旧交を温める

 地元の人たち、ボランティア団体の人たち、太極拳愛好家の人たち、パソコンや家庭菜園等趣味の人たち等々いろんな人との交わりが、私の定年後の人生を楽しいものとしてくれていることに感謝している。
 
 最近私が楽しいと思うことは、〇〇学校や職場の同窓会ではなく、 異業種を生きてきた人であっても定年後の過ごし方に共通の考えを持っている人との交流や、現職時代同じ釜の飯を食った人たちとの旧交である。

 中でも同じ釜の飯を食った人達との出会いは、10年・20年経ってもつい最近の出来事のように、苦楽を共にした思い出話が次から次へと止まることを知らない。
 私が現職時代に過ごした職場の先輩・後輩、知人・友人との交流は、多くが転勤族だったため北海道から沖縄まで全国に散らばっていて、最近では出会う機会も少なくなり旧交を温め合う機会も少なくなってしまった。

 先日、かって福岡で勤務していたとある時代、同じ職場で同じ仕事で苦楽を共にした、いわゆる同じ釜の飯を食った仲間のうち、現在福岡市とその周辺に住む仲間7名が集まって、久しぶりに旧交を温める機会に恵まれた。
b0008825_1584118.jpg

 元々8名集まる予定だったが、寄り合いの直前、この集まりを楽しみにしていた仲間の一人が、前日まで元気だったのに翌朝突然安らかに黄泉の世界に旅立ってしまったため、残念ながら7名の集まりになってしまった。
 (もっと大きな写真を出したかったが、最近とみに悪用される個人情報を考え、この程度の小さな写真になってしまった)

 集まりは、92歳で今なお元気な大先輩を囲み年齢差20歳の面々であったが、美味しい酒を酌み代わし、玄界灘の活きの良い魚料理に舌鼓をうち、時間が経つのを忘れてしまうほど大いに盛り上がった。
 

 話題はもっぱら、当時苦しかったこと、面白かったこと、楽しかったこと、目標を達成していわゆる達成感を味わったこと等々、当時の思い出話に花が咲き、当時の上司や後輩の関係はなく、お互いに先輩後輩として尊敬しあう間柄を保ちながら今を生き抜く一個人として尊敬しあう雰囲気に包まれ、あっと言う間に3時間近く過ぎ去ってしまった。

 同じ思いを共有しかつ同じ目的をめざす仲間、住む世界は別であっても、年齢が異なっていても、これが私の人生を豊かにしてくれる最も大切な仲間である。


 
[PR]
by matutaka31 | 2014-10-27 09:19 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/23641843
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2014-10-28 08:49 x
同じ目標を持った戦友との語らいは 楽しいもの
ほぼ十一年経過集まる回数が多く喜んでます
歩けるうちは 参加したいと思ってます
月一度蕎麦打ち半世紀以上前のことつい昨日のように
Commented by matutaka31 at 2014-10-28 18:15
hibochan さんへ
「戦友」良い表現ですね。企業戦士という言葉がはやりました。
戦友との出会いは、心を開いて語り合えるので、本当に懐かしく、夏には東京まで出かけました。
蕎麦打ち仲間の話は、いつも心が温まります。
Commented by 晩節を行く農民 at 2014-10-29 09:21 x
お邪魔致します

嘗ての職場仲間の方々ととの旧交を温めるのお互い大変難しくしくなつて居りますね
今回は福岡勤務時代の仲間の方が集まっての旧交会ですね
さぞかし飲む程に話しに花が咲て懐かしく又、賑やかだっのでないですか

この爺さんも11日旧制中学の同期会 130人程いたのがが開催毎に参加者が減り今回は25名の参加 黄泉の世界へも沢山、旅立って居ります でも 飲む程に話が弾みますね

お宅様も今回8人の予定がお一人急に黄泉の世界へ
みんなそんな齢になったのですね

  では失礼いたします
Commented by taminamikawa1 at 2014-10-29 22:50
素晴らしいお仲間との交友交流をなさっておられますね。
持つべきは心を許しあえる友ですね。
豊かなシニアライフを過ごしておられますね。
私もあやかりたいものです。
Commented by matutaka31 at 2014-10-30 09:13
晩節を行く農民さんへ
戦友の集まりでは、年々席順が上っていきます。
頂上に着くのも、そう遠くないようです。
でも、いくら年をとっても、気持ちだけは昔のままです。
そして話にも昔のような熱気がこもります。
この種の集まりはいですね。
Commented by matutaka31 at 2014-10-30 09:22
taminamikawa1さんへ
仰るとおり、心を許せる友・仲間は、せちがらいこの時代に
得がたい存在です。
心を裸にして付き合えるので、私の人生を豊にしてくれます。
ありがたいことで、いつも感謝しています。
そして、何時までも健康で、長い御付き合いを願っています。


<< 三日月山から立花山へ 夜のウォーキング >>