大腸ポリープ手術

 3年前の大腸の内視鏡検査で1個のポリープが見つかっていた。
 昨年末の検査で新たに1個見つかり、急ぐことはないがなるべく早めに切除したほうがいいとの意見があったので、紹介してくれたかかりつけの内科医と相談のうえ、今回手術を申し出て摘出手術を受けることになった。

 極簡単なポリープ摘出は、外来検査で手術を済ませるほど技術は進歩しているが、ポリープの種類や形状によって手術方法が異なるので、術後の安全のためにも一般的には入院治療になるようだ。

 私は、入院経験と言えば高校時代盲腸で入院しただけで、もう60年もの間入院したことがないので、入院初体験と同じようなものである。

 入院期間は手術の経過次第だが、“場合によっては3~4日は必要になると思います”とのことで、今まで経験したことのない入院準備をして、入院前夜は予め渡された下剤を飲み、当日に備えた。

 入院当日10時過ぎから2リットルの腸内洗浄水を2時間かけて飲み、腸内の便を残らず排出する。
 その後も便の状況を15分毎に確認しながら、完全に水溶性になったのを看護師が確認した後、15時過ぎに手術が始まった。

 軽い麻酔注射のあと、内視鏡の挿入が始まり、内視鏡が大腸の奥の方へどんどん挿入されて行く様子がモニターに映し出される。
 もう何度も見る自分の腸内であるが、今回はポリープの摘出がどんな風に為されるのか興味が募る。

 内視鏡が腸の一番奥まで到達すると、“これから手術にうつります”と先生の声。
 1番目のポリープは、なかなか発見し辛い場所だったようで、昨年の検査結果をパソコンで確認しながら、入念に探し当てるている様子が伺える。
 そして画面に1個のポリープが浮かび上がる。

 先生は、画面を喰いいるように見つめ内視鏡を操り、内視鏡の管を通して器具を入れ替え取替えしながらてきぱきと操作を進める。
 ポリープは平坦な形のため、液を注入して膨らませて切除する作業がよく見える。
 先生と看護師の呼吸の合った操作は、患者である私の気持ちを和らげてくれる。
 傷口を2本のクリップで止血して、無事切除完了!
 見ている私も、緊張がほぐれる瞬間だ。

 大腸粘膜には神経がないので、痛みは全く感じない!

 次に、S状結腸にあるポリープの切除の様子がモニターに映し出される。
 終了後先生に写真を頂いたので、その写真を基に切除の様子を説明しよう。

b0008825_16595478.jpg

 

S状結腸にある突出したポリープ
 大きさ12mm




b0008825_1713149.jpg



切除の瞬間




b0008825_1714471.jpg



切除の跡




b0008825_1735196.jpg


傷口がやや大きいので、4本のクリップで止血して完了。




 以上は、終始自分の目で手術の状況を観察した記録であるが、医師と看護師の動きも一部始終よく分る上病状と手術内容が手にとるように見えるので、自分の体内ではないような錯覚を覚える。

 術後の感想は、腸の内容が自分の目で確認できるうえ、手術の一部始終が全て明らかになるので、これからの大腸の状態を考えるうえで大変参考になった。
 
 大腸内の粘膜は複雑に波打っているため、大腸の検査にはどうしても死角ができると言われる意味がよくわかるし、そのうえ大腸粘膜には神経がないので痛みを感じないことを考えると、自覚症状はなくても定期的な検査が必要になることも合わせて認識させられた。

