糸島の海岸で孫と遊ぶ

 東京に住んでいる子供と孫が、夏休みを利用して、3泊4日の慌しい日程で遊びにやってきた。
 高校に通うおねーちゃんの合宿の日程に合わせたので、止む無く短い滞在になってしまい、少し不満もあったようだけど、精一杯福岡での夏休みを楽しんだようだ。

 わずかな期間に、あれもしたい、あそこにも行きたい・・・あれこれ忙しい中、糸島の海岸めぐりに連れ出した。
 東京周辺では海岸でのんびり過せる場所に行くのは大変だけど、ここ福岡では車で20~30分も走ると、もうそこは海や山の自然の美しさに触れる手軽さがある。
 まずは糸島半島の突き出たところにある「又一の塩」で有名な立体式塩田を訪ねた。
b0008825_1422743.jpg
立体式塩田 その向うに姫島(幕末、野村望東尼が幽閉されたお堂がある)が見える


 気楽に、塩田の仕組みや塩の作り方を説明してくれるのがありがたい。
 孫は熱心に聴いていたが、果たして記憶に残っただろうか。
b0008825_1464915.jpg
丁寧に分りやすく説明してもらった

 「夏休みの自由研究になったかな?」に、「ウ~ん忘れそう・・・」。 いつか思い出してくれれば、それで良いのだ。

 「つまんでご卵」(ごらん)の看板で知られるお店で、卵ご飯を食べる。平飼いで育てた鶏の卵の黄身が箸でつまめる卵が売り。
 「おいしかった」、と大満足の様子

 「芥屋の大門」は、舟で見物しなければ観ることができないので、今回はその側の海岸で一休み。海は青く澄み切って底の岩や石が見える。
b0008825_14165745.jpg
い風に吹き飛ばされそうになって・・・、でも楽しそう!


 長年の浸食で大きな岩は不思議な形に削られている。 防波堤の手前にある鳥居には、願い事を託した石がたくさんのっていた。
b0008825_14171647.jpg
どうしたらこんなに石が積めるのだろうか?


 最後の日には、近くの大原海岸で、ひと遊び。
b0008825_1418875.jpg
水着を持っていなかったので、水辺でお遊び  かくして福岡での、孫の短い夏休みは終った。
 楽しい思い出になってくれたかな。
 「冬休みには、また来るね」と、元気な笑顔を残して帰っていった。
[PR]
by matutaka31 | 2015-07-31 13:45 | 思いのまま | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/24743696
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2015-08-01 07:51 x
お孫さんたち福岡の思い出一杯だったでしょう
子供たち親が気が付かないほど覚えているものです
我が家も部活とかで揃わないようです
もう八月早いものです
Commented by matutaka31 at 2015-08-01 10:02
hibochan さんへ
孫達も年々、部活や塾、そして友だち・・・などで、里帰りが
少なくなります。
当たり前のことですが、一抹の寂しさがありますね。
こちら梅雨明けと同時に、毎日ジリジリ照りつける真夏日が
続いています。
Commented by dojyou38 at 2015-08-02 14:33
お孫さん帰省してくれて嬉しいですね。
お孫さんも楽しそう。東京では味わえないバカンスになったことでしょう。
私のところは昨年辺りから、部活・習い事などで帰ってくれません。
孫が小さいころは1週間も10日も居てくれたのに。
寂しいのでこのごろは押しかけています。
Commented by matutaka31 at 2015-08-03 15:40
dojyou38 さんへ
孫の足が遠のくのは、仕方ないことですね。
何処も同じで我が方も、高校になってからこれなくなりました。
これからは自分達だけで、楽しく過ごす方法を見つけるしかなさそうです。


<< 7月に歩いた距離 里芋の手入れ >>