菜園の今 その2

 前回私の菜園の一部をご紹介したが、その続編をご覧頂こう。
 なにせ作っている品種の数は、プロの農家にひけをとらない?ほどで、自分でも作っている作物を忘れることがある。003.gif
 思いつくものは何でも作ってみよう、と80歳になっても好奇心だけは衰えを知らない菜園愛好家を自認している。001.gif

 今盛んに収穫しているのが、ズッキーニ。
 この成長の早さは、目を丸くするばかりで、兎に角早い!
 まだ花弁が付いているので収穫をもう一日待とうかな~と思って翌日まで待つと、もう化け物みたいに大きくなっている。
 
b0008825_20505075.jpg
元気よく育つズッキーニ

 緑豊な野菜で、見るからに栄養タップリに見える。
 でも味は淡白で、生でも良し、いろんなレシピに合いそう。
 多いときは、一日4~5本収穫できるので、せっせとご近所さんや知人に食べていただこう。

 玉ねぎは収穫を終えた。
 今年は病気にも罹らず、まずまずの出来だと満足003.gif
 適当な保存場所が無いので、とりあえず車庫の中に吊るしているが、日陰で涼しい場所を探さなければならない。と言ってそんな大きな屋敷ではなく、猫の額ほどの敷地内にそんな条件の場所があるはずもないので、
そのままになってしまいそう。002.gif
b0008825_2123964.jpg
収穫したばかりの晩生玉ねぎ

 今年は、一部極早生品種を植えたので4月から収穫をはじめ、お陰で酢玉ねぎを毎日タップリ食べることが出来て大満足!

 里芋も順調に育っている。
 品種は、赤と白の2品種。いずれも昨年作った里芋を一部保存して種芋にした。
 
b0008825_2164871.jpg
左側が白里芋、右側が赤

 赤芋は、味は良いけど、煮崩れする・・・、白芋はその反対・・・という人もいるけど、私はどちらも美味しい!
 だから仲良く半々作ることにしている。043.gif

 さつま芋は、苗を自分で作るので、自慢ではないが里芋同様全て自賄い。
 この畝作りに苦労する。今年はこの作業で腰を痛めてしまった。003.gif
 品種は、安納芋と紅東の2品種に限定した。
 安納芋は、甘くて柔らかいので食感が抜群・・・と私はこの芋に軍配を上げた。
 ところが、サツマ芋は何と言ってもホクホク感が無ければ嫌!という人もいる。
 私は安納芋一本に絞りたいところだけど、私が作るさつま芋ファンの意向も無視できないので、紅東もお付き合いすることにした。
 
b0008825_21231884.jpg
草取りの手間が省けるし、雨で畝が流れるのを防ぐため、全てマルチにした


 黒枝豆も、収穫まで今一息!003.gif
 正月に欠かせない黒豆作りは、失敗の連続だから、今年はなんとしても成功させなくては・・・と密かに闘志を燃やしている。
 その前哨戦ともなる黒豆の枝豆作りは、私にとって、なんとしても成功させなくてはならない作物
 今日そっと鞘を触ってみると、丸く膨らんでいる。001.gif
b0008825_21344681.jpg
順調に育つ枝豆

 同じように丹波の黒豆つくりが上手く出来ると良いのだが・・・。
[PR]
by matutaka31 | 2015-06-10 21:26 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/24573877
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibichan at 2015-06-11 06:51 x
見事プロ並みの菜園
手入れが大変
我が家私耕す人 妻育てる人
大豆 黒豆種まき間近 野菜今年天候不順で育ちが悪いようです
Commented by kanmyougam at 2015-06-11 08:05
おはようございます。
菜園愛好家・・いい言葉ですね。
僕もそのうち使えるようになりたいですね。
今回の野菜を見て僕はズッキーニを今年は作っていません。
いい野菜が作れていますね。早いものは収穫が始まりますね。
Commented by tenpai8 at 2015-06-11 09:03
精進の成果が歴然ですね。この道20年、腕前も立派なものです。新鮮自家産野菜で 今年も酷暑を元気で突破しましょう。丹波クロマメ第一陣を昨日播種しました。楽しいですね!
Commented by matutaka31 at 2015-06-11 21:53
hibichan さんへ
天候との相談、正に農業にピッタリの言葉と悟りました。
でも農業は、趣味でやる範囲では面白いですね。
作る人も食べる人も、同じように楽しめる世界です。
いよいよ黒豆への挑戦開始、間近です。
Commented by matutaka31 at 2015-06-11 21:57
kanmyougam さんへ
いろいろ趣味に挑戦しましたが、最後に残ったのが菜園です。
どうやら私のDNAに一致したのでしょう。(^。^)
これほど全ての条件を満たした趣味は、私にとって
始めてです。
自然との触れ合いは、癒されます。
Commented by matutaka31 at 2015-06-11 22:02
tenpai8 さんへ
愛情を注げばそれなりに応えてくれる・・・
菜園は本当に楽しいですね。
きついと思うこともありますが、それは一つの過程。
どうやら生涯、最後まで残る趣味になりそうです。
今年は、黒豆成就の年にしようと、密かに策を練っています。(^。^)
Commented by taminamikawa1 at 2015-06-11 22:03
家庭菜園の楽しみは苦労して育てた安全・安心の野菜を
旬の時に食卓を囲んで食すことではないでしょうか。
美味しい野菜を食するとき、幸せを感じられることでしょう。
Commented by matutaka31 at 2015-06-12 13:15
taminamikawa1 さんへ
収穫の喜びは、それまでの疲れを癒してくれます。
また旬の味は、言葉で言い表わせない満足感を与えてくれます。
菜園は、やった人でないと分らない、贅沢な趣味だと
思います。
Commented by dojyou38 at 2015-06-12 15:50
どの野菜も素人顔負けでなく、専業農家に負けない出来栄えです。
朝露を湛えた野菜を収穫する楽しみは何物にも代えがたいでしょう。
その上、趣味と実益が一致、止められませんね。
でも、腰痛にはくれぐれもご用心を。
Commented by matutaka31 at 2015-06-12 20:57
今日、太極拳の先生との会話です。
腰痛・筋肉痛ともに、無理をしてはいけない。
でも、用心して運動を止めると、筋力が落ちて一層悪くなる。
症状の具合をみながら、運動を続けるほうが一番良さそうだ・・・。
趣味を捨てないですむように、無理をしないようにして
菜園の趣味を楽しみます。


<< 滝と紫陽花 我が菜園の今 その1 >>