菜園も秋の装い

 9月に入ると、8月の長雨とは打って変わって秋らしい爽やかな晴れの日が続いて、遅れていた冬野菜の作付けもお陰で着々と進んできた。
 晴れの日がもう10日も続くと、喜んでばかりいられない。乾燥が激しくなり、その先には、きつい水遣りが待っていた。昨日からせっせとポリタンクで水運びを。 自然に振り回される農業の難しさを実感。

 根物で作付けが終ったのは、秋じゃが芋、ワケギ、大根、蕪。 この後、ニンジンの種の種蒔きと、にんにくの植え付けを予定している。 

 葉物は、白菜など既に種蒔きを終えたたものの他、これから順次思いつくままに種蒔きをすることにしている。
b0008825_18281915.jpg
65日結球早生白菜 その右側は大根

白菜は、早生と晩生の二種類を植えた。もうそろそろ間引きしなければ・・・。

b0008825_18291336.jpg
カブ、まだ芽が出たばかり



b0008825_2144928.jpg
レタス、みず菜、ワサビ菜   その右側は晩生の85日結球白菜

 私はキャベツより白菜が好き。キャベツは青虫にやられてしまうので、あまり作りたくない。白菜は虫の食害が少ないので作りやすいし、冬の鍋物には食感が最高だから。

b0008825_18293488.jpg
8月中旬に強剪定したナス、そろそろ秋茄子の収穫が始まる

 我家では「嫁に食わすな」と言うわけにはいかない。食べてもらわなければ消化しきれないから・・・(^。^)


b0008825_1830456.jpg
ピーマンは今が盛り・・・

 この写真には2本分しか写っていないが、この他に3本ある。毎日皮膚の色が青くなるほど食べても食べきれず、馬に食わせるほどの収穫が・・・馬はピーマンを食べるのかな?

b0008825_18302317.jpg
曲者の丹波の黒豆、今年はどうなることやら・・・

 失敗する年が多いのに今年もまた、性懲りもなく作り続けている。大切な開花時期の大雨で土壌が乾燥しなかったので、今年は大丈夫と思うのだが・・・こればかりは蓋を開けて見なければなんと・・・。
 兎に角この丹波の黒豆は、我が菜園では最も御しがたい曲者。何とかものにしたいものだが、・・・。


b0008825_18304772.jpg
里芋、今年は大豊作間違いない、と確信



b0008825_1831726.jpg
秋キュウリ、そろそろ雌花がつく時期になってきた



b0008825_18313093.jpg
ゴーヤ、今年は長雨と日照不足のため最悪の成績。 もう終り間近

[PR]
by matutaka31 | 2014-09-17 18:31 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/23399799
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2014-09-18 07:59 x
きれいに整理され作物も順調のようです
仲間に畑お貸ししましたが白菜予定通り 大根虫にやられたらしく半分ほど生育 難しいものです
Commented by matutaka31 at 2014-09-18 09:20
hibochan さんへ
やっと雑草をやっつけ、一息です。
でもこれからの冬野菜は、これから病害虫との闘いです。
農業は、1年中休みなしですね。
食べ物のありがたさを、改めて考えさせられます。
Commented by tetsu807-2 at 2014-09-18 18:22
秋の菜園のオンパレード、見せていただきました。これだけ
広い菜園の管理、改めて凄いな~と感心しきりです。
わたしの小さな、小さな菜園にジャガイモ、大根、ニンニクを
植えましたが、うまく芽が出てくれるか否や・・・。
勉強させていただきます。
Commented by matutaka31 at 2014-09-18 21:26
tetsu807-2さんへ
身の丈に合った面積にすれば良かったんですが、
少し欲を出しすぎて、後に引けなくなってしまいました。
私もじゃが芋とニンニクを植えましたが、芽が出るのは
10月でしょう。
白菜と大根の害虫に悩まされています。
Commented by taminamikawa1 at 2014-09-18 22:05
家庭菜園と言っても、これだけの広さに、
多種の作物を植えておられますので、
年間を通してのスケジュール管理が必要になってきますね。
家庭菜園は子育てと一緒で、愛情を持って育てると
美味しい収穫が待たれますね。
Commented by matutaka31 at 2014-09-18 23:27
taminamikawa1 さんへ
「野菜は主の足音を聞いて育つ」と言うことを欠いた人がいました。
手をかけるとそれなりに、立派に育ってくれます。
育てる楽しさと収穫の喜び・・・それに健康が加わり、菜園冥利です。
Commented by kanmyougam at 2014-09-19 11:21
Commented by kanmyougam at 2014-09-19 11:17 x

こんにちは。
刈り払い機の話題がありましたが仕事が進んで整然とした菜園ですね。さすがです。
ピーマンとシシトウがよくできました。ゴーヤの網がつぶれて収穫できず…。キュウリは今からでもおいいだろうか…
いろいろ難しいですが汗いっぱいかいて美味しい野菜が取れて、健康にもいいですし、頑張ります。
matutamka31さんいろいろ教えてください。
丹波の黒豆沢山収穫した年、花がついても実にできず、果ては花もつかづに・・・。
僕はマルチで作りますが大変です。
Commented by matutaka31 at 2014-09-19 21:06
kanmyougam さんへ
畑の雑草は季節の移ろいにリズミカルに反応て、世代交代を
繰り返しますので、対する私は常に後手に回ります。
自家栽培の野菜は、その素性が分りますので、安心して腹一杯食べる
気になります。
丹波の黒大豆の成功の最大のポイントは、開花時期から莢が膨らみ
始める頃までの土壌水分を保つことにあるようですね。
いわゆるプロは、畝と畝の間に水を流し込み、乾燥を防ぐと聞いて
います。
それには、潅水が楽に出来る場所を選ぶのも一つの選択肢の
ようです。
私は水道水を車で運ばなければなりませんので、根負けして
潅水が疎かになっと時は、莢は出来るが豆が大きくならなず
収穫ゼロの涙を呑む結果になります。


Commented by dojyou38 at 2014-09-20 09:32
たくさんの種類ですね。
しかも手入れが行き届きオーナーの性格と努力の跡が良く現れています。
このような行き届いた管理と収穫野菜の消化は並大抵ではないでしょう。
黒豆、今年はきっと豊作間違いないでしょう。
Commented by matutaka31 at 2014-09-20 11:25
dojyou38 さんへ
励まし、有難うございます。
皆さんから、「こんなに広い菜園を一人で、よくやるな~」と言われます。
体を動かし、頭を使い、その結果美味しい野菜が存分に食べられる、
これも健康な老後の生き方かな~、と思いながら楽しんでいます。


<< 自然の中で行う独居高齢者とのふ... ひょうたん池の花壇管理 >>