うどん・そば、饅頭は博多(福岡市)で生まれた

 うどん(饂飩)・そば(蕎麦)、饅頭と言えば今や、多くの日本人に親しまれていて食べるとなんとなくホッとする、なくてはならない食べ物の一つである。
 そのうどん・そば、饅頭の発祥地が、博多(福岡市)だということを、福岡市の人でさえも知らない人が多いかもしれない。そう言う私も、正直、最近まで知らなかった。

 先日、「東光院」を訪ねた時の帰り道、博多山笠発祥の地とされる「承天寺(じょうてんじ)」(福岡市博多区博多駅前1丁目)に立ち寄った。
 その境内に、うどん・そば、饅頭の発祥の地であることを著す碑がある。
 
 
b0008825_15384332.jpg
仁治2年(1241年)に、仏教修行の為渡っていた中国の宗から帰国した「聖一国師(しょういちこくし)」は、この地に「承天寺」を開山。
b0008825_14491738.jpg
    左:饂飩 蕎麦発祥の地         右:御饅頭所


b0008825_21321270.jpg

説明書には、こう書かれている。
b0008825_1682559.jpg
仁治2年(1241年)に、宗から帰国した「聖一国師(しょういちこくし)」は、同時に、羹、饅、麺の製法とともに製粉技術も持ち帰りました。
羹は羊羹、饅は饅頭、麺は饂飩・蕎麦等を指しますが、聖一国師により伝えられた製法・製粉技術のお陰で、日本の粉食文化が大きく発展したことは言うまでもありません。
 この碑は、博多の地における聖一国師の偉業を後世へと伝えるものです。


 その横に饅頭についても、こう書かれている。
 
聖一国師が、ある日、禅の布教に出向いた先で、とある茶店に立ち寄ったところ、茶店の主人に心づくしの歓待を受けました。
 それを喜んだ聖一国師は、南宋から持ち帰った饅頭の製法も教え、「御饅頭所」の看板まで書き与えました。
 これにより、博多の地が饅頭発祥の地とされています。
 

 現職の頃、全国を歩き回り、夫々の地域でいわゆる「ご当地料理」を味わう機会に恵まれたが、やはり博多の料理の美味しさに軍配を挙げたい。
 玄界灘で獲れた魚、近隣の農場から出荷される朝採り野菜、豊富な果物等々、海の幸・山の幸を活かした料理は、他の都市では味わえないおいしさがある。

 このような食文化の中で育てられた博多のうどんが、私は大好きである。
 とりわけ、丸天、ゴボウ、野菜かき揚げを入れたうどんが大好き!そして運動した後には、焼いた餅を入れた「力うどん」を好んで食べる。





 
[PR]
by matutaka31 | 2014-01-28 15:25 | 思いのまま | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/21942277
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2014-01-29 07:42 x
うどん大好き昼は 大体うどん
4/18より茨城―福岡SKYMARK二往復飛ぶようになります
屋台村 山笠紹介されてました 行っててみたい
搭乗客が少ないと即廃止になりますので即行ってみたいのですが
Commented by matutaka31 at 2014-01-29 09:48
hibochan さんへ
「4/18より茨城―福岡SKYMARK二往復」、茨城と福岡が近くなりますね。
屋台も益々活気をおびて、観光客にもモテモテのようです。
筑波も活気のある街ですが、博多も元気のある街です。
是非、ご来博を!
Commented by at 2014-01-29 16:58 x
「うどん・そば、饅頭の発祥の地」が博多とは知りませんでした。
私はどちらかと言うとうどん派です。
饅頭だって大好きですがね。
お餅の入った「力うどん」は昔はよく食べました。
金沢では有名なうどん屋さんもありましたが
段々影が薄くなってきました。
家庭で簡単に作れるようになったからかな~
Commented by matutaka31 at 2014-01-29 22:59
好さんへ
最近のインスタントうどん・蕎麦は、本当に美味しくなりましたね。
我家でも、お昼はインスタントうどんを食べることがあります。
博多は、うどん好き人間が多いので、うどん屋も多いです。
Commented by 晩節を行く農民 at 2014-01-30 07:01 x
お邪魔致します

博多の地はウドン ソバ マンジュウ が発祥の地 初めて聞きました
それでよく、お店で売られている博多ウドンを食べると大変に美味しいですね゜

この麺類、饅頭は矢張り中国からの伝来ですね・・・十分に頷ずけます
その能書きが、この度訪れられた東光院さんに・・・何時まで経っても勉強ですね

焼いた餅を入れる 力うどん 美味しそうで体力増進に寄与するのではと思いますので試してみたいと思います

いろいろと勉強させて頂き有り難うございました 失礼します
Commented by matutaka31 at 2014-01-30 10:21
晩節を行く農民 さんへ
日本は古来より、中国に多くのものを学んでいるんですね。
その中国人が、中国のよき文化を忘れてしまっている実態を見ると
複雑な気になります。
うどんは今や、日本人になくてはならない大衆食になりましたね。
Commented by dojyou38 at 2014-01-30 11:38
私も現役時代、転勤や出張やで各地の料理を体験しましたが
美味しい料理の種類の多さでは福岡が一番です。
やっとミシュランガイドの福岡・佐賀版が出るそうですが、
北海道や広島より早く出版されるべきと思っていました。
もっとも、ガイドに掲載されるような店には高くて行けそうに有りませんが・・・
Commented by kanmyougam at 2014-01-30 14:05
うどん・蕎麦・饅頭の発祥の地が博多。
中国との古くからの交流を思えばそうだろうとうなずけます。
博多の食文化を全国に発信していいですね。
博多発は音楽・演劇・造形いろいろ多いですね。
力うどんもいいですね。
いかにも元気が出そうです。
Commented by matutaka31 at 2014-01-31 18:02
kanmyougam さんへ
博多の歴史は、辿れば辿るほど、面白いです。
中でも食文化は、奥が深いようです。
でも其処へ至るには、壁が高すぎます。
博多の良さは、適当に都会の趣があり、交通の便もよく、
なんと言っても食べ物が美味しいことです。
Commented by matutaka31 at 2014-02-01 10:14
dojyou38 さんへ
博多に来て美味しいと思うのは、なんと言っても魚料理ですね。
加えて、値段も手頃が嬉しいです。
ミシュランガイドの福岡・佐賀版、どんな店がリストアップされるのか
興味ありますが、我々庶民には縁がなさそうですね。(^。^)
Commented by taminamikawa1 at 2014-02-01 22:11
うどん・そば、饅頭発祥の地が博多(福岡市)ということは、
福岡に住む我々はもっと誇りにしていいですね。
そう言えば、饅頭メーカーが福岡には多いですね。
ひよこ、千鳥屋、さかえ屋、如水庵、石村萬盛堂等。
Commented by matutaka31 at 2014-02-01 23:14
taminamikawa1 さんへ
福岡は美味しい食べ物の宝庫ですね。
シュガー街道があったほどですから、美味しいお菓子もたくさんありますね。
でも最近、ヒヨコは東京お土産と勘違いしている人が多いそうです。


<< ボーモンティア グランディ フ... 古刹の今 >>