「老人」とは

 先週「九州市民大学」1月講演に参加した。
 講演は、「合唱王国・福岡の現在(いま)」と題して、男声合唱団 西南シャントゥール with NHK福岡児童合唱団MIRAI による合唱、それに夫々の合唱団の生い立ちと活動状況のトークであった。
b0008825_11301942.jpg
3枚の画像は、当日配布されたパンフレットより


 講演を終わって、音楽オンチを自認している私は合唱の評価は差し控えるとして、別の視点で、講演の感想を書きたくなった。

 終わった後一緒に行った仲間と共感できたことは、目標に向って頑張っている人たちだからみんな若い!ああいう生き方はいいな~、元気をもらった!・・・であり、同じ目的に向って志を一つにしている人たちは、これほどまでに若々しく元気な印象を与えるものか・・・であった。

 西南シャントゥールのメンバーは、平均年齢70才、最高齢84才、決して若くない合唱団。
 しかしながら、入場する姿は全員胸を張り、前を向いて堂々と歩く、背筋がピント伸び、うつむき加減な人は一人もいない。
 揃いの制服をきているせか、20歳の年齢幅を感じさせずみんな一様に若々しく見える。
 譜面を見ながらも胸を張り、大きく口を開け朗々と歌う姿は青年合唱団の風格さえ感じさせ、合唱は、広いシンフォニーホールに心地よく響き渡る。

b0008825_1131742.jpg


 NHK福岡児童合唱団MIRAIの元気あふれる合唱は、初々しさと果てしなき未来をイメージさせる素晴らしい合唱で、心を打たれた。
b0008825_11324786.jpg

 西南シャントゥールとNHK福岡児童合唱団MIRAIとの混声合唱のときも、おじいさまと孫程の年齢差がありながら、その年齢差を超えて、聴衆に“元気の塊”のような印象で迫ってくるようだった。

 サムエル・ウルマンが「青春」という詩の中で詩っている、
 「青春とは心の持ちようだ。
 情熱を失ったとき、年齢に関係なく、人は老いる。
 年を重ねただけでは人は老いない。
 理想を失うときにはじめて老いがくる。
 歳月は皮膚のしわを増すが、情熱を失う時に精神はしぼむ」
、を思いだす。

 60才後半~80才代が、人生で最も幸福感を味わえる時代である・・・、「老人」だなんてマイナス思考は本当に老いてしまう・・・、私は常にそう思っている。

 元気であれば、自分の志に合ったボランティアにも参加でき、好きな趣味に現を抜かすことが出来る等々、若い頃になかった充足感を感じることができるから。
[PR]
by matutaka31 | 2014-01-22 11:42 | 思いのまま | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/21895061
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by よこはまT at 2014-01-22 23:55 x
渦中の中にいるひと(歌うことで舞台に立っている人)だけに見えること、その外側で全体を見ている人だけに見えること、それぞれがありますね^^
matutaka31さんの目に映ること、それをたくさんに記してくださいね!
それが、私を含めた読者(ファン)へ向けて、合唱同様『何か素敵な塊』のような印象で、迫ってきますよ^0^ たのしみで~す
Commented by hibochan at 2014-01-23 07:43 x
青春とは 気のもちよう分かるような気がします
自身常に青春と思ってますが最近何故か臆病になりつつあります。
Commented by 島爺 at 2014-01-23 14:27 x
ステキな紹介,ありがとうございました。
サムエル・ウルマンの詩も,いいですね。
松下幸之助さんも良く引用されたようです。
私モブログの最初で使わせてもらいました。
Commented by taminamikawa1 at 2014-01-23 22:14
前を向いて歩いている人は年齢に関係なく、
若々しく、
青春真っ只中の人生を送っておられますね。
ポイントは志を持って生きているかですね。
Commented by matutaka31 at 2014-01-24 09:26
よこはまT さんへ
有難うございます。
自分ひとりではない、共感できる人がいる!・・・そう感じるとき、
至福の一時です。
ちょっと大袈裟ですが、挑戦・・・トライすることが好きです。
Commented by matutaka31 at 2014-01-24 09:30
hibochan さんへ
健康でさえあれば、何事にも前向きに取り組むことができる・・・。
やはり何時までも健康でありたいですね。
平均寿命も健康年齢も伸びていますね。
Commented by matutaka31 at 2014-01-24 09:34
島爺さんへ
私も、このウルマンの「青春の詩」を時々読みます。
気持が落ち込みそうになった時に。
健康でプラス志向!何時までもそうありたいと願って努めています。
Commented by matutaka31 at 2014-01-24 09:38
taminamikawa1 さんへ
志をもって前向きに取り組んでいる人との接触と交流は、
大きな刺激になりますね。
そしていつの間にか、自分もその気になっている・・・。
刺激を受けることは、元気をもらうことにつながるようです。
Commented by 晩節を行く農民 at 2014-01-25 08:35 x
お邪魔致します

写真に出ている合唱団の方々の平均年齢70才ですか
吃驚しましたね その若々しさ 当爺さんもこうありたいものと思いますが・・・・果たして

然し お宅様の書いてお出でになる文面を見て 誠に持って同感することしきりです
この文面の内容を噛みしめながら80代を生きたいと思います

勉強をさせて頂き有り難うございました では失礼致します
Commented by matutaka31 at 2014-01-25 10:14
晩節を行く農民さんへ
有難うございます。
1日1日の、過ぎる速さと同時に、その重さを切実に感じるこの頃です。
そして、もっぱら健康管理に意を注ぐ毎日です。
80代、90代で活動している人を見ると、輝いて見えます。
自分もそうありたい・・・と願いながら。
Commented by dojyou38 at 2014-01-25 11:40
私も市民大学1月」講演に出席しました。
音痴の私は音楽が出来る人を羨ましく思いました。
西南シャントゥール を聴いて、
直ぐ サムエル・ウルマンの詩に思いを致すmatutaka31参は素晴らしいと尊敬します。
最近の私は終活のことしか考えないしょぼくれた老人になりさがっています。
反省しなきゃ!!
Commented by matutaka31 at 2014-01-25 14:22
dojyou38 さんへ
恐縮です。
私はただ単に、終活のことに考えが及ばないだけのことです。
私も「西南シャントゥール」のメンバーが羨ましく思いました。
いつまでも、あのような姿勢で生き続けられたらいいな~と。 
Commented by ★元気ばば★ at 2014-01-25 15:52 x
若い頃になかった充足感を感じることができるから
同感 同感 同感です
Commented by matutaka31 at 2014-01-25 18:13
★元気ばば★さんへ
充足感を感じること、即、幸せを感じることですね。
やはり元気で長生き・・・目標にしましょう。


<< 古刹の今 宮崎安貞書斎を訪ねる >>