは思わない。
 でも季節の花だから、見ると秋の訪れを感じるし、見ないと寂しいような気になるので、この時期なくてはならない花である。

 彼岸花は別名を曼珠沙華とも言うが、この花は元々、その持っている毒性を利用して「モグラ・ねずみ」等を近寄せないよう田んぼや畑の畦、墓場等に植えられたものである。
 そのためか、死人花(しびとばな)、地獄花(じごくばな)、幽霊花等、異名も多い。  
 この彼岸花、何故か方々で、いろんな迷信や言い伝えが残っているようだ。
 当方では、「毒があるので屋敷内には植えないほうが良い」が言い伝えられている。
 またある地方では、花の形が燃え盛る炎のように見えることから、家に持って帰ると火事になるとも。


 ところが花言葉は、曼珠沙華、赤い花のイメージからか「情熱」、「独立」、「再会」、「想うはあなた一人」、「また会う日を楽しみに」。

せんだん ふれあい会
b0008825_21282554.jpg
kさんの指導で、座ったまま出来る体操を楽しむ皆さん

 ひょうたん池のせんだんの木下で、お茶を飲みながらの談笑に続き、誰でも簡単に出来る「座ったままの体操等で、約1時間半の楽しい一時を過ごしていただいた。
[PR]
by matutaka31 | 2013-09-20 21:27 | 思いのまま | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/21094183
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2013-09-22 07:26 x
彼岸花やっと見ごろになってきました。
裏庭 畑の縁に植え込んでありますがこのはなが秋の代名詞になってるようです。
Commented by dojyou38 at 2013-09-22 13:57
せんだん ふれあい会,なんとも和やかで癒される茶話会のようですね。
彼岸花は嫌われ物のように思っていましたが、花言葉とは随分かけ離れていますね。
また、 毒草のように言われていますが、その成分は小児麻痺や認知症の薬に使われるそうです。


<< 「石堂地蔵尊の由来」説明板の怪 川柳 >>