椎茸とナメコの自然栽培に挑戦

 街中の雑踏を避けて定年後の田舎暮らしを楽しむ友人から、椎茸とナメコを栽培する原木を分けてくれるとの、嬉しい便り。
 4年前椎茸のホダ木を分けてもらって、椎茸自家栽培を初体験したものの不本意な結果に終った私は、未だに好奇心が衰えず、即座に再度挑戦する気になった。
 近くのホームセンターで椎茸とナメコの種菌(種駒)を買って、車で約1時間かけて仲間の家に駆けつけ、先輩に教えてもらいながら、用意してくれた椎の木と櫻の原木に、夫々シイタケとナメコの菌を植え付ける。
 
 b0008825_1132124.jpg


この原木は、仲間が定年後、自然豊な山村の面影が残る地に建てた終の棲家の屋敷内で育った椎の木と櫻。
大きくなりすぎて屋敷に覆いかぶさるようになったため、思い切って伐採した原木だけにホダ木にするには申し分のない立派なもの。

 

 
 


 その原木にドリルで穴を開け、菌を含ませた円柱状の木片(種駒)を金槌で打ち込む。
 およそ1mの長さの原木にこの種駒を20個前後打ち込む。

b0008825_11363788.jpg

椎茸菌を仕込んだのが6本(奥に立てかけた原木)
ナメコ菌を仕込んだのが5本(手前の太い原木)

 ホダ木から椎茸やナメコが生えてくる様子を密かに思い浮かべ、仲間と世間話を交わしながら作業をする。
 自然の中でおおらかな気分に浸りながらの作業は楽しい!
 

約1時間半で作業を終る。





 前回の反省で、保管場所と保管方法を工夫しなければならない。 仲間の助言で、保管場所を家の北側にして、乾燥防止と陽射しを遮るため、黒の寒冷紗の覆いを作ることにした。

 空気が綺麗な山里で育った原木を使った椎茸・ナメコは、無農薬、無肥料、その他一切の添加物を使用しないで栽培された完全自然食品だから、これ以上安全・安心の産物はない、と今から胸を躍らせている。

きっと今度は、食べきらないほどの収穫が期待できそう。
その時は、親しい仲間におすそ分け(分福)しよう・・・。
何時ものことながら、「取らぬ狸の皮算用」ヽ(^。^)ノ

 楽しき哉 未知への挑戦!!
得難いチャンスを与えてくれる仲間に感謝!

[PR]
by matutaka31 | 2015-02-12 11:18 | 思いのまま | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/24123311
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kanmyougam at 2015-02-12 19:53
素晴らしい仲間に進められて、いい体験ですね。
いいですね。
僕も仲間に進められています。
早く進めたいと思っています。
Commented by matutaka31 at 2015-02-12 21:34
kanmyougam さんへ
持つべきものは、同じ思いの友そして仲間ですね。
お陰様で、定年後の人生を豊に過ごすことが出来、感謝しています。
今を大切にし、できることは何でもやってみようと思っています。
kanmyougam さんも仲間に勧められているとのこと、仲間って
いいですね。
Commented by taminamikawa1 at 2015-02-12 23:06
椎茸とナメコの自家栽培をされるとの由ですが、
大変な作業の後には、収穫と食卓を彩る楽しみが
ありますね。
苦労も多いでしょうが、頑張ってください。
Commented by hibochan at 2015-02-13 08:18 x
椎茸 ナメコ楽しみ
ナメコに寒冷紗で覆いますと間違いなしなお十月ごろ水かけしますと尚いいと思います 今年の秋に生えます まるで妖精
私たちも二年交互に椎茸 ナメコ植菌してますが作業が楽しい
クヌギ 花の咲かないヤマザクラまだありますが吉野 河津
枝垂れ ハゼ カエデ植え込み6-7年目こちらも楽しみ
Commented by hirukake-2 at 2015-02-13 11:18
キノコ作りは楽しみが有りますねー。
最初一個目、母材表面の小さい膨らみを見つけた時は感動ものですよ。
活用場面も想定出来るし、わくわくします。
労苦が報われる事をお祈りします。
Commented by matutaka31 at 2015-02-13 13:00
椎茸は2度目ですが、ナメコは初めてです。
茸の誕生を思うと、神秘的でワクワクします。
作る楽しみと、収穫そして食卓での喜びが待っています。
Commented by matutaka31 at 2015-02-13 13:04
hibochan さんへ
ナメコは来年と思っていましたが、今秋収穫出来るとのこと、
楽しみが倍増です。
寒冷紗で覆って、水かけに注意しましょう。
挑戦って、楽しいですね。
いろいろ教えていただき、有難うございます。
Commented by matutaka31 at 2015-02-13 13:11
hirukake-2さんへ
思いはもう、秋に馳せています。
小さい茸を最初に見つけた時は、本当に感動します。
今年は肉厚の椎茸とまん丸いふっくらしたナメコとの
出会いを、楽しみにしています。
今年は茸菌の気持になって、栽培管理してみようと思っています。
Commented by dojyou38 at 2015-02-13 21:59
心温まるお友達がたくさん居て幸せですね。

キノコは枯れた木でないと発芽成長しないと教えられました。
手前のホダ木(桜?)はまだ生のようにも見えますが、
このように丸太に切ってしまえばキノコが生長するのでしょうか?
折角、種駒を打ち込んだのに失礼な疑問を投げかけごめんなさい。
海岸育ちでキノコのこと全く知りません。

Commented by matutaka31 at 2015-02-13 23:31
dojyou38さんへ
お陰様で、よき友、よき仲間に恵まれています。
茸の栽培は、全くの素人で不勉強ですが、原木は休眠中の
秋から冬にかけて伐採するそうです。
その原木に雑菌が繁殖しないうちに(伐採直後)、椎茸やナメコの菌を
植え込むのが栽培のコツだそうです。
植え込んだ菌が繁殖して、茸が出る時期には原木が腐ってくる時期になるようです。
Commented by 晩節を行く農民 at 2015-02-14 07:12 x
お邪魔致します

椎茸とナメコの栽培大変な作業 でも楽しみながらの感じを受けます
嘗て、椎茸は失敗でしたか
今回は先輩の指導宜しく良いものが穫れるのでないでしょうか
何事もキャリヤを積む事が必要でないかと思います

追って穫れた際にはその美味しさが格別てないかと思います
  では失礼致します
Commented by hibochan at 2015-02-14 08:27 x
前回気がついたことありましたので
経験者としてアドバイス?
べた置きでもいいのですがベストは 寒冷紗で覆いホダ木1/3位埋め込みますと間違いなく発芽
もしかして駒もう少し多くてもいいのかな
私たち数えたことありせんがアナだらけ
すみません気が付きましたので
Commented by matutaka31 at 2015-02-14 09:59
晩節を行く農民さんへ
やはり経験が大切ですね。
理論と現実の違い、そこが経験から生まれるコツでしょう。
出来たときの喜びをイメージしながらの挑戦です。
このところ陽気が良くなりました。
茸の栽培と野菜作りが始まります。
Commented by matutaka31 at 2015-02-14 10:05
hibochan さんへ
経験に基くアドバイス、大変参考になります。
有難うございました。
仰るように、桜の原木の種菌数が少ないように思っていました。
種菌を買ってきて、もう少し増やしてみます。
そして土に少し埋めて、覆いをしてみます。
Commented by tenpai8 at 2015-02-14 13:54
楽しみが増えましたね。ナメコも原木栽培だとは初耳でした。私も10年以上前に失敗しました。北側の日陰湿気の多い所にしましたが、芽は良く出ましたが、ナメクジの食害でヤラレタ苦い経験です。ご注意を!
Commented by matutaka31 at 2015-02-14 23:09
tenpai8 さんへ
ナメコの原木栽培、初めての体験です。
いろいろ先輩のアドバイスを頼りに、初挑戦です。
それだけに、出来たときの感激は大きいと思います。
ナメクジの被害が、心配です。
何か良い対策はないものでしょうか。?


<< 寒さにめげず、他の花たちに先駆... ボルドー展 >>