宮崎安貞書斎を訪ねる

 今日は久しぶりに晴れ上がり、PM2,5の飛来も少ないようで、周りの雷山山系の稜線がはっきり見える。
 快適なウォーキングが楽しめそうだったので、何時ものルートを変え、山手の農家が多い方へ足を延ばし、機会があれば行ってみたいと思っていた県指定史跡「宮崎安貞書斎」を訪ねた。

 この地に住み着いて十数年になるが、いつか行って見ようと思いながらも、つい・・今になってしまって、のんびりした話である。
b0008825_17444456.jpg
県指定史跡「宮崎安貞書斎」

 宮崎安貞と云えば、知る人ぞ知る、我が国最初の農書として名高い「農業全書」を著わした農学者である。

 そう言う私も、「宮崎安貞と農業全書」くらいの知識しかなく、農業全書にどんなことが書かれているのか、その内容が当時の日本の農業にどのように貢献したのか等々、恥ずかしいけど分っていない。

 しかしながら水戸の徳川光圀は「これ人の世に一日もこれ無かるべからざるの書なり」と絶賛し、八代将軍徳川吉宗も座右の書に加えたほどであったと評されているところみると、日本の農業の発展に寄与した功績の大きさは想像に余りある。 

 「25歳で福岡藩二代藩主黒田忠之に仕へるが、まもなく辞して隠居し、」とあるが、今様に言えば30歳前後に“脱サラ”し、自分の思う道を生き貫いたことになる。 
 
 「宮崎安貞書斎」の南方約300mの所に、安貞の墓もある。
b0008825_1758844.jpg
安貞の墓「眞如院休閑道居士」と刻んである


 今日は、好天に誘われ何時もより長い2時間近いウォーキングのお陰で、地元の偉人の足跡を知る、ご褒美を頂く一日になった。

宮崎安貞とは 



宮崎安貞とは
元和9年(1623)安芸国(広島県)生まれ、元禄10年(1697)75歳で没した。
25歳の時、福岡藩二代藩主黒田忠之に仕えるが、まもなく辞して隠居し、九州・山陽・近畿の諸国を巡遊し、あまねく老農の経験談を聞き、種芸の実際を観察した。
その後、志摩郡女原村(現 福岡市西区女原)に帰り、土着して、一介の農民として郷土の農業改善、民生生活の向上に尽くした。
この間、宮崎開などの新田開発も指導しながら、中国の農業書である「農政全書」を参考として、自己積年の体験を収集し、元禄9年(1696)不朽の名著「農業全書」(10巻)を著わした。この書には、貝原益軒の序文が寄せられている。
 農業全書は、我が国最初の農書として名高く、明治に至るまで版を重ね、農業技術の基本図書として読み継がれてきた。
[PR]
by matutaka31 | 2014-01-19 17:47 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/21871904
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tenpai8 at 2014-01-20 22:12 x
江戸時代にこのような重農主義の権現が糸島にいたことを知りませんでした。ナルホド! と偉人の業績を垣間見、元祖大先輩として認識しました。折あれば少し触れたくなる情報でした。  多謝!
Commented by matutaka31 at 2014-01-20 23:10
tenpai8 さんへ
機会があれば、図書館で「農業全書」を開いてみたいと思っています。
きっと宮崎安貞翁の偉大さを知ることになるでしょう。
Commented by hibochan at 2014-01-21 07:56 x
水戸光圀が称賛してるのに恥ずかしながら知りませんでした
関東で知ってるのは 二宮尊徳くらい
現在の仕事は 桜 栗 果実の剪定施肥
寒い 寒い
Commented by 晩節を行く農民 at 2014-01-21 11:01 x
お邪魔致します

お宅様の近くに徳川時代に農書を書いた人の県指定史跡があるのですね
其処へこの日はウォーキング 非常に閑静な所にありますね

然し この時代に農業について本を書く人・・・兎に角、吃驚しましたね
流石、豊葦原の瑞穂の国ですね

徳川光圀公も絶賛 又、八代将軍徳川吉宗が座右の書に・・・・中身は凄いのでしょうね

お宅様の最後の文言に感心致しました  では失礼致します
Commented by matutaka31 at 2014-01-21 14:41
hibochan さんへ
40年余の辛苦を重ね、自らの足で情報を集め、1千種以上の作物の栽培技術を著した書ですから驚きです。
光圀公も脱帽だったんでしょうね。
こちら今日は、朝から雪が舞って寒い一日になりそうです。
Commented by matutaka31 at 2014-01-21 14:50
最近史跡探訪を重ねていますが、昔の人は自分の信念を通しながら
生き抜いた人が多いのに感心させられます。
世界に誇る日本農業の礎を築いた、偉大な人の存在を改めて
認識させられました。
Commented by dojyou38 at 2014-01-25 11:05
私もこの近くに住むようになって20年近くになります。
宮崎安貞の名前は農業の指導者として聞いておりましたが、徳川光圀公や
将軍徳川吉宗が絶賛するほどの評価を受けている偉人とは知りませんでした。
近いところなので機会を作って訪ねて見たいと思います。
Commented by matutaka31 at 2014-01-25 18:19
dojyou38さんへ
情報が少ない時代に、独学でよくもま~書けたたものだと驚きです。
昔の人の情熱と努力に、頭が下がります。
九大学研都市駅から歩いて、20分くらいの距離でしょうか。
散歩気分で歩ける場所です。


<< 「老人」とは ほうれん草の移植 >>