活き活きボランティア活動

 ひょうたん池花壇管理作業は、1・2月は隔週活動にしていたが3月から、通常の毎週金曜日の活動に戻した。
 今日は3月第1週の作業日。
 外気温は11℃とやや冷たいが、晴れあがった天気のせいか気持ちよく作業が出来、久しぶりに野外活動ならではの躍動感を味わった。

b0008825_132773.jpg
入り口に置いているプランターの花も元気付いた

b0008825_13175452.jpg
水面に雲が浮かび、水温む春の雰囲気が漂う。
 いつもは緋鯉が悠然と泳ぐ姿が見られるが、まだ水温が低いのでほとんどその姿を見せない。
b0008825_13191779.jpg
水辺には、早くも雪やなぎが満開


 今日の作業は、花壇の花柄摘み、草取り等であった。もう雑草が、管理する我々の気持ちにお構いなく、どんどん我がもの顔で背丈を延ばしている。
 これから先、雑草とのシーソーゲームが続く。
 草取り作業は、花壇管理の重要な作業の一つ。
 根負けしてしまえば、我々ボランティアグループの存在が問われかねない。(^。^)

 ひょうたん池で今、咲いている花の一部をご覧いただこう。
 冬の間、じっと耐え忍んできた花たちが、時至れりとばかり元気よく咲き誇っている。
 
b0008825_1330365.jpg
咲き誇るノースポール

b0008825_13313135.jpg
ビオラ・パンジー・ハボタンが咲き乱れる

b0008825_13353941.jpg
黄水仙も満開

b0008825_1336255.jpg
紫陽花の根元に咲く可憐なスミレ

 作業が終った後日当りの良い場所で、5月予定のひょうたん池まつりのこと、3月末決算のこと、専用テントの購入等々について青空ミーティイングを行い、凡そ2時間のボランティア作業を終了。

 私たちボランティアグループが今抱えている悩みは、スタッフの減少。
 団塊の世代がゾクゾク定年になっているというのに、呼びかけに反応はなく、ボランティアスタッフの希望者が表われないのはどういうことだろうか。
 
[PR]
by matutaka31 | 2014-03-07 13:42 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/22211853
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2014-03-08 07:14 x
ボランティアという目標があることは素晴らしいことです
どの地区も後継者に悩んでるようです
やはり福岡は 春が早いようです こちらではクリスマスローズ 梅が
ぼちぼち 今朝も寒い
Commented by taminamikawa1 at 2014-03-08 20:40 x
確かに、若手の新規会員が増えないのは
我々のボランティア(三角花壇会)も同じ悩みを
かかえております。
8年前には11名で始めましたが、2名減り、
現在9名で活動しております。
Commented by 晩節を行く農民 at 2014-03-09 06:49 x
お邪魔致します

外気温度が緩んだとは謂え 11℃ この様な寒い中、池の周りのボランティア活動大変にご苦労様です

池の鯉も未だ本格的な動きは見せて居りませんか 何となく鯉の気持ちも解かる様な気が致します

然し 周りに咲いている花々の美しさに吃驚して見て居ります
これもボランティアの皆さん方のお世話のお蔭と思います

この会の後継者 入会が減って来ているその悩み、時代の流れを感じます
農業の世界も同じですね

美しい花々、見せて頂き有難うございました  失礼します
Commented by matutaka31 at 2014-03-09 09:49
hibochan さんへ
最近ボランティアスタッフが不足しているのは、各地に見られる
現象のようです。
何故だか、理由がよくつかめません。
こちらは、今日も良い天気です。
桜の蕾が膨らみ始めました。
Commented by matutaka31 at 2014-03-09 09:54
taminamikawa1 さんへ
ボランティア(三角花壇会)も同じ悩みを抱えていらっしゃるとのこと、
この現象は各地で見られるようですが、背景に何があるのでしょうか。
自己中心的な考えを持つ人たちの時代に移りつつあるのでしょうか。
Commented by matutaka31 at 2014-03-09 10:03
晩節を行く農民さんへ
寒い寒いと言いながら、気をつけて観察すると、回りは静に春の気配が強くなっています。
昨日歩いた公園では、桜の蕾が膨らんでいました。
農業の世界でも、後継者難があるようですね。
私たちは自然に親しむ喜びを感じますが、手が汚れるきつい作業は
敬遠されるようですね。
ボランティアスタッフの現象は、時代の流れとは言え、寂しい気がします。


<< さよなら原発! 名古屋を過ぎ、岐阜に向って・・・ >>