 
 その後の経過観察で出血もなく、特に異状がなかったので、2日間の入院で退院することができ、これまでなんとなく心の隅で重石になっていたものが取り除かれたようで、生検結果が残されているがひとまず安心。
[PR]
by matutaka31 | 2013-11-29 16:02 | 思いのまま | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/21558184
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2013-11-30 07:20 x
大腸ポープ切除なんて手術の部類に入らない なんて人は いいますが本人にしてみれば 気になります。
自身四年ほど前7mmから1mm三個見つかり人生初めて三日入院
毎年のように切除して慣れっこになりました
日帰りです。医学の進歩には 驚かされます。
Commented by matutaka31 at 2013-11-30 11:22
hibochan さんへ
大腸ポリープ切除の先輩だったんですね。
生まれて初めての入院だったとは、まさに健康そのものの見本のように
お元気なんですね。
思いの他簡単に終わり、予め聞いてはいましたが、ホッとしました。
医学の進歩には、本当に驚かされます。
Commented by kanmyougam at 2013-11-30 13:01
こんにちは。
お疲れ様でした。
ポリープとはいえ大事をとって摘出してそれを検査するようです。
私もポリープができていて入院摘出した経験があります。出血が止まる一泊です。
その後はポリープが見つかっていません。
検査はしっかり定期的にしたほうがいいと思っています。
Commented by tenpai8 at 2013-11-30 15:00 x
matutaka31 さん、懸案を一つ克服されてオメデトウございます。ポリープとは最近ヨクヨク聞きなれた病気ですが、矢張り宿主の身になれば大いに気掛りですね。私は経験なしですが、それでも胃と大腸は年一回必ず検査していますが、晩酌の罪滅ぼしです。
Commented by matutaka31 at 2013-11-30 17:08
kanmyougam さんへ
kanmyougam さんも経験済みなんですか。
40過ぎると、特に男性は発生率が高くなるようですね。
自覚症状がないので、気がついたときには癌になっていた・・・と言う話を病院で聞きました。
開腹しないで済むので、痛い思いをしなくて助かります。
Commented by matutaka31 at 2013-11-30 17:12
tenpai8さんへ
ありがとうございます。
腹の中が、少し軽くなったような気がします。
tenpai8さんは、胃と腸が健全だということは、長寿の可能性大ですね。
心置きなく晩酌が出来る日が楽しみです。
Commented by よこはまT at 2013-11-30 21:21 x
matutaka31さん、ポリープとともに『心の重石』もとれて
ほんとによかったですね 手放せたそれがなによりです
私も、激痛と下血のため入院し、内視鏡で探ってもらい
虚血性大腸炎だったことがあります。
あのおいしくない 2ℓの腸内洗浄剤には閉口しました。
どうぞお大事になさってくださいね
Commented by matutaka31 at 2013-11-30 21:34
よこはまTさんへ
虚血性大腸炎を患ったんですか。大変でしたね。
大腸粘膜は神経がないといわれますので、激痛があったのは、かなりひどい状態だったんでしょうね。
内臓の病気は、目に見えない、そのうえ自覚症状がないことが多いと
言われますので、くれぐれもご注意ください。
Commented by 晩節を行く農民 at 2013-12-01 06:36 x
お邪魔致します

先日,4~5日ブログをお休みとの事で
何処かへご旅行でもと思って居りましが、この大腸のポリーブ摘出の手術のためでしたか

何はともあれ手術、大成功お目出度うございました

然し この大腸には神経が無く痛みが感じられない
初めて聞き勉強になりました

又、いろいろと手術の際の写真を興味深く見せて頂きました
まあ 此方80の爺さんですが、いつ何時お宅様と同じ症状が出るとも限りませんので大変に参考になりました

因みに 当方、今から40年程前に会社での健康診断の際、胃に悪性の腫瘍が見つかり 胃、全部を摘出致して居り お陰さまで今日まで長生きして居ります

術後でございますので ご自愛の上、お過ごし下さい

    では失礼致します
Commented by matutaka31 at 2013-12-01 10:15
晩節を行く農民さんへ
ありがとうございます。
私も初めての経験で、いろいろ勉強になりました。
特に今の医療技術の進歩を、自分の目で確かめることが出来、
医療に対する信頼を深めることが出来ました。
40年前に胃の全摘をされたとのこと、当時はさぞ心配されたことでしょう。
でもその後お元気でお過ごしの由、何よりです。
大分寒くなってきました。どうぞご自愛ください。
Commented by dojyou38 at 2013-12-03 11:58
手術がスムーズに進行し、術後の経過もよいとのこと、一安心ですね。
ベテランの良い先生が担当したのが良かったと思います。
<大腸粘膜には神経がないので痛みを感じない>知りませんでした。
私も気を付けたいと思います。
Commented by matutaka31 at 2013-12-03 14:13
dojyou38 さんへ
自分の大腸内の一部が切り取れれているのに、なんだか他人事のように感じるので、不思議な気持ちになります。
医学の進歩がめざましいことを実感させられました。
早期発見、早期治療、大切なことですね。
Commented by taminamikawa1 at 2013-12-04 22:59
早期発見・早期手術が一番です。
手術が無事、終了して良かったですね。
その意味でも、健康診断は大切ですね。
Commented by matutaka31 at 2013-12-05 09:43
taminamikawa1さんへ
病気に対する自身の積極的な健康診断が、早期発見そして
早期治療つながること、を改めて思い知らされました。
年を重ねると、思わぬことがでてきますね。


<< ただ今、国道1号を平塚から小田... ひょうたん池も冬モード >>