浦島太郎そのもの

久しぶりの東京。
羽田空港からモノレールで浜松町へ、そして山手線で東京駅まで行く。
通いなれたコースだから、さして気にもしなかった。
ところがもうその時点で、東京は活気というか言葉では言い表わせない躍動感を感じる。
人も車も電車も全て、大きなうねりのように動いている。
静の空間がない、全て動の世界だ。

羽田から東京駅に着いた時点で、まず東京駅の変貌振りに驚く。商店街に入ると、もう迷子同然。すぐ近くにあるはずのメトロポリタンホテルを探して右往左往。

まさに今浦島太郎だな、と自嘲。

今回の目的は、20年前ある施設メンテナンス会社を設立し、その後の経営に携わっている者が集まり、創立20年を祝うと同時に、これからの益々の発展を祈念する懇親会に招かれたためだった。

b0008825_18155210.jpg
ホテル29階の部屋から見える東京駅前(丸の内側)のロータリー

懇親会が始まるまでの時間を利用して、かって現職の頃長年通い続けた大手町界隈を散策。
ところが当時の面影を残す8~10階建てのビルは、ほとんど見当たらない。

b0008825_18163984.jpg


全て40階以上はありそうな綺麗な高層ビルに変貌!ここが大手町かと言いたくなる代わりぶり。
これほどまでに大きく変わるものかと、時代の変遷を改めて思い知らされた。
現職の頃勤めた職場のビルはなく、他の高層ビルに。

b0008825_18192313.jpg

  現職の頃勤めたビルが建つ大手町界隈の状況

よく見かける○○会社というような看板などはない。どのビルも○○ビルの表示だけ。ビルの側に小さなパネルがあり、そこに入居会社・団体等の名前が刻んであるだけ。

懇親会は、大いに盛り上がり、予定の2時間をはるかに上回る3時間を越す盛況だった。
特に創立当時の苦労話や一時債務超過になりそうな経営危機をどうやって切り抜けたか等の想い出話や、順調に成長しつけている現状等々、和やかな雰囲気の中で時間が経過していった。


その模様は別の機会に譲ることとして、20年以上も住み慣れた東京、そしてごく当たり前のように地下鉄を利用して通勤していた大手町の最近の様子に止めておこう。
[PR]
by matutaka31 | 2014-06-08 18:30 | 思いのまま | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/22754231
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2014-06-09 07:07 x
東京駅もリニューアルされました
大手町の変貌はすさまじい 自身八重洲口でした毎晩のように一杯で寄り道した地下街さっぱりわからなくなりました
Commented by kanmyougam at 2014-06-09 08:36
勤めた皆さんと20年の再会良かったですね。
作品を見る機会を大事にしてきましたが最近葉出展も毎年とは行かずにときに訪ねると街の変化に驚きます。
Commented by yyyanoy at 2014-06-09 20:36
懐かしい皆さんとおあいしたんですね。
なつかしい!わたしも大手町にお勤めしてました。
いま地下鉄は網目状にはしっておりますが・・・そのころは都電とかも。もしかしたらmatutakaさんとすれ違っていたかもなんて・・・そのころのことをおもいだします。
Commented by matutaka31 at 2014-06-09 23:25
hibochanさんへ
東京駅も大手町もその代わりようは、すさましいの一言ですね。
でも、本当に綺麗になり、国際都市の風格が整ってきました。
浜松町駅地下の食堂街はそのままでした。
Commented by matutaka31 at 2014-06-09 23:29
kanmyougam さんへ
同じ目的で、心を一つにして頑張った仲間との再会は、
語りつくせぬ懐かしさがありますね。
kanmyougam さんは、作品の展示会や個展開催等で、
方々を訪ねられることが多いと思いますが、夫々の地の変貌振りで
時代の移り変わりを感じられることでしょう。
Commented by matutaka31 at 2014-06-09 23:35
yyyanoy さんへ
大手町で仕事をされていたんですか?
人の運命は分らないものですね。
本当にもしかしたら、どこかでお会いしたのかも(^。^)
まさか同じビルの中だったり・・・てなことはないにしても、
通じ合う話は多そうですね。
Commented by 晩節を行く農民 at 2014-06-10 07:03 x
お邪魔致します

東京の近代的な風景写真を見せて頂き その凄さに驚いて居ります
流石、自分なりに田舎の爺だな・・と感じて居ります

お宅様の様に長く東京でお勤めの方でも うらしまたろう と仰っているのですから当然ですね

同じ目的で、心を一つにして頑張った仲間の方々との再会は、
語りつくせぬ懐かしさがあったのでしょうね

来年は北陸新幹線が開通いたしますので 東京行きを楽しみに致して居ります

良い話し有難うございました 失礼いたします

Commented by tenpai8 at 2014-06-10 18:18 x
matutaka31 さん、大手町は大変身のようですね!ビルも20-30階となると、自然派人間の世界から遠くなりますね。経団連ビルの近くの街角で食べたラーメンは健在でしょうかね?!今はどうなったか??
Commented by dojyou38 at 2014-06-11 10:18
東京は何年振りでしたか。
私も現役時代通いなれた東京で今でも羽田から山手線の駅までは自信有りますが、
そこから1歩出ると、街が大きすぎて変容も激しくさっぱりです。
最近の変容はもっと激しいのでしょうね。TVでしか知りませんが。
でもmatutakaさんの場合は土地勘もあり懐かしかったことでしょう。
そして同じカマの飯を食った仲間との語らいさぞ楽しく盛り上がったことと思います。
Commented by matutaka31 at 2014-06-11 11:55
晩節を行く農民さんへ
東京都心の変貌振りには、本当に驚きの一言です。
名実ともに、国際都市の仲間入りをしたような感じがします。
同じ目的で心を一つにして頑張った仲間との絆は、年月を経ても
強いことを実感しました。
地元に帰って、正直ホッとしました。
東京はもう、私の住む所ではない、そして長く居ると疲れてしまう所と
思い知らされました。
同時に住み慣れた今の場所が、最高だと・・・。
Commented by matutaka31 at 2014-06-11 12:00
tenpai8さんへ
かって通いなれた大手町界隈の変貌振りには、本当におどろかされました。
なんとなく泥臭さがあった街が、研ぎ澄まされたカミソリのような
近寄りがたい雰囲気が漂っていました。
それに東京駅の変りようも・・・。
浜松町地下街の食堂街はそのまま健在で、昔を思い出して
昼食を食べて来ました。
Commented by matutaka31 at 2014-06-11 13:30
dojyou38 さんへ
今の私には、博多の街が最適です。
東京の交通網は、地上・地下を問わず整備されていますが、
それを乗りこなすには疲れてしまいます。
昔の土地勘は残っていますが、実際に動くとなると、もう駄目です。
極限の体験を共にした同志の絆は、いつまで経っても変りませんね。
懐かしさがこみ上げてきます。

Commented by taminamikawa1 at 2014-06-11 19:59 x
東京と言えば、東京駅や羽田飛行場等の交通アクセスを
利用する程度で、大手町界隈の高層ビルは知りませんが、
福岡から上京するとびっくりすることばかりでしょうね。
Commented by matutaka31 at 2014-06-14 15:32
taminamikawa1さんへ
福岡市も活気があり、どんどん進化している街ですが、
東京の中心部の変りようは、想像を超えていました。
しばらく振りに、浦島太郎の気持ちになりました。
それにしても、関東大震災対策は大丈夫なんででしょうかね。


<< IC乗車カードの利用 5月のウォーキングも低調 >>