柊木犀(ヒイラギモクセイ)の花

 我家の庭に咲く、柊木犀(ヒイラギモクセイ)の様子をご紹介しよう。
 この時期になると、この柊木犀の枝に純白の可憐な4弁の花がびっしり咲き揃い、近づくとそこはかとなく芳香が漂う。
 外から庭に入ると、「お帰りなさい」と、その香りが私を迎えてくれているような気がする。
b0008825_9235436.jpg
柊木犀は、柊(ヒイラギ)と 銀木犀(ギンモクセイ)との雑種


 柊木犀も金木犀・銀木犀と同じように雌雄異株で、日本には雌株は無いといわれているので、花が咲いるのは全て雄株だから結実することはない。
 (柊は雌雄異株で結実することから、 柊木犀は、銀木犀の雄株と柊の雌株の交雑種と推測できる)
 
b0008825_9422781.jpg

 花の香りは、金木犀と同じように甘酸っぱい香りがするが、金木犀の自己主張が強い印象の香りに比べ、このヒイラギモクセイの香りは、控えめで奥ゆかしさを感じさせる。

 「金モクセイの花はトイレの芳香剤を思い出し、好きになれない」と言う人もいるが、柊モクセイの花を嫌いだという人はあまりいないようだ。
 でもそのやさしい香りに誘われて不用意に、顔を近づけたり、手を差し伸べたりすると、葉の鋭い棘が牙をむいて“近寄るな!”と、言わぬばかりにガードしているので、痛い目に遭うことになる。
 最初は姿を見せず、しばらくしてさりげなく存在をアピールする金モクセイと違い、柊モクセイは存在感がある箱入り娘を想像させる花である。

 この柊モクセイは樹形も花も銀木犀に似ているが、葉が柊木犀の方は触ったら痛いぐらいのギザギザなので区別できる。
 古くからその鋭いトゲによって邪気を払う木とされ、庭に植える習慣がるという。私もその習慣にならって植えたのだが、剪定とその枝葉の処分の時、この葉の刺の鋭さには閉口する。
 でも、その鋭い葉のイメージも、今咲いている可憐な花と香りによって、うそのように和らいでしまっている。

  
 もう数年前だったろうか、小生の拙作ホームページにアップした 「金木犀」 です。
[PR]
by matutaka31 | 2013-10-29 23:17 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/21372717
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2013-10-31 06:41 x
柊木犀知りませんでした
金木犀があり花が咲くころキノコ採りと言われてましたが
山は 開発か荒れ放題キノコ採りしてません
Commented by matutaka31 at 2013-10-31 09:13
hibochanさんへ
金木犀の花の頃、きのこ狩りですね。忘れていました。
この秋、椎茸があまり採れませんでした。
ホダ木が駄目になったのでしょうか。
こちらはすっかり秋めいて来ました。

Commented by よこはまT at 2013-10-31 23:40 x
今回は、柊木犀には全く心動きませんでした(^0^)
写真の柊木犀の背景に広がる、真っ青な空の美しいこと!
空の、きれいな色に心踊り、釘付けです。

上品な『箱入りお嬢さん』にお会いしたときも同じ。
そのひとが存在する空間に魅了されますね。
Commented by matutaka31 at 2013-11-01 23:11
よこはまTさんへ
最近、pm2.5の飛来が多くなって、こんな青空が見える日が
少なくなりました。
天高く・・・ 、やはり秋の空はこうでなくっちゃ・・・。
年々春と秋が短くなって、日本特有の四季が変わっていくようで
残念です
Commented by dojyou38 at 2013-11-04 15:22
確かに、子供の頃何処の家にも玄関などにヒイラギと鰯の頭が飾っていました。
1年のうち何時ごろだったかも忘れました。
そして、その名残さえ見たことがありません。
Commented by matutaka31 at 2013-11-06 23:04
dojyou38さんへ
古い習慣にならって植えましたが、葉の刺が鋭くて、剪定クズの処分に
困ります。
植えなければ良かったと思いながらも、花が咲くと気が変ります。
それ程、本当に良い香りです。


<< 10月、歩いた距離は172km 窓越しに見るミカン >>