似て非なるもの

b0008825_138165.jpg 

仲間との会話
「ズッキーニとキュウリは、似ているけど同じ仲間?」
「全然別のものだよ」
「だってどちらも、ウリ科でしょう?
「そのとおり・・・だけど・・・
ズッキーニはカボチャ属、キュウリはキュウリ属で、違うんだよ」
「なんだか難しいね・・・、属って何?」

                                
 太い方がズッキーニ、細い方がキュウリ


「高校の生物で教わった生物の分類、界・門・綱・目・科・属・種・・を思い出してよ。」
「もう忘れた・・・」(笑い)

種は世界中で同じものは一つもない、その品種固有の名前。
「科」が同じで次の「属」が同じであれば、同じ仲間。逆に「科」が同じでも「属」が違えば別の種類になる。

 「品種の特性は、夫々学名で表されるでしょう。その学名は属・種の二名で表される仕組みになっているんだよね」

「植物の場合もこの分類法で仕分けされるので夫々の違いは、この学名の最初に書かれている「属」を見ればわかるよ。」

学名
キュウリ(Cucumis sativus L.):ウリ科・キュウリ属のキュウリ
ズッキーニ(Cucurbita pepo):ウリ科・カボチャ属のぺポカボチャ

つまりズッキーニとキュウリは、同じウリ科であってもカボチャ属とキュウリ属に分かれるように、形は似ているけれど別物である。

「これ以上聞かないで・・・、ぼろが出るから・・・」


話は代わり、我家の庭に「ハマボウ」が咲いた。 
b0008825_13211847.jpg
雨に濡れて力強く咲くハマボウ


b0008825_1322565.jpg
花は「オクラ」とそっくり!
この違いはどうだろう。              
オクラの花→




では学名を見てみよう ハマボウは「あおい科」で、学名はHibiscus hamabo、つまり フヨウ(ハイビスカス)属の ハマボウ
一方オクラは葵「あおい科」で、学名はAbelmoschus esculentus、つまりトロロアオイ属のオクラ
科は同じでも、ハイビスカス属とトロロアオイ属の違いであって、いわゆる別ものである。

 私たちが日頃目にする植物には、花やその果実に大変よく似ているものがあるが、果たして同じ仲間なのか別物なのか・・・いろいろ思いをめぐらすのも、楽しみ方の一つであろう。


   
[PR]
by matutaka31 | 2014-07-11 11:57 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/22932711
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2014-07-12 07:24 x
生物 化学と聞いただけでもうダメ
ただ眺めてるだけ こちらハクビシンの被害多発 とうもろこしやられてます
Commented by matutaka31 at 2014-07-12 09:54
hibochan さんへ
hibochan 産は生物・化学・・・理系が苦手でしたか。
私は文型、とりわけ外国語が全く苦手でした。
こちらでは今、ハクビシン・アライグマ・狸が住宅街に出没中。
もう動物園並み!の我が物顔。
動物愛護もいい加減にして欲しい、と思っています。
先日早くも、スイートコーンの被害に遭いました。
犯人は今の所、特定できず・・・です。
Commented by taminamikawa1 at 2014-07-12 10:04
ズッキーニはゴーヤに近いと思っていましたが、
キュウリにも似ているんですね。
ゴーヤはゴーヤチャンプル、ズッキーニは炒め物、
キュウリはサラダで、よく食します。
ハマボウは水分の多い湿地帯でしか、
育たないとの先入観がありましたが、庭でも花開くんですね。
Commented by matutaka31 at 2014-07-12 11:38
taminamikawa1 さんへ
お陰様で今年は、ズッキーニもキュウリもほうさくでした。
ゴーヤは、収穫が始まったばかりです。
ハマボウは、仰るとおり湿地帯に群生しますが、庭でも育つことが
分りました。
思いのほか綺麗です。
Commented by tenpai8 at 2014-07-12 18:30 x
門・綱・目・科・属・種は高校の生物で机上の勉強をしましたが、それがキュウリ、からカボチャ、更にはハマボウ、オクラまでとなると、机上学問と農業実践学の乖離隔絶の現実ですね。実践農業を頑張り、健康体操と栄養管理向上に頑張りましょう!
Commented by matutaka31 at 2014-07-12 23:18
tenpai8 さんへ
高校時代の机上の学問が、時に役立つことがありますね。
快感を覚えます。
生きている限り、いろんなことを楽しみ、且つ生き甲斐を感じる
毎日を過ごしたいですね。
Commented by dojyou38 at 2014-07-13 16:53
植物の分類詳しいですな~
山で様々な木や花に出会うので名前だけでも知りたいと思うが全く覚えられません。
ハマボウ、自宅に咲いているのですか。
友人が入居しているグループホームに有りました。
咲いている内に見舞いに行きたいと思います。
Commented by matutaka31 at 2014-07-14 15:53
dojyou38 さんへ
子供の頃から、植物が好きでした。
ルーツは、農耕民族かも?ですね。
ハマボウの実生苗を買って来て鉢植えしていましたが、
管理が面倒なものですから、庭に下ろした所元気に育っています。



<< 動物愛護とは 早乙女勝元氏の講演の後、博多山... >>