秋月城跡と桜

 3月25日の投稿以来10日ぶりの投稿。
 この10日間、いろんな行事に参加し、またいろんな所へも行った。 そして花見の宴も何回か・・・。
 この時期は年度末から新年度への移行と桜の開花時期が重なり、忙しい思いをするのはいつものことだけど、今年は特別に忙しい思いがある。

 投稿したい材料はあれこれ溜まっているが、まずは3月29日、仲間と訪ねた「秋月城跡と桜」を投稿し、順序は前後するが、順次投稿しようと思っている。

 秋月は、「筑前の小京都」と呼ばれ、福岡屈指の桜と紅葉の名所として知られ、自然と史跡を楽しむ人で賑わう観光地。  福岡市から西鉄電車、甘木鉄道、さらにバスを乗り継ぎ、西鉄福岡駅からおよそ2時間の所。
 マイカーで行く手もあるが、のんびり談笑しながら車窓からの景色を楽しむことが出来るうえ、飲みたいときに美味しくお酒を飲むことが出来るので、最近はもっぱらバス・電車利用が多い。

 今回のお目当ては、秋月城跡と桜。
b0008825_134836.jpg
、秋月城 長屋門

b0008825_14465572.jpg
500mの杉の馬場通りの両側には約200本のサクラが並び、桜のトンネルができる。当日は生憎の小雨で人出も少なかった


 秋月城は、今NHK大河ドラマの主人公「軍師官兵衛」こと黒田官兵衛の長男、福岡藩初代藩主黒田長政の遺言により三男長與に分与された5万石の居城。

 一説によれば黒田長政は、2代目を長男の忠之ではなく、この三男長與に継がせたかったといわれるが、家老の反対で、思いを果たせなかったといわれる。
 父長政の意向を知っていた忠之は長與を家臣としておきたかったが、長與は家老の働きかけがあり、将軍に拝謁することが出来、幕府公認の一国主になったのである。

 そんな経緯を背負った長與とは、またその後廃藩置県まで12代246年間続いた黒田家ゆかりの地に興味が募り、桜の時期に合わせ訪ねてみようと思ったのである。

 その長與を祀った垂裕(すいよう)神社がある。
b0008825_14214348.jpg
「垂裕明神(秋月藩初代藩主黒田長興)及び歴代藩主・藩主夫人・公子・秋月出身の島原の乱~太平洋戦争までの戦死者を祀る」とある。

 訪れた「秋月郷土館」には、福岡藩と共に出陣した「島原の乱」を画いた「島原陣図屏風」等当時を偲ばせる数々の品々が展示されていた。
b0008825_14244079.jpg
残念ながら写真撮影は禁止


b0008825_14264493.jpg

「秋月藩士「戸波半九郎」の武家屋敷

b0008825_1436091.jpg
桜並木

b0008825_14412473.jpg

b0008825_14364955.jpg
帰りの車窓から見た、小麦の緑が鮮やかな田園風景



 
 
[PR]
by matutaka31 | 2014-04-05 11:43 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/22390583
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2014-04-06 08:01 x
桜と城 そして川というよりなんでも似合いそうです
秋月城知りませんでした
昨日一般公開された皇居へ行ってきました
Commented by 晩節を行く農民 at 2014-04-06 10:24 x
お邪魔致します
暫く更新がなく如何されたのかな・・と思って居りましたが
年度末から新年度への移行と桜の開花時期が重なり大変に忙しい日々を送ってお出でになつた訳けですね  
ご苦労様でした
今日はストックされていた種の内3月29日、仲間の方とお訪ねになった秋月城跡と桜についてですね

秋月は、筑前の小京都と呼ばれ、福岡屈指の桜と紅葉の名所で自然と史跡を楽しむ人で賑わう観光地となっている所ですか

最初の写真 秋月城 長屋門 風格があり往時を忍ばせて頂いて居ります

この日は生憎の雨 でも桜は綺麗です

訪れになった「秋月郷土館」には、福岡藩と共に出陣した「島原の乱」を画いた「島原陣図屏風」等当時を偲ばせる数々の品々が展示されていたのですね それを見たかったですね でも写真禁止では残念・・・

最後の2枚の桜の写真大変に美しいです

其方はもう小麦も相当に成長して 矢張り北陸の地から見ると相当に季節が先に動いている感じを見受けます

    では失礼致します


今日はその忙しく送ってこられた中の一部
Commented by matutaka31 at 2014-04-06 11:06
hibochan さんへ
城跡を訪ねると、戦国時代の武士の生き様が思い遣られ、
いろんな思いが廻ります。
桜と城の石垣、よく似合います。
皇居の観桜は、凄い人出だったようですね。
Commented by matutaka31 at 2014-04-06 11:18
晩節を行く農民さんへ
ご無沙汰いたしました。
何時も帰りが遅くなり、お酒も手伝って、ついブログ投稿が滞ってしまいました。
城跡を訪ねると、戦国時代を生き抜いた武士の葛藤とロマンが偲ばれ、現代では考えられない社会が存在したことが実感されます。
いろんな資料を見ると、当時の武士は毛筆が綺麗で、文章も素晴らしい・・・、なんだか自分が恥ずかしくなります。
こちらはもう、桜、こぶし、もくれんは終り、新緑の候へ移りつつあります。
いよいよ家庭菜園が忙しくなります。
Commented by taminamikawa1 at 2014-04-06 22:56
秋月城跡には昨年秋、紅葉を愛でに行きました。
紅葉も一押しですが、
杉の馬場通りの両側の約200本のサクラも
見事ですね。
機会があれば、桜の季節に尋ねたいですね。
Commented by matutaka31 at 2014-04-07 14:40
taminamikawa1さんへ
周りを山に囲まれた静かな佇まいの城跡、おまけに桜が満開で
なかなか風情がありました。
歴史的にも、興味深いものがあります。
ちょっと遠いですけど、味わいのある城下町ですね。
Commented by dojyou38 at 2014-04-07 16:20
詳しい歴史は知りませんが、秋月城址には何度か訪れたことがあります。
落ち着いた良い町並みですね。
何故か何時も葛餅や粉を土産にしていました。
Commented by matutaka31 at 2014-04-07 22:28
秋月と云えば、葛や桜染の類が多いようですね。
最近歴史探訪にはまっていますが、結構面白いです。
それにしても、今まで知らなかったことの多さに恥じ入っています。
Commented by さっち at 2014-04-09 19:29 x
突然ですが、失礼致します。
最近福岡に引っ越してきたものです。
ご当地巡りを始めまして、ひょうたん池の綺麗な花を見ましてこのブログにたどり着きました。池を綺麗に整備していただいてありがとうございます。
来年の春は私も家族と秋月城に花見に行ってみたいです!
福岡は素敵なところですね!楽しみが増えます!(*^_^*)

Commented by matutaka31 at 2014-04-11 11:39
さっち さんへ
私のブログへお訪ねいただき、有難うございます。
最近福岡に引っ越されてきたとのこと、生活環境が素晴らしく、私も福岡が大好きです。
どうぞ福岡の良さを満喫してください。
ボランティアでひょうたん池の管理を始めて、かれこれ10年経ちます。
ひょうたん池を訪ねて頂く皆さんに喜んでいただけるのが、何よりの励みになります。
 どうぞよろしくお願いいたします。


<< 久しぶりのゴルフ 遅れ気味の畑の準備 >>