鶴と亀

 先日仲間とボランティアの返り道、桜の開花具合を見ようと思い、地下鉄駅の側の福岡城祉濠の側を歩いていた。
 そこで見た奇妙な光景。
 杭に鶴がとまっていたら「鶴と亀」の長寿の吉兆として目出度い取り合わせになるのだが、「烏と亀」では、駄洒落にもならない。
b0008825_9595136.jpg
何を思う?亀と烏

 近づいても逃げようとしない烏、亀に向かって何かサイインを送っているのか。
 亀は甲羅干しの頭を持上げ、カラスが気になる様子。
 しばらくにらみ合い?交信?が続いていたが、私達があまりにも側まで近づいたためカラスが飛び去った。
 亀は、何事もなかったように甲羅干しを続けていたが、果たして・・・・。034.gif

 そこで「鶴と亀」は、鶴は千年亀は万年と、長寿や縁起を祝うときのことばや画として使われているが、果たして鶴と亀はそんなに長生きするものだろうか。
 気になるので調べてみた。

 野生動物の寿命を知ることは非常に難しいことであるが、動物園などで実際に飼育された寿命で推し量ると、鶴がタンチョウヅルで20~30年、亀はゾウガメで100~200年 だそうだ。
 ではカラスの寿命は? 
 飼育した記録としてはコクマルガラスが60年生きたという記録があるそうだが、良い状態で飼育すれば20~30年は生きるそうだ。
b0008825_1110362.jpg


 現実に戻ると夢も希望もなくなるので、それはそれとして、日本においては古くから、「鶴は千年亀は万年」と長寿や縁起を祝うときの言葉として使われてきたのだから、素直に受け止めておけば良いのだ。

  長閑な光景に出会い、ロマンチックとは程遠いつまらない連想をしてしまった一時。003.gif
 
[PR]
by matutaka31 | 2015-03-28 10:24 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/24294420
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by dojyou38 at 2015-03-29 05:02
亀は100~200年ですか、人間比べれば随分長生きです。
ツルの20~30年も犬猫など家畜に比べると長生きです。
それで鶴や亀は長寿のシンボルにされたのでしょうか。

動物の世界でも長寿すると寝たっきりや認知症があるのでしょうか。
そうなると、餌が摂取できないので天寿となるのでしょうね。
人間はそう簡単にならないので難しいです。
Commented by hibochan at 2015-03-29 07:15 x
鶴と亀は 長寿のシンボル
鶴は 見たこと無し
亀の甲羅干しは よく見かけます
我が家の吉野開花宣言春です
Commented by matutaka31 at 2015-03-29 09:37
dojyou38 さんへ
動物の末期は?ちょっと気になりますね。
飼い猫は、末期が近づくと、いつの間にか姿を消してしまう、ということをよく耳にします。立派です。
長い間犬を飼った人の話では、末期になると認知症みたいな症状
になるという話を聞いたことがあります。
果たしてどうなんでしょうかね。
Commented by matutaka31 at 2015-03-29 09:52
当地でも、サギはよく飛来しますが、鶴は姿を見せません。
鹿児島県出水地方のナベ鶴の越冬は有名ですが、当地で私は
見かけたことはありあません。
こちらは花見シーズン真っ只中です。
昨夜も花見してきました。
Commented by tetsu807-2 at 2015-03-29 15:37
さくら爛漫の季節は肝臓と相談しながらの酒盛りですね。
下戸はもっぱら、飲みけより鑑賞です。ところで、烏と亀
あれが鶴と亀だったら、最高の光景だったでしょうね。
Commented by matutaka31 at 2015-03-29 17:14
tetsu807-2さんへ
お陰様で、今も健康のありがたさをしみじみ味わっています。
カラスでなく鶴だったら、今頃新聞ネタになっていたでしょうね。(^。^)
短い桜の開花時期、大いに楽しみましょう。
Commented by taminamikawa1 at 2015-03-30 22:53
亀は寒い冬場は水のなかで過ごしているのかわかりませんが、
亀が甲羅干しをしているということは、それだけ、気候的に
暖かくなり、亀も冬眠?から脱し、活動を始めたということでしょうか。
鶴亀の格言の他に、うさぎと亀の競争の昔話もありますね。
Commented by matutaka31 at 2015-03-31 07:05
taminamikawa1さんへ
動物は自然のままに生きていますので、季節の動きが分りますね。
また、動物と動物の比較した言い伝えや格言も多いですね。
動物と人間のかかわりは、古くから言い伝えられていますが、
それなりのわけがあり面白いです。
Commented by yyyanoy at 2015-04-01 14:10
昨日、バス停をひとつ前で降りてお濠のサクラを見ました。きれいでした。
天気はくもりで亀さんまでみえませんでしたが・・・カラスと亀、たのしいじゃありませんか、
カラスはあまりかわいくないしみんなきらいとおもっているけど、こうしてみるとおもしろい?
でもじーーっとねらってたりして。
Commented by matutaka31 at 2015-04-01 17:18
yyyanoy さんへ
このポーズひょっとしたら、隙あらば・・・と、亀さんを狙っていたのかも
知れませんね。
考えれば考えるほどに、カラスは、可愛くないです!
焼いても美味しくなさそう。(^。^)




<< 花見三昧 枝垂れ梅の剪定 >>