ホームページ管理の難しさ

 ホームページ管理の難しさを、今更ながら痛感している。

  
  「福岡市原爆被害者の会」のホームページを、会員自らの手で立ち上げようと一念発起、2011年10月、半年間の準備期間を経て公開し、その後都度更新を繰り返し3年4ヶ月が過ぎた。

b0008825_10383198.jpg
 原爆被害者の会会員(約940名)の平均年齢は80歳で、パソコンに馴染が少ない年齢層。
 ホームページを管理できる人がなかなか現れず、なまかじりの素人同然の私が、ホームページの立ち上げからその後の管理を一手に引き受けざるを得なかった。
 会の事務局にはボランティアで会員1名が常駐しているが、多忙でホームページの管理までは手が廻らないのが現状。
                                          更新作業中の小生
 最近の事例をあげると、こんな具合008.gif
 先週火曜日、午前中太極拳教室の後、午後事務局に行きホームページの更新作業を行ったが、その後ちょっとしたミスが見つかり、昨日再度更新作業に出かけた。
 個人のホームページと違い、誤字脱字は勿論のこと、読み辛い画面構成は避けなければならない。 
 更新時には、読み合わせをする等細心の注意を払っていても、アップ後ミスに気が付くことがある。
 人間のすることだから完璧ということは無理・・・と思いつつも、そんな勝手な考えは通るわけがない。
  わざわざ私が出かけなくても、こまめに更新できるように、早く私に代わる人が現れないかと願う今日この頃。
 
 

 更にこんな悩みも025.gif
 ホームページを公開して3年4ヶ月が過ぎた現在、アクセス数は凡そ6,100回。一日平均5回のアクセス。
このアクセス数を、少ないと見るか又はこんなものだろうと妥協するか、評価の問題がある。
 日々変るニュース的要素のないホームページだから、会員や関係者が見る頻度としては、こんなものだろう。
 しかし私は公開当初から、会員に限らず被爆2世・3世の皆さんそして若年層の皆さんに、広島・長崎の被爆実相を知ってもらうことを望んでいた。
 そういう視点では、このアクセス数は満足できる回数とは言えない。

 どうしたらもっと多くの方々に見てもらえるか、言い換えればインターネット検索の網にかかるように、トップページタイトルの改善、被爆証言・写真集のタイトル名やページ編集方法の工夫等々、もっと中身の方に目を向けた改善・工夫が必要という、新たな課題に直面していると思っている。039.gif
 
[PR]
by matutaka31 | 2015-03-08 11:10 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/24217965
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by taminamikawa1 at 2015-03-08 22:31
会のHPを開設されているということが大事で、関心のある方が見られるので、それだけでも十分ではないでしょうか。
証言集や写真は貴重です。
原爆を風化させないためにも、地道ではありますが、
更新なさってください。社会貢献大です。
Commented by matutaka31 at 2015-03-08 23:29
taminamikawa1 さんへ
有難うございます。
タイムリーでなければならないので、窮屈さが伴いますが
遣り甲斐を感じます。
ITの普及で、今後益々ホームページの役割が大きくなることでしょう。
いろいろお気付きの点は、遠慮なく教えてください。
Commented by hibochan at 2015-03-09 07:30 x
戦後七十年被災者も高齢化になりました
風化されないためにも継続されることが大事なのでは
なんて気軽に言いますが当事者の苦労は 偲ばれますが
Commented by matutaka31 at 2015-03-09 09:16
hibochan さんへ
被爆後70年、平均年齢も80歳超になりました。
どんどん風化していくようで、しかも最近の政治の動きを見ると
恐ろしくなります。
二度とあの惨禍を繰り返さないように、今の子供たちが戦争に
巻き込まれないようにしなければなりません。
Commented by tetsu807-2 at 2015-03-09 10:57
被害者の会のHP、見せていただきました。ボランティアの
中でも、ウエイトが大きなボランティアですね。ほんとに
ご苦労様です。被爆者の証言も、いくつか読ませていただき
ましたが、皆さんの思いが胸に突き刺されます。そして、
願いは一つです。再び戦争が起こらないように・・・
Commented by matutaka31 at 2015-03-09 14:23
tetsu807-2さんへ
ホームページ見ていただき、有難うございました。
私達が70年前経験した、あの忌まわしい戦争が2度と
あってはならないと思っています。
今の政権の動きは、引き返すことが出来ない戦争への道を
歩いているようで、被爆体験を忘れてしまったかと思う
印象を受けてしまいます。
Commented by dojyou38 at 2015-03-09 16:28

原爆被害者の会の活動並びにそのHPの管理ご苦労様です。
最近の政府・自民党の動きは確実に何時か来た道に戻っているようで腹立たしく思っています。
公明党も平和の党というなら、もっと毅然とした姿勢を貫き与党離脱の覚悟を示してもらいたいと思っています。
戦争の悲惨さを考えれば、中東からの原油ストップの耐乏生活には耐えられるのではないでしょうか。
原発政策も、あの見通しの立たない廃棄物処理をみていると
再稼動と言う選択肢は無いと思います。
Commented by matutaka31 at 2015-03-09 17:44
dojyou38 さんへ
70年かけて築き上げた、戦争をしない国という位置づけを、
何故こうも急いで壊そうとするのか、それに歯止めをかけられない今の国会に失望してしまいます。
選挙の投票率の低さを考えると、国民にも責任がありますね。
まずは原発再稼動 絶対反対!放射能の怖さをもっと知るべきです。
Commented by 晩節を行く農民 at 2015-03-11 10:39 x
お邪魔致します
福岡市原爆被害者のホームページをやってお出でになるのですね
それもお宅様は立ち上げから日々の管理更新、頭が下がります
仰る通り会員の方はみなさん80を過ぎて居りますからやれる人は殆どいないと思います
このHPは公的なものに準ずるので誤字脱字は許されませんね
気をつかいますね

この爺さんも今のサーバに代えるまではホームペジルダーのソフトを使って10年程私的なHPをやって居りました
5ページ程の者でしたが孫娘共の動画を載せる行程が大変で何時も滞りがちでした
今のサーバに代えた時にこれ幸いとこれを捨て今のブログに変更致しました

兎に角大変でしょうけど頑張ってHPの管理をなさってください
    では失礼致します
Commented by matutaka31 at 2015-03-11 12:00
晩節を行く農民さんへ
心温まるコメント、ありがとうございます。
幸いにして難を逃れ、その後70年も生きてこられた者の使命として
後世に被爆の実相を伝えなければと思っています。
ホームページの管理は難しくて手こずっていますが、いろいろアドバイスしてくれ
勇気付けてくれる仲間が居ますので、大変助かっています。
初めて知りましたが、お宅様もホームページを開設していて
今ではブログ一本に絞られたとのこと。
私も自分のホームページを、今後どうしたものかと思案しています。


<< 日本とドイツ、エネルギー政策の違い 雨にも風にも負けず >>