里芋の手入れ

 梅雨はまだ明けていないが、このところ湿度の高い、蒸し暑い真夏日が続いている。
 何時までも続く雨に、畑の草だけは勢いが良い。 もう伸び放題で笑いが止まらない様子。003.gif
 このままでは、畑か荒れ地か分らない有様で、周りの家に迷惑がかかるし、地主さんに申し訳ない。
 と言う訳で今日は、朝からカンカン照りだけど、意を決して菜園へ。
 熱中症になってはいけないので、水だけは忘れずに持って出かけた。

 今日の作業は、里芋の草取りと土寄せ。
 里芋の葉が背丈以上に伸びているので、畝の中にもぐりこめば日陰になるが、作業は窮屈な姿勢になる。
 畝の中に潜り込めば、周りから見えなくなる。
 もしこの中で熱中症で倒れたら、誰も気がつかず、助からないだろうな~なんてことを考えたりして。009.gif
b0008825_1628821.jpg
品種は赤と白、凡そ15株づつ計30株  手前の広い葉はヤーコン

 草を取った後、土寄せをする。この土寄せをサボると、収穫が減ってしまう。
 取った草は、土寄せした株元に敷き、乾燥防止用に利用する。里芋は水分を好むので、土壌が乾燥しないよう注意しなければならない。
b0008825_16305974.jpg
2度目の土寄せ、株も順調に太っている


b0008825_16334645.jpg

 親芋の株の側から小芋の芽が伸びてくるが、この小芋の芽を切り取るべきか、そのまま放置したほうが良いのか、意見が分かれる。どちらも一理ある。
 私は、小芋もおいしいので、毎年この小芋の芽はそのまま放置しているのだが・・・。025.gif



 果たしてどちらが理に叶っているのだろうか。
 要は、おいしい里芋が沢山収穫できれば良いのだが。
[PR]
by matutaka31 | 2015-07-26 16:34 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/24727930
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2015-07-27 07:40 x
まだ梅雨明けしませんか
こちら連日の猛暑作業も暑さの中草伸び放題ですので
法事もあり準備が大変
それにしても暑い
Commented by matutaka31 at 2015-07-27 08:54
hibochan さんへ
平年より10日も過ぎているのに、鬱陶しい毎日です。
台風も無事去りましたので、梅雨明けは今日辺りかな、と
思っています。
その後の暑さが怖いです。
Commented by dojyou38 at 2015-07-27 11:26
サトイモ育てた経験ありませんが、葉は背だけ程にも伸びるのですか。
冗談でなく、<<もしこの中で熱中症で倒れたら、誰も気がつかず、助からないだろうな>> 煮ならないよう気をつけてください。
梅雨明け10日の暑さは尋常でないですから。
Commented by kanmyougama at 2015-07-27 12:22 x
サトイモが順調に大きくなりますね。
鯉もが美味しいですね 
親イモも食べられます。
着物茎を抜く方や埋める方おありますが
私はsのままにします。
Commented by matutaka31 at 2015-07-27 13:07
dojyou38 さんへ
梅雨明け10日、本当に体にこたえそうです。
年も年ですから、気をつけます。
どうやら梅雨明けの様相ですね。
Commented by matutaka31 at 2015-07-27 13:10
kanmyougamaさんへ
小芋の芽は、やはり、そのままですか。
小芋は、料理人にとっては面倒かも知れませんが、食べる人にとっては貴重です。(^。^)
今年もそのままで、様子を見ます。


<< 糸島の海岸で孫と遊ぶ 被爆体験を語り継ぐ >>