摩耗

 家庭菜園を始めて、もう14年になる。
 その間、私の右腕として、一緒に耕し続けてくれた三又鍬。
b0008825_9354360.jpg
左:14年間使って凡そ10cm摩耗、右:買ったばかりの三又鍬


    磨り減ってしまって、可愛そうな姿に!
    力を振り絞って打ち込んでも、身の丈しか耕せない。
    もうこれ以上働かせるのは酷!

    新旧交代の時が来た。
    引退してもらうことにして、交代要員と仲良く写真撮影。
    お疲れ様!
    私の右腕として長い間働いてくれて、有難う!

      人間も、年とともに磨り減って、衰えていく。
      でも、金属と違って、人間には維持・再生能力がある。
      使うほどに、再生し、そして長持ちする。
     楽しみだ!
  





 
 
[PR]
by matutaka31 | 2014-07-23 09:49 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/23009093
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by dojyou38 at 2014-07-23 16:02
なんと良く使い込まれたことか! 鍬もさぞ喜んでいることでしょう。
まだ捨てないで。
これからも、使途によっては活躍する場面があるでしょう。
Commented by kanmyougam at 2014-07-23 21:21
こんばんは。
鍬のすり減りは、あなたの頑張りの証拠ですね。
感動します。
私は畑を雑草園にしてしまって残念ですが、作陶の仕事とバランスが取れません。
困っています。
Commented by matutaka31 at 2014-07-23 23:17
dojyou38さんへ
 >これからも、使途によっては活躍する場面があるでしょう。
第一線は退いてもらいますが、それなりに出番があります。
今まで同様、長~いお付き合いをしていきます。
Commented by matutaka31 at 2014-07-23 23:24
kanmyougam さんへ
新旧並べてみて、あらためてその功績を感じました。
彼のお陰でこれまで菜園をやってこれたのですから、に感謝!感謝!です。
私も、菜園に顔を出す機会が少ないのが悩みの種です。
Commented by hibochan at 2014-07-24 07:25 x
まさに骨董品 我が家にもありますが出番なし
殆ど耕耘機利用
Commented by matutaka31 at 2014-07-24 09:08
hibochan さんへ
菜園までの距離があり、ミニ耕運機を運ぶのが大変なので、
この鍬の出番が多くなります。
鍬で耕すのはきついので、面積を減らすしかないと思っています。
Commented by taminamikawa1 at 2014-07-27 22:41 x
14年間、よく働いてくれました。
ごくろうさんのひとことですね。
鍬供養してあげたいですね。
Commented by matutaka31 at 2014-07-28 15:20
taminamikawa1 さんへ
本当に、骨身を削って良く働いてくれました。
感謝・感謝です。
同時に、私の体も磨り減ってきました。(^。^)


<< 菊池神社にまつわる史実  永井 隆 「いとし子よ」の一節 >>