櫨(はぜ)の紅葉

 櫨(ハゼ)と云えば、木ロウ、触るとかぶれる、という印象が強い。
 私自身かぶれたことはないが、かぶれると嫌だから「触らぬ神にたたりなし」の存在である。
b0008825_1725871.jpg
 

  

  福岡市天神のアクロス・ステップガーデン(通称アクロス山)を仲間と歩いたとき、真っ赤に色付いたハゼを見て、機会があれば久留米のハゼ並木を見たいものだと思っていた。

 



 先日、地元の歩こう会12月例会を、天然記念物で有名な久留米市「柳坂曽根の櫨並木」を歩くことに決め、仲間と共に、絶好の行楽日和に恵まれた櫨の紅葉ウォッチングを楽しむことができた。
 今年は例年より10日ほど遅れているらしいが、見事な紅葉並木だった。
b0008825_23124162.jpg
櫨並木の向こうにかすかに見える山並みは耳納連山

 18世紀前半から九州各地で栽培されるようになった櫨は、木ロウの原料として特産品の一つになっていた。
 久留米藩も大いに櫨の栽培を奨励し、1730年ごろから藩内での栽培が始まり、米に継ぐ主要な農産物として藩の財政を潤おすようになった、という。
 「柳坂曽根の櫨並木」はその名残で、凡そ1,1kmに約200本の櫨が残っており、平成6年に「新・街路樹百景」に選ばれている。

 何枚か写真をご紹介しよう。
b0008825_17514425.jpg
b0008825_175286.jpg


1730年代から栽培が始まり、その当時の櫨が残っているとすれば樹齢2百数十年を超える老木になると思われ、その幹の太さや樹勢は風格さえ感じさせる。
b0008825_1940481.jpg

b0008825_17522562.jpg


 櫨の実 これが木ロウの原料
b0008825_1861728.jpg

[PR]
by matutaka31 | 2013-12-05 17:55 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/21591397
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2013-12-06 07:12 x
ハゼの並木すごい
偶然にも我が家でも 屋敷内と山へハゼ植え込んあり真っ赤
鳥が実を運び御近所さんにも生え出てるようです。
Commented by matutaka31 at 2013-12-06 13:47
江戸時代の名残だそうで、樹も色も風格があります。
私も初めて見て、凄いと思いました。
お宅の櫨の木、大きくなるにつけ、きっと注目を浴びるように
なることでしょう。
楽しみですね。
Commented by 晩節を行く農民 at 2013-12-07 16:58 x
お邪魔致します

櫨の真っ赤に色づいた紅葉を見せて頂いて居り
将に目から鱗ですね   凄く綺麗です

この櫨と謂う字も初めて知りました 難しい・・・
この櫨の並木は天然記念物に指定 それも古い木は
遡る事2百数十年 まあ吃驚致しますね 
機会があれば、その期間の世の中の変遷を聞いてみたいものですね
爺さん何を言っているのだ・・・・笑い

このお宅様のブログの絵の構成の良さには感心・・・
散策の様子から始まり 紅葉の大写し 途中に並木の全体像
最後の締め 否 この木のパフォーマンスである 木ロウの大写し・・

有り難うございました 大変に目の保養になりました
       では失礼致します

Commented by matutaka31 at 2013-12-07 23:13
晩節を行く農民 さんへ
参勤交代等で、幕府に散々しぼり上げられた地方の大名は、
財政を維持するのに四苦八苦したことが偲ばれます。
そんなことを思いながら櫨並木を歩くと、櫨を育てた当時の
農民の苦労は想像に余りあります。
写真までよく目を通していただき、ありがとうございました。
Commented by dojyou38 at 2013-12-08 22:44
「柳坂曽根の櫨並木」2度ばかり訪れたことが有りますが見事な光景ですね。
写真のアングル・構図もバッチリですね。
アクロス山のハゼの紅葉は未だ見ていません。
近いうちに登りたいと思います。
Commented by matutaka31 at 2013-12-09 14:31
dojyou38 さんへ
私は初めてでしたので、想像以上の櫨並木に驚きました。
木ロウの収穫やその後の蠟製造過程が気になりましたが、
それは叶いませんでした。
アクロス山の散歩は、30分くらいの暇つぶしに良いですよ。
街中の騒音を避けて、チョイの間の憩いが出来る場所です。


<< 尾張徳川家の至宝展 ただ今、国道1号を平塚から小田... >>