菜園らしくなってきた

 もう野菜作りを止めてしてしまったのではないかと地主さんが心配するほど、ついこの前まで荒れ放題になっていた菜園が、身びいきだが、やっと菜園らしく甦ってきた。
b0008825_17595943.jpg
奥のほうから黒大豆、大根、白菜、キャベツ、じゃが芋

 9月の異常な暑さと旱魃で種まきが出来ず、ポットで種を播いて苗をそだてる一方、移植用の畝を作りながら雨が降るのをじっと待っていた。
 先月末、凡そ20日ぶりにやっと惠の雨が降ったのでチャンス到来と思ったのも束の間、耕してみると種蒔きや移植にはまだ足りない。

 でもこれから先の天気予報では、当分まとまった雨は期待できそうにない。
 当てもない雨を待っていては、秋野菜の作付け適期を逃してしまう。 
 少しの雨でも、チャンスだと思わなくてはいけない・・・とばかり、昨日は苗の移植をしたり、種を播いたり・・・大忙しの一日になったが、こんなことは、久しぶり・・・。
b0008825_1843831.gif



 青空の下、朝から夕方まで、麦藁帽子に長袖シャツといういでたちで、何もかも忘れ、もう夢中になってしまう。
 すっかり身についた百姓姿をお見せできないのが残念! ま~こんな感じかな・・・(^。^) 
 



 



b0008825_110141.jpgb0008825_1104487.jpg
 
真ん中の畝は、ポットで育てた白菜の苗を20本移植。寒冷紗を数日かけて養生する。


b0008825_11134118.jpgb0008825_11135913.jpg
 オクラの花が綺麗!でもオクラは成長が早いので、ちょっと収穫のタイミングを逃してしまうと、ご覧のようにお化けのように大きくなり、硬くて食べられない。種採りでもしているのかと、間違えられそう。

b0008825_11165784.jpg
ゴーヤもまだ健在。 夏の間せっせと水遣りした効果だろうか・・・。


b0008825_11183346.jpg
ピーマンは、水不足の後遺症だろうか、実が大きくなりきらないまま、赤く色付いてしまう。


  畑の側では、露草が人目につかないように可憐な花を咲かせていた。
b0008825_11211127.jpgb0008825_11213276.jpg
[PR]
by matutaka31 | 2013-10-02 21:29 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/21196320
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2013-10-04 07:39 x
菜園 妻が担当
草取りなど手伝ったりまた山へいったりしますが
疲れが残らない程度に仕事
結構趣味で菜園管理してる方増えてます。
Commented by matutaka31 at 2013-10-04 08:48
近くの菜園でも、車で通ってくる人が何人かいます。
女性の菜園愛好者も増えていますね。
皆さん、自分の健康管理のためと、安心して食べられる野菜を
求めているようです。
Commented by kanmyougam at 2013-10-05 13:26
畑の雑草が茂って、周りの方が心配してくれまsy。
雑草の刈払いが遅れてしまっています。
作陶と菜園・・・・それにゴルフにハマって・・・・・菜園が手薄です。
Commented by matutaka31 at 2013-10-05 13:55
kanmyougam さんへ
雑草取り作業は、思ったより重労働です。
今では枯れてきましたが、根がしっかり残っているので、掘り起こしが
大変です。
草との闘いが終ったら、今度は野菜に付く虫との闘いが始まりました。
Commented by ★元気ばば★ at 2013-10-05 22:56 x
みごとに育っていますね
畑には足りない降水量 台風の影響もなし?雨がふらない
困っています
Commented by matutaka31 at 2013-10-06 10:00
元気ばば さま
昨日、本当に久しぶりに惠の雨が降りました。
これで一安心。
これからは、虫との闘いが始まります。
Commented by taminamikawa1 at 2013-10-06 20:04 x
「百姓百作」という言葉があるそうです。百の仕事があり、百のやり方があるし、100種類の作物を作れるのがプロの百姓と言われております。
百姓はそれだけ忙しいということでしょうね。
matutaka31は趣味で家庭菜園をやっておられますが、
これだけの種類の作物を植え付けておれますから、
趣味の域を超えて、半プロの百姓のように感じますが・・・。
Commented by matutaka31 at 2013-10-07 09:11
taminamikawa1 さんへ
半プロ百姓の称号、ありがとうございます。
同じものを毎年作っても、同じ条件で出来るということはありません。
昔から、農業者にボケ老人はいない・・・という言い伝えの意味が
分るような気がします。


<< 間もなく館林市です 香椎宮 その新たな発見 >>