昨日・今日そして明日

これまで「まつりか(茉莉花)とばかり覚えていたこの花、実は・・・。
b0008825_8581389.jpg
ブルンフェルシア(別名ニオイバンマツリ・匂い蕃茉莉)


 時々訪問してくださるブロガーからある時、この花は「ニオイバンマツリ」だと教えていただいた。
「蕃」は外国、「茉莉」はジャスミンのこと、でもジャスミンの仲間ではなくナス科の植物。そういえばナスの花によく似ている。そして英名はYesterday-today-and-tomorrowということも。

 この花を初めて見る人は、この木は紫と白い花が同時に咲くんだね・・・、と思うだろう。
 でもよく見ると、蕾はみんな紫色をしている。そして開いた花をよく観ると濃い紫、薄紫、そして白と様々に変化している様子が分る。
 咲き始めは濃い紫色、花が開いてから次第に紫色が脱色し、最後は白色になって枯れていく。
 英名のYesterday-today-and-tomorrowは、言い得て妙。
b0008825_9324132.jpg
右上に見える蕾から左下の白い花へと、色の変化が見える


 我家の「ニオイバンマツリ」は、もう十数年前匂いの良さに惹かれて、鉢植えを鹿児島から買ってきたもの。
 今は地植えにしているが、高さ1mくらいのまま大きくならず、毎年この時期庭中に芳香を放つ我家自慢の花。
 ちなみに原産地は、ブラジル南部、パラグアイ、アルゼンチン
[PR]
by matutaka31 | 2015-05-21 09:36 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/24500034
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by よこはまT at 2015-05-21 10:53 x
この季節らしい、よく目に留まる、清々しい色のお花ですね。
3日前、心痛む出来事があり、英名に反応しました^0^
“Yesterday-today-and-tomorrow”
濃い想いも、いい香りを放ちながら少しづつ薄まり、
3日目にはその想いも開放され抜けていく...
きょうは、tomorrowのはずですね (^0^*)
Commented by tenpai8 at 2015-05-21 11:25
この時までマツリ花と思っていました。我が家も今年は良く咲いています。青色蕾が白で満開、そして枯れ花へ。なかなか懇ろに開花過程を持つ花ですね。英語の名前がよく花の性質を表現しているようですね。
Commented by taminamikawa1 at 2015-05-21 21:39
ひとつの花が紫→薄紫→白とへ三変化するのも
珍しいですし、
一つの花で3回、色が異なるのを見られるのは
その過程と変化が楽しめる貴重な花ですね。
Commented by matutaka31 at 2015-05-21 23:25
よこはまTさんへ
忘却とは忘れ去ること・・・というセリフがありましたね。
風薫る5月、爽やかな季節にふさわしく、いやなことは忘れ、
良い思いだけ大切にしたいです。
Commented by matutaka31 at 2015-05-21 23:28
tenpai8 さんへ
植物の世界は、よく観察すると、いろんな変化に出会い
実に楽しいものです。
自然の摂理を教わります。
ゆっくり花を愛でたいものですが、野暮用が多く
ままなりません。
Commented by matutaka31 at 2015-05-21 23:31
taminamikawa1 さんへ
二色に変るのは時たま目にしますが、3色に変るのは
珍しいですね。
それによい匂いが、この花の魅力です。
爽やかな5月にふさわしい花の一つでしょう。
Commented by hibochan at 2015-05-22 07:57 x
初めて聞きましたし 見ました
ジャスミンむと言えばみかんの花素晴らしい香りで咲いてます
アジサイの蕾も膨らみました
Commented by matutaka31 at 2015-05-22 14:43
hibochan さんへ
みかん花の香りは、ジャスミンよりソフトで香しいですね。
こちらはもう、みかんの花は終わりましたが、長雨で
果たして着果が良いのかどうか心配です。
やっと晴天が3日続いています。
Commented by dojyou38 at 2015-05-23 20:29
初めて目にする花です。見たことあるかも知れませんが記憶にありません。
英語の名前が洒落ています。
三色に変化して「昨日今日明日」注意して散歩してみます。
Commented by matutaka31 at 2015-05-24 17:36
dojyou38 さんへ
初めて見たとき、ハッとしました。
それに匂いのいいこともあって、値段のことは考えず
一鉢買ってしまいました。
最近では、時々見かけるようになりました。


<< 三梅 早生玉ねぎの収穫 >>