我が菜園の今 その1

 当地は、今年も例年通り梅雨がやってきた。 
 四季の変化とは別の、暗いじめじめしたトンネルを早く抜け出したい気持になる、嫌な季節の始まりを感じる時でもある。

 4月から5月にかけての野菜作りは、播種から移植の適期を逃さないよう気をもみながら、梅雨に入る前に耕したり畝を作ったり、そして植えた幼苗に支柱をつけたり、草取りなどの管理作業が重なり、年の事を忘れてつい無理をしてしまう。

 そこに待っているのが腰痛!002.gif
 今年は、腰に強い負担がかかる道具は使わない!と決め、スコップを封印した。
 でも鍬で畝作りするとき、腰に力が入るので、またしても腰を痛めてしまった。
 そして整骨院通い・・・、例年のパターン。007.gif

b0008825_9512714.jpg
菜園の一部


 腰を痛めてまでも野菜を作ることはないのでは・・・? そう言われるのは承知のうえ。
 それでも野菜作りにこだわるのは、野菜を作るのが楽しいから。
 新鮮な旬の味を楽しめるだけでなく、見かけはスーパーに並んでいる野菜より見劣りがするけど栄養価値ははるかに優れていることを自覚しているから。
 その新鮮野菜を毎日食べ続けていると、自分の体に潜む自然治癒力が増えているように思えるので、腰痛も自然に治るような気がしてくる。 

 今年の出来は、腰を労わりながらの野菜作りにしてはまずまずの出来だと、ただ今自己満足!001.gif003.gif

 まずは家庭菜園の定番であるトマト・ナス・キュウリ、ピーマンを中心に、我が菜園の今を紹介しよう。

 トマトは欠かせない定番中の定番
 今植えているのは、大玉の桃太郎3本、フルーツ中玉を10本、合わせて13本。
 出来るだけ長い間収穫したいので、先に植えたトマトの脇芽を切り取って、栄養繁殖の苗を10本育てている。これで収穫できる期間が一月くらい延びるだろう。
b0008825_9393883.jpg
着果促進剤は使わないが、もう既に青いトマトが鈴なり


ナスは、長ナスと中長ナスを3本づつ6本植えた。 初物はもう味わった。
b0008825_942288.jpg
8月に枝を思いっきり切り落とし、新たに伸びる枝に生る
美味しい秋茄子を収穫する


キュウリは10本以上植えた。
新鮮なきゅうりは、我家の食卓に欠かせない食材の一つ。
キュウリの収穫時期は短いので、時期をずらしてもう1~2度種を播く。そろそろ次の苗を育てる時期が来ている。
b0008825_9451963.jpg
雌花が一杯ついているので、そろそろ収穫が始まる


ピーマンも我が菜園の定番。
 今6本植えているが、後3本苗を買ってきた。少し時期をずらして冬まで収穫するつもり。
b0008825_948396.jpg
まだ背丈は低いが、1mくらいまで成長し、ピーマンが鈴なりに生る

[PR]
by matutaka31 | 2015-06-07 07:17 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/24560703
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2015-06-08 07:38 x
安全 安心自前の野菜は 美味しいもの
こちらでも家庭菜園が増えておりますが逆に専業農家の方減ってます
私元来の怠け者作業は 1-2時間と決めてます
それでも休憩時のお茶美味い
Commented by dojyou38 at 2015-06-08 09:19
スパーで売っている大半の野菜はハウスや工場で促成されたもので味気ないです。
それに比べ自家製は安心で味も濃厚でしょう。
それを考えると野菜作りの楽しみと共に、多少の腰痛も我慢できるのでしょう。
気持ち、良く分ります。私も菜園あればそうするでしょう。
でも、腰痛大事に至らないようにしてください。
Commented by matutaka31 at 2015-06-08 17:04
hibochan さんへ
自家菜園の魅力は、何と言っても新鮮・安全野菜を
美味しく食べられることですね。
最近スーパーで買う野菜は味がないので、旬の味を
知らない人が多いようです。
汗を流した後の一杯は、最高です。
こちらは入梅で、雨の日が続いています。
Commented by matutaka31 at 2015-06-08 17:12
dojyou38 さんへ
お気遣い、ありがとうございます。
最近、生野菜の保存技術が進んでいるので、どのように
保存しているのか分りませんが、見掛けは綺麗ですが
食感がぱさぱさして、味も薄いです。
それに比べ、取れたての野菜はまろやかな食感があり、
美味しいです。
これが自家菜園の醍醐味でしょうね。
Commented by taminamikawa1 at 2015-06-09 22:15
里芋も順調に育っているようですし、
トマト・ピ-マン・ナス等、収穫の楽しみも
ありますが、何と言っても、食卓を彩り、
美味しさを実感するとき、幸せを実感なさるのでは
ないでしょうか。
Commented by matutaka31 at 2015-06-09 23:13
taminamikawa1 さんへ
作るときはきつい思いをすることもありますが、
勢いよく育っている様子を見るときや収穫の時は疲れが吹き飛んでしまいます。
なんと言っても旬の味は、自家菜園の醍醐味です。
至福の一時です。


<< 菜園の今 その2 鹿児島入り目前 >>