家庭菜園の醍醐味

 退職後直ちに始めた家庭菜園、もうかれこれ15年になるが、現職の頃から定年後どうしてもやりたいと思っていた