今年の年賀状

 出す時と受け取る時で、こうも変るものかと我が心の変化にあきれている。時節柄、年賀状のこと。
 年賀状をもらった時、来年は何時もと違ったものを作ろう!と密かに思うのだが、時が経つと綺麗さっぱり忘れてしまって、あっと言う間に12月になる。
 何時ものことながら、12月になって慌てて作るので、めったに会う機会が無くなった人への近況報告型の変り映えしない年賀状になってしまう。挙句の果てには、年賀状なんて無くなれば良いのに!と思うことも。

b0008825_10142930.jpg

 年が明けて元日、やはり年賀状が気になる。
 全国各地から頂いた賀状、時間をかけて隅から隅まで読み通す。
 久しぶりに目にする懐かしい人からの便り、思わずニヤリとする凝った内容、思いがけない人からのお便り等々。
 近況や心のこもった一言等々、読むうちに差出人の心遣いが伝わってくる。日頃のご無沙汰を詫び、お互い元気なことを確認し合う。これが年賀状の良さでありありがたさであろう。

 今年もらった賀状の中に、日頃の思いをさりげなく綴った、ユニークなものが何枚かあった。ほんの一部だけご紹介しよう。

 「年毎に少なうなりゆくもの。エンピツ・日本語・米食・闇。身だしなみ・慎ましさ・公徳心・預金残高・髪の毛・思い出す人・余命・・・・いと侘びし。」、 「幸せは、喧嘩できる、妻がいる」、 「永年の酒の故か、まだらボケが真正認知症へと進行し・・・」と、ユーモラスなものから寄る年波を気にしながらも元気振りを控えめに書いたものまで。
 
 また、「日本一周ウォーキング、今、3週目に挑戦中で、南北ベトナム縦断やニュージーランド旅行を楽しんだ。」と、シニアとは思えない活動派から、「マチュピチュで外人と一緒に写った写真を14人全員親戚です。」と、世界を股にかける国際派まで。

 更に、「夢か現か・・・英霊よ70年の長きにわたり、一人の後続も届けず寂しかったでしょう。寂しがることなかれ、今に多量の仲間を送り込むと総理大臣は神前で誓った。そのことを暴露したら、特定秘密保護法で10年の懲役刑に科せられ・・・目が覚めた。」、「暗い戦前」に逆戻りしそうな政情、今年も平和の火を消さぬよう努めたく・・・。」と今の政情を憂えるものまで。

 賀状をくれた人の多くは、現役引退後元気で思い思いに活躍している「生涯現役」組。この人たちに今年も幸多かれと祈る。
 さて来年の年賀状に、私は何を書くのかな~。
 

 
[PR]
by matutaka31 | 2014-01-08 16:35 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/21817194
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 晩節を行く農民 at 2014-01-10 06:23 x
お邪魔致します

今日は年賀状の往復便の話題ですね
仰る通り 当方も来年こそは良い賀状をと思いながらいざ鎌倉となりますと
PCで90枚程プリントアウトして簡単に手書きの添え書きを・・・

このお宅様が頂かれた賀状の文面を見せて頂いて居りますが素晴らしいと思います
来年こそ これを参考にして頑張りたいと思う次第です

勉強 有り難うございました 失礼します
Commented by hibochan at 2014-01-10 07:16 x
誰かが元気でいる証と言ってましたので
年賀は お出ししてます
しばらく花シリーズ
一言添えるようにしてますが
Commented by matutaka31 at 2014-01-10 10:41
晩節を行く農民さんへ
パソコンが無い時代、年賀状柿は12月の大仕事でした。
今はパソコンのお陰で私も、一筆書き添える賀状になりました。
心のこもった賀状を頂くと嬉しいです。
来年の年賀状は、心を入れ替えようと思いますが・・・・。

Commented by matutaka31 at 2014-01-10 10:47
hibochan さんへ
1年間音信不通の方から年賀状が届くと、元気だったんだな~と
安堵しますね。
シニアになると、念頭の挨拶より元気な証の意味合いが大きく
なるようです。
Commented by at 2014-01-11 10:23 x
綺麗な年賀状が揃いましたね。
私も毎年思いは同じ・・
大晦日迫る頃、反省をこめて日記の積りで
可笑しく書き綴っている。
お陰さまで、年賀状の往復が続き苦笑している家族・・(笑)
恥じの書き捨て・・これが一番喜ばれる。
Commented by matutaka31 at 2014-01-11 23:05
好さんへ
止めようと思っても止められない年中行事です。
これがあるから、正月らしさが感じられるのかもしれませんね。
今年もまた、12月になると気ぜわしくなることでしょう。(^。^)


<< 蝋梅が咲いた    ブログを印刷して保存 >>