石橋美術館

 子供の頃絵を描くのが本当に下手で嫌いだったし、絵や彫刻に関しては知識も何も持ち合わせないずぶの素人の私が、今では時々、美術館や博物館に出かける。

 有名な絵画や美術を、一目見ておきたいという好奇心がそうさせているのかも知れない。
それでも観た瞬間、なんとなく良いな~と思ってしまうので、どうやら観るのは嫌いではないらしい。

 先日、久留米市にある「石橋美術館」に、仲間と出かけた。
 何故わざわざ久留米まで?
 理由は至って簡単!
 久留米市の石橋美術館を運営する石橋財団が、同美術館に収蔵している美術品約960点を2016年9月末までに東京のブリヂストン美術館に移すことが決まったと報道されたので、久留米市出身の青木 繁や坂本 繁二郎等有名な画家の作品を一度をゆっくり見ておきたかったから。
b0008825_2039163.jpg
石橋美術館

「久留米の人は、旅行者に優しい」ということを聞いたことがある。
その噂を裏付けるような人に、偶然出会った。
西鉄久留米駅構内の売店で、石橋美術館への道順を聞いたとき、店員さんが方向を指差しながら道順を教えてくれた。
有難う、とお礼を言って歩き始めたとき、一人のご婦人がスーッとそばに来て、「あれでは分らん!私についておいで」と頼みもしないのに、見通しのいいところまで道案内をしてくれた。
やはり噂どおり、久留米の人は優しかった。

 美術館の中は評判どおりで、ウイークデーだったこともあり、ゆっくり観賞できて良かった。流石に石橋財団の力を示すものだと、感心させられた。

 美術館もさることながら、自然豊な公園の素晴らしいこと、まさに久留米市が誇る公園だけに、広大な敷地は市民の憩いの場で、芝生に仰向けに寝転んでゆったりと流れる雲を眺めていると、街中の雑踏を忘れ、夢の世界へ引き込まれるような、不思議な気持に包まれていく。

ふと仲間が、流石に石橋! 石・橋、ブリヂストンとつぶやく。
何気なく聞いていた私は、ハッと我に返る。ブリヂストンと言えば、世界的に有名なタイヤの名称。

 言うまでもなくブリヂストンの由来は、郷土が生んだブリヂストン創業者の石橋正二郎にちなんだもの。
 石「ストーン」と橋「ブリッジ」を語呂が良いように「ブリヂストン」としたものである。

 話は弾み、毎月多額の小遣を息子に与えた母親(石橋正二郎の長女)や、その小遣が命取りなった息子のことなど、つい余計なことまで思い出してしまった。
[PR]
by matutaka31 | 2014-11-13 18:21 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/23730723
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by taminamikawa1 at 2014-11-14 20:25
久留米に行った折に、何回か、
石橋美術館の前をバスやマイカーで通ったことは
ありますが、実際に、足を運んだことはありません。
できれば、機会があったら訪ねてみたいですね。
Commented by matutaka31 at 2014-11-14 23:12
展示品もさることながら、自然公園が素晴らしいですよ。
憩いの場に相応しく、ゆっくり散策すると心が和みます。
一度訪ねてみては如何ですか。
Commented by hibochan at 2014-11-15 08:19 x
BS久留米は 知ってます
美術館博物館が好きで毎週TVぶらぷら美術館見てます
水戸生まれ横山大観の五浦美術館訪れました この地で岡倉天心とともに活躍 上野の国立東京博物館で日本の国宝展
開催中狙ってましたがいけそうにありません
Commented by matutaka31 at 2014-11-15 16:18
hibocyanさんへ
岡倉天心と言えば、北茨城の五浦六角堂を思い出します。
美術館を訪れると、美術家の執念と言うか作品に対する
こだわりが一筋縄でないことがよく分ります。
訪れる度に、その偉大さに感動します。
Commented by よこはまT at 2014-11-15 23:03 x
写真を見て、「あ、石橋文化センターだ!」
と想いました...子どもの頃の記憶です。
久留米振興の功労者、石橋3兄弟と社会科で習いました。
Commented by matutaka31 at 2014-11-16 09:55
よこはまTさんへ
余程印象が強かったんですね。
それにしても凄い記憶力!
時の流れには抗し難いのでしょう。
久留米市のシンボルが一つ消えるようで、
地元の人は寂しい想いでしょう。
Commented by dojyou38 at 2014-11-17 16:39
石橋美術館には一度行ったことがありますが、
地元出身の有名画家の作品が地元を離れるのは寂しいですね。

<多額の小遣を息子に与えた母親>
もう少しお金の使い道考えてもらいたかったです。
財団を作って奨学金か育英資金を出すとか・・・
Commented by matutaka31 at 2014-11-17 20:34
久留米市民は、ことのほか寂しい思いでしょう。
何もかも東京一点集中の様子、もっと地方の活性化を
進めて欲しいですね。
お金持ちは、お金の価値観が麻痺するんでしょうね。


<< 原爆被害体験を語り継ぐ 福岡市民マラソン >>