今年の芋は小ぶり

 今朝窓際のカーテンを開けると、窓ガラスが薄っすら曇っていた。
 放射冷却・・・もうそんな時期かと、季節の移ろいを実感させられる。

 さて気になる今年の芋類の出来栄えは?
 食べる分だけ少しづつ堀上げているが、さつま芋も里芋も、例年になく小ぶりである。

 夏の日照り続きで、他の野菜は水遣りなしでは枯れてしまうほどで、乾燥に強いさつま芋でさえも蔓が枯れてしまうのではないかと心配したくらいだから、芋の太り具合は悪いだろうな~と思っていたが、やはりその思いが的中してしまった。

 さつま芋は例年だと今頃、知人や親戚の者を誘っての芋掘り会で「ワー大きい!」と言うような嬌声聞きながら楽しい思いをするものだが、試し掘りしたところ芋が思ったより小さかったので、声を掛けるのを躊躇っている。
b0008825_2322512.jpg
細長いのが「紅東」、やや丸い太目のものは「鳴門金時」

 10月以降雨が順調に降っているので、もう少し大きくなるのを待ってからにしようと思っていたが残念ながら気温が一気に下がってしまったので、これ以上大きくなるのは無理なようだ。

 小ぶりなのは、作る立場の小生にはやや不満だけれど、焼き芋等食べる側にとっては好まれるようだから、ま~美味しく食べてもらえば本望だし、それで良しとしよう。

 里芋もやはり同じ条件だったので、親芋はしっかり太っているのに、小芋はやや小ぶりである。
b0008825_23232010.jpg
左後方が親芋、中間のものが小芋、更に小さいものが孫芋

 ジャガイモはご覧のように、まだ葉が青々しているので12月までこのままにしておこう。
 秋のジャガイモはいくら雨が降っても腐ることがないので、食べる分だけ掘り出して、あとは畑の中でそのまま保存することにする。
b0008825_2323433.jpg
まだこんなに青々しているので、じゃが芋は多分小玉だろう

[PR]
by matutaka31 | 2013-11-13 23:24 | 思いのまま | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/21460726
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by dojyou38 at 2013-11-15 20:24
今年の芋は小ぶりですか。
そう言えば雨が少なかったですね。
小ぶりでも、美味しければ十分でしょう。
サツマイモはもう堀上時でしょうね。
Commented by taminamikawa1 at 2013-11-15 22:45
今年も、サツマイモや里芋の収穫の時期を迎えましたね。
家庭菜園で一番の楽しみはやはり何と言っても、
自分が愛情込めて育てたのを収穫し、食することですね。
サツマイモはレンジで蒸かしても良し、大学芋でも・・・。
Commented by matutaka31 at 2013-11-15 23:30
dojyou38さんへ
さつま芋を食べる度に、子供の頃の食糧難を思い出します。
でも今となっては、懐かしい思い出です。
近くに居る甥姪たちを呼んで芋掘り会をして、自分で掘る体験を
してもらいます。
みんな一生懸命掘って、楽しんでくれます。
Commented by matutaka31 at 2013-11-15 23:35
taminamikawa1 さんへ
最近のさつま芋は美味しいので、結構人気が有りますね。
食べて美味しいうえに、お腹の調子がよくなります。
我家では、レンジで蒸かしたり、オーブンで焼いたり・・・、時には
味噌汁の具に使うこともあります。
秋は、作る楽しみと収穫の喜び、そして食べる喜びが重なります。


<< 秋を彩る シティーウォークinふくおか >>