自然には勝てない

 9月に入っても雨の日ばかり、本当に困った。
 趣味の家庭菜園主でさえ嘆きたくなるこの雨続き、専業農家の嘆きは如何ばかりかと思いやられる。
 8月の多雨と日照不足は、9月になっても変わりなく、まさに異常気象としか言いようがない。

 我が菜園も例外ではなく、種蒔き・植え付けの最盛期を迎えているにもかかわらず、畝作りすらままならない有様。
 一昨日、土壌水分が多少多かったけれど、無理を承知で、大根・カブ・ニンジン・白菜そのほか葉もの野菜を植える畝を、堆肥と有機配合肥料を入れて4畝作った。
b0008825_10195679.jpg
愛用のミニ耕運機(管理機)を操るのも板についたかな?

 秋じゃが芋を植える場所はまだ、耕起さえ出来ていない。

 時期をずらせない白菜・レタス・水菜・ターサイは、雨続きで種の直播は無理があるので、とりあえず急場しのぎのポットで苗を育てることにした。

b0008825_11121263.jpgb0008825_11124651.jpg
昨年買った白菜、水菜・レタスの種を播いた。

 多分発芽率が悪いだろうと思い多めに播いたら、冷暗所に保存していたのが良かったのか、ほとんど100%発芽した。これから弱いのを間引きし、白菜は1本だけ残して育てる。水菜・レタスは、移植するとき株分けする。


b0008825_1041451.jpg


 今年初めての試みで、フルーツトマトの苗を植えた。苗は今収穫中のトマトの先端を切り取り、挿し木で育てた苗。
 トマトのそばには、3日前に植えた秋キュウリがある。

菜園仲間のアドバイスを受け初めての挑戦だが、秋の端境期を埋めることが出来ないか結果が楽しみである。









 
[PR]
by matutaka31 | 2014-09-06 10:36 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/23327918
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by juju3291 at 2014-09-06 20:06
愛知県 今も激しい雨が降っています。
野菜は大丈夫でしょうか?               ★元気ばば★
Commented by matutaka31 at 2014-09-06 23:37
juju3291 さんへ
前川清の歌にあるとおり、「博多は、今日も雨だった~♪♪」が続いています。
これまでの技術の積み重ねを発揮できるかどうか、正念場です。
Commented by hibochan at 2014-09-08 07:30 x
こちらも八月雨なし二十日過ぎから不順
野菜が高騰だとか 本日お月見ですが雲の中かもしれません
昨日地区のゴルフコンペ天気が気になりましたがまずまず
スコア最悪
Commented by dojyou38 at 2014-09-08 10:03
今年の野菜作りは苦労されたでしょう。スーパーの価格に現れているようです。
路地でもこれから栽培できるトマトやキュウリがあるのを知りませんでした。
Commented by tenpai8 at 2014-09-08 18:10 x
モクモクと頑張っていますね! 大耕運機の運転様は板に着いていますよ。いよいよ今週からは秋の好天が続きそうです、ミズナ、ルッコラ、ワサビナ、脇役野菜まで少量多種の役者が登場で、忙しくなりますが、コンをツメないで楽しみましょう!
Commented by matutaka31 at 2014-09-08 20:07
hibochan さんへ
今日8日から、やっと天気が安定しそうです。
仲秋の名月が、雲間に輝いています。
久しぶりの晴れ間に、変な表現ですが、心が躍ります。
明後日あたりから、本格的な秋・冬野菜作りを始められそうです。
Commented by matutaka31 at 2014-09-08 20:13
dojyou38 さんへ
キュウリが、いつもより3倍の値段だと聞きました。
お陰様で我が家は、馬耳東風で、新鮮キュウリを毎日頂いています。
キュウリは、秋きゅうりとして一般的ですが、トマトは如何なことになるのか
興味津々です。
やっと天気が安定そうで、一安心です。
Commented by matutaka31 at 2014-09-08 20:19
tenpai8 さんへ
自然相手の野菜作りの難しさを、実感しています。
時期を外しても出来るものはいいですが、適期栽培を外せないものは、
天気が気になりますね。
いろいろ挑戦できる楽しさ、菜園冥利です。

Commented by taminamikawa1 at 2014-09-08 22:10
家庭菜園も天候に左右されますので、思い通りいかないでしょうね。
ある程度の耕作地となると、ミニ耕運機は必需品ですが、
使い慣れるまでは操作が難しいのでは・・・。
家庭菜園の楽しみはやはり、収穫した喜びであり、
食卓で味わう美味しさでしょう。
Commented by matutaka31 at 2014-09-08 23:29
taminamikawa1 さんへ
野菜はものを言いませんが、こちらの愛情にしっかり応えてくれます。
菜園の仕事をしているときは、全てを忘れて、集中できるのが
楽しいです。
それに収穫の喜びがあり、我田引水ですが
定年後の最高の道楽だと思っています。


<< イラッとする いよいよ四国行脚の始まり >>