下関から門司へ

 b0008825_928446.gif
インターネットバーチャル「日本一周歩こう会」の現在位置、昨21日下関を通過、今日現在関門海峡を通り抜けいよいよ九州門司に入る。

 これまでに歩いた距離は7,882km、日本一周8,955kmの
凡そ88%に当たる。

 ゴールの福岡市まで、残り1,073km。 一日5kmの目標どおり歩けたとして、あと7ヶ月以上かかる。
 夏の間はペースダウンするので、ま~11月末あたりにはゴールできるだろう。003.gif
 
b0008825_972353.jpg
b0008825_9133945.jpg
下関から門司まで3km、今日の出発地点は下関から1kmだから、全長780mの関門海底トンネルの入り口辺りだろう。
 トンネルの中には山口県と福岡県の県境が記してある。 
 やっとと言うか、やれやれと言うか、九州に帰ってきたという実感がわいてくる。

 
 
下関は、史跡など名所旧跡の多いところである。
 5年前地元の歩こう会の仲間たちと壇ノ浦公園~赤間神宮~日清講和条約記念館見物し、ほとんど忘却の彼方に行ってしまっていた史実を絵巻物や展示品で思い出しながら散策し、昼食は下関名物「ふく料理」(下関では“ふぐ”を福にちなんで“ふく”という)を食べたのを思い出す。
b0008825_9453213.jpg
壇ノ浦合戦に敗れ、8歳で入水した安徳天皇を祀る赤間神宮

b0008825_103073.jpg
当時の歩こう会メンバー、後方に橋長1068mの関門橋が見える
(私はカメラマン)


 3月22(日)九州北部は、中国大陸からやってきた強烈なpm2.5に覆いつくされている。031.gif
 私の住む街の12時現在の値は、 微小粒子状物質(PM2.5) 156 μg/m3.

 福岡市の環境基準値35 μg/m3のなんと4.46倍!033.gif 500mくらい先は霞んで見える。
 とてもウォーキングが出来る状態ではない!

[PR]
by matutaka31 | 2015-03-22 09:35 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/24271432
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kanmyougam at 2015-03-22 12:49
歩く会の実践はですね。
僕の場合いつもの散歩程度です。
それでも日本海を北上しています。
Commented by matutaka31 at 2015-03-22 18:02
kanmyougam さんへ
のんびり日本一周も、良いんではないでしょうか。
私の仲間にも、マイペースで今、石川県を北上している人がいます。

Commented by hibochan at 2015-03-23 07:43 x
トンネル内の県境初めて
下関古跡がが多いようですがやはり名物フグ
私釧路付近7,425km残り1,500km
Commented by matutaka31 at 2015-03-23 09:16
hibochan さんへ
河豚は本当に美味しく、福岡・山口の日本海側の名物料理です。
でも最近値段が高くて、本物のトラフグはなかなか口に入らなくなりました。
残り1500km、年内に日本一周完歩ですね。
Commented by dojyou38 at 2015-03-23 09:26
関門海峡渡ってホッとされていることでしょう。長かったですね。
私も九州に帰り着いて、先が見えたと元気が出ました。
昨日のMP2.5 、凄かったですね。
所用あり天神まで出かけましたが屋外は僅かしか歩かなかった。
それでも目や喉が成樹受け気分頗る悪かったです。

Commented by matutaka31 at 2015-03-23 10:14
dojyou38さんへ
九州へ帰ってきた感じで、ホッとしています。
これで、かすかにゴールが見えてきたような気がします。
久しぶりの天気でしたので、昨日菜園作業をしたところ、
今日はのどが痛くなりました。
迷惑千万なpm2.5!
Commented by tenpai8 at 2015-03-23 18:06
matutaka31さん、早いですね。私は60歳までフルマラソンのランナーでしたが、未だ平塚界隈でモタツイテいます。セイゼイ富士の高嶺の白雪と、箱根の桜でも眺めながら、箱根越えを楽しみマース。
Commented by matutaka31 at 2015-03-23 21:33
tenpai8さんへ
九州に入ると、なんだか追い風に乗ったような気分です。
ともあれ今のうちに稼いでおかないと、夏バテしそうですから。(^。^)
富士の高嶺に白雪~♪♪に花見、それも良いですね。


<< 枝垂れ梅の剪定 菜の花畑 >>