被爆体験を語り継ぐ

 今年も、私の原爆被害の証言活動が始まった。 
 「朝日新聞長崎版」掲載(小欄ながら6日連載)の被爆体験取材に続き、今日はエフコープ生活協同組合(FCO・OP)の4名の方々へ、私の原爆体験をお話した。
 いずれも福岡市原爆被害者の会(私も会員)の紹介によるもの。

 エフコープでは、生産者と消費者を結ぶ共同活動の他平和活動にも力を入れていて、その活動の一環として「つたえてください あしたへ・・・・」と題した「聞き書きによる被爆体験証言集」を昨年までに19号発行しており、現在、節目となる20号発行に向けた証言取材を続けているとのこと。
 
 手元にある18号・19号を見せてもらったが、その内容は大変読みやすい文章で書かれている。それもそのはず、被曝者本人から生の声を聞き取り、戦争体験のない人たちにも原爆の実相を出来るだけ判るように、聞き取った人たちで工夫しながら文章化するよう努めているとのこと。

編集の狙いがうかがえるので、19号の見出しの一節をご紹介しよう。

b0008825_1659105.jpg
唯一の 被爆国ととしての役割
被曝者に寄り添い
願いを 受け継ぎ 語り伝えよう
被曝の実相を 風化させず
多くの人々と 核廃絶をめざそう
一人ひとりは微力かもしれないが決して無力ではないのだから


 私は4人の方々に被爆体験をお話ししながら、被曝者でない方々がボランティアで遠くから取材に来ていただいたことに感謝の気持が一杯で、普段あまり話をしない両親・姉兄の被爆体験まで話をする気になってしまった。
 質問に応えながら世界で唯一の被爆国である日本が、この被曝体験を風化させないよう、被爆体験を語り継がなければならないとの思いを一層強くした。

 いうまでもないことだが、この種の活動には、何はともあれ我々被曝者は全面的に協力しなければならないことだし、今回に限らずこれからも協力していかなければならない。
b0008825_17172636.jpg
生協の人たちに被爆体験を語る

 これから夏休み前にかけ、小中学校に出向いて証言活動をする機会が増える。被爆者の高齢化で、語り部が年々少なくなっているので、今年は私の出番が増えるかもしれない。
 そのため健康管理に気をつけ、できるだけ活動できるようにしなければならないと思う。
      私の原爆体験
 
[PR]
by matutaka31 | 2014-04-17 17:17 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/22461824
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 晩節を行く農民 at 2014-04-18 07:05 x
お邪魔致します

お宅様が被爆された方とは初めて知りました
大変な人生を歩いてお出でになった方と吃驚致して居ります

その体験を語り継ぐ事を一生の中の一つとして頑張ってお出でになる事に頭が下がります

本、ブログのの本文より最後に記載されている "私の原爆体験" をクリックして読まさせて頂き当時の悲惨さを知り
絶対に核廃絶はと思いました
又、お宅様は当時10才でしたか この爺さん6年生で数え齢13才でした 富山は空襲で丸焼け
お互いに核廃絶は勿論 戦争の無い事わを祈るばかりです

これからもこの活動をお元気で続けられます事を願って居ります
    では失礼致します
Commented by matutaka31 at 2014-04-18 23:25
晩節を行く農民さんへ
私の被曝体験を読んでいただき、有難うございました。
世界で唯一の被爆国が、何故もこんなに核兵器廃絶の機運が
盛り上がらないのか、理解に苦しみます。
私は被爆者の一人として、あの悲惨な被害の実相を、後世に
伝えることは当然の義務だと心得ています。
励ましていただき、これまで以上に元気を出し、語り部の
活動を続けたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
Commented by tetsu807-2 at 2014-04-19 15:31
改めて「私の原爆体験」読ませていただき、背筋が凍て付く
思いです。この体験をできるだけ多くの人に語り継ぎたい
その想いを果たしておられる、立派なことです。
原爆投下に遭遇していながら、ターニングポイントを
幸運にも良い方向に進まれたことは神様の思し召しだと思います。
Commented by taminamikawa1 at 2014-04-19 20:16
被爆体験者として原爆の悲惨さ・恐ろしさ・核廃絶等を
後世に伝えられるのではないでしょうか。
エフコープの方々にお話しされておられますように、
このような草の根的活動も大切ですね。
Commented by matutaka31 at 2014-04-19 23:33
tetsu807-2さんへ
「私の原爆体験」を読んでいただき、有難うございます。
原爆だけでなく日本が戦争に負けたことすら知らない人が
居ることに、一種の恐ろしさを感じます。
そして原発を核の平和利用という名目で、原爆被害の実相が
忘れ去られようとしていることに不安を感じます。
Commented by matutaka31 at 2014-04-19 23:38
taminamikawa1 さんへ
関心のある方であれば誰でも、率先して体験を話すように
努めています。
実相を伝えきる人が年々少なくなる現実を思うと、居ても立っても
いられない気持ちになります。

Commented by dojyou38 at 2014-04-23 10:33
沖縄の戦争体験もそうですが、原爆体験も実際に体験した語り部は
ますます少なくなっているようですね。
体験者のお話はリアリティーがあり、書物や映像とは心に訴える力が大きく何時までも記憶に残ります。
何時までも元気で続けてられるよう願っています。
オバマ大統領来日しますが、今回も広島・長崎訪問は無いようですね。
大変残念に思っています。
Commented by matutaka31 at 2014-04-29 10:10
dojyou38 さんへ
大方の世論とは別に、原発立地住民や関連企業の力に押され、
原発再開の方向が強まっているのに、危機感を覚えています。
被爆者の高齢化とともに、原子力の平和利用という美名の下に、原爆被爆国の意識が薄れるのが怖くなります。


<< 猿田彦神社の猿の面 ひょうたん池花壇管理作業 >>