唐津鍋祭りとひいな遊びウォーキング


 日常のウォーキングは、家の近くを一人で淡々と歩くだけで、決して楽しいものではない。
でもたまには他の所に出かけて、楽しいウォーキングをしてみたい。
出来ることなら、何か面白い催しなどがあって、得するものがあればなお面白い。

 というわけで今回は、「唐津うまか博(鍋祭り)とひいな遊びウォーキング」のキャッチフレーズに誘われ、佐賀県唐津市の名所・旧跡を歩く、JRウォーキングに仲間と参加。

 コースは、唐津駅→旧高取邸→唐津城→ギャラリー魚や町→旧唐津銀行→曳山展示場→河村美術館→辰野金吾屋敷跡→唐津駅で、距離は約8km。 所要時間/約2.5時間

 私達は何時ものことながら、歴史探訪をしながらのウォーキングになってしまうので、普通に歩く人たちより倍の時間がかかってしまう。
そこで今回も、旧唐津銀行、曳山展示場、河村美術館は中に入らず、素通りとなってしまった。

b0008825_10482333.jpg
                   唐津城

 唐津城では、“元々唐津城には天守閣は無かったのだが、観光対策として作られた”、と警備の人に聞かされ、当時の市の観光立地の姿勢がうかがわれた。
一方、福岡城に天守閣があったかどうか史実が確認できないまま、天守閣を復元すべきかどうかの議論が続いている福岡市との違いが見受けられた。

b0008825_10531047.jpg
     唐津城天守閣から東唐津方面を望む 左方面虹の松原、その奥に鏡山

 旧高取邸は、杵島炭鉱などの炭鉱主として知られる高取伊好(たかとりこれよし)旧邸で、同じ炭鉱主として知られる飯塚市の旧伊藤伝衛門邸と並び比較されがちである。
 旧伊藤伝衛門邸が白蓮と言う女性の影が深く残るのに対し、この旧高取邸は文化の香りを深く刻んだ屋敷、という違いを感じてしまった。


b0008825_10591157.jpg
                  旧高取邸

    
b0008825_11011362.jpg
   
東京駅など数多くの建築設計を残した辰野 金吾 (たつの きんご)生誕地跡

 

b0008825_11070537.jpg
 地元のうまかもんが軒を並べる鍋祭りは、家族連れで賑って、人気の店では長い列を作っていた。
 並ぶのが嫌いな我々は、込み合っていない店を選んだので、果たして地元の名物なべを食べたのかどうか・・・?でも野外で食べる鍋の味はまた格別!
 それにしても、3杯900円は1杯の量からちょっと高すぎる、とチョッピリ辛口の評価をしておこう。

 かくして歴史探訪を兼ねた唐津ウォークは、JRが設定した予定時間の2,5時間をはるかにオーバーして、約5時間のウォーキングになってしまった。
 でも、これが私達流の、楽しみながらのウォーキングスタイル。
     次は何処を歩こうかな~?




[PR]
by matutaka31 | 2015-02-26 11:08 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/24179090
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2015-02-27 08:45 x
ウォーキング見たり聞いたり調べたり楽しいもの
特に古い街並みは
大昔九州一周福岡から長崎へその時虹の松原通過した記憶があります
辰野さんは 東京駅で紹介され知ることが出来ました
Commented by tenpai8 at 2015-02-27 08:50
唐津は魚釣の途中で通り抜けたことは数多いが、観光したのは、藤の花の頃唐津城を訪ねた、只一回である。こんなに名所と文化に満ちた町であれば、是非訪ねたいですね。来年は歩きに行きましょう。
Commented by matutaka31 at 2015-02-27 13:01
hibochan さんへ
出来ることなら、毎日変ったコースを歩くことが出来ればと
思っています。
新たな発見があり、面白く歩けますから。
虹の松原は、日本三大松原の一つで、今でも美しい景観を
保っています。
辰野金吾の偉業、改めて勉強させられました。
Commented by matutaka31 at 2015-02-27 13:05
tenpai8さんへ
唐津市は自然と文化に包まれた、綺麗な街です。
何回行っても、奥の深さを感じます。
何時の日か、是非ご一緒しましょう。
唐津くんちも有名です。
Commented by taminamikawa1 at 2015-02-27 20:33
matutaka31 さん、こんばんわ。

「ハレ=非日常」、「ケ=日常」と言葉がありますが、
ウォーキングに喩えますと、
日頃、家の周りを歩く場合は「ケ=日常」の活動で、
唐津でのイベントに参加してのウォーキングは 「ハレ=非日常」の活動と言えるのではないでしょうか。
たまには「ハレ=非日常」のウォーキングもいいですね。
Commented by matutaka31 at 2015-02-27 21:32
taminamikawa1 さんへ
仰るとおり、たまには非日常もいいものです。
新しい発見もありますし、何しろ新鮮です。
時には新たな刺激も楽しいものです。
いよいよアウトドアーシーズン到来ですね。
Commented by dojyou38 at 2015-03-02 10:47
私は一度、浜玉から唐津城までウォーキングしたことがあります。
別の日に旧高取邸や曳山展示場などを見物したことがありますが、
同じ佐賀県でも町の雰囲気は随分違うように思いました。
唐津は海に開けた街なので明るく感じました。
私の最近のウォーキングは自宅の周りばかり、たまには遠出してみたいです。
Commented by matutaka31 at 2015-03-02 23:30
dojyou38 さんへ
唐津市は、海に面した明るい綺麗な街だとの印象があります。
もう少し近ければ、度々行きたくなる場所の一つです。
毎日同じコースを歩いていると疲れてしまいますが、
新たな場所へ出かけると、かなり歩いても疲れないですね。
でも、遠くへ出かけるのは、月に1~2度です。


<< ジャガイモを植える 橋にも入り口と出口がある >>