キンカンの砂糖煮 [2014-02-19]

 今年はキンカンの木の手入れ(摘果)を怠ったため、小粒のキンカンになってしまった。
 味も「キンカンらしさが足りなくて、すすんで食べようという気になれず、なるがままに放置していた。 いつもはヒヨドリ等野鳥がきて食べてくれるのだが、そのお客様も来てくれない。

 そんな時、yyyanoyさんの「さ・ん・ぽ道」のブログで、キンカンの砂糖煮をみた。
 そうだこれだ!
 砂糖煮にしておけば、保存がきくし、風邪気味の時温かくして食べれば薬代わりになる。

b0008825_16114840.jpg

 早速、庭のキンカンを約1kgを収穫し、砂糖煮を作ってみた。
 レシピはyyyanoyさんのブログに習って、どうせオヤツと言うよりのどの薬になればと思い、砂糖を少々少なめにした。

   キンカン 1kg
   砂糖    170g
   米酢   大さじ6杯

 出来上がったのを食べてみたが、 やはり美味しくない!
 それもそのはず、素材のキンカンが美味しくないのだから、当然と云えば当然のこと。
 このままビン詰めにして冷蔵庫で保管することにした。(写真)

 風邪を引きそうなとき薬代わりに食べるつもりだが、こんな準備をしたときには意外と風邪を引かないもので、食べることなく冷蔵庫のお荷物になるかも知れない。
 もしそうなれば、おまじないとして立派に役割を果たしたことになるので、それはそれとして良しとしよう。

 キンカンの木には今も、取り残されたキンカンが、何時お呼びがかかるかと寂しく風邪に揺れている。

b0008825_1748246.jpg

 今年はきちんと剪定と摘果をやろう。
 そうしないと、金柑の木に申し訳ない。
[PR]
by matutaka31 | 2014-02-19 15:44 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/22095258
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by taminamikawa1 at 2014-02-19 22:44
食べ物(料理)は素材が美味しさを左右すると
言われており、金柑の砂糖煮も同じではないでしょうか。
拙宅のも、小粒で固い実で、甘露煮にしましたが、
味はもうひとつでした。
Commented by hibochan at 2014-02-20 08:22 x
こちらて゜は きんかん見かけませんがみかんの北限地筑波山麓で栽培されてます
みかん手入れもせず豊作作年デコポン ブンタン植え込みましたが
果たして
Commented by 晩節を行く農民 at 2014-02-20 08:32 x
お早うございます

キンカンの砂糖煮、折角作られたのに余り美味しくてなくて残念でしたね
それで思考を一転させて風邪気味の際の薬にと冷蔵庫へお蔵入り
これも一計と感心致します

此方ではスーパでハウス物と謂う事で売られて居りますが
結構、高値ですね 一度買って食べてみたいとは思って居りますが

不味さの結論は栽培上の摘果ですかね 
良い勉強になったのでないでしょうか

    では失礼致します
Commented by matutaka31 at 2014-02-20 14:30
キンカンの本当の美味しさは生で食べて判るので、
生で美味しくないのは、加工しても美味しくなりません。
今、寒肥を施す時期ですから、肥料と摘果に努めてみましょう。
Commented by matutaka31 at 2014-02-20 14:35
hibochan さんへ
温州みかん、八朔、カボスは豊作で味も良かったのですが、
ザボン(文旦)とキンカンは不作でした。

デコポン ブンタンが新たに加わったとのこと、楽しみが
増えそうですね。
ブンタンは肥料を好むそうですから、今年は醗酵鶏糞を多用
してみようと思っています。
Commented by matutaka31 at 2014-02-20 14:39
晩節を行く農民 さんへ
気がついたことは、なるべく実行するよう心がけていますが、
なかなか思うように結果が出ません。
農業は、自然の力が大きいので、思ったとおりの結果が出ないことも
しばしばで、難しいです。


<< 意外づくめの歴史探訪 [... 黒田家ゆかりの寺めぐり [... >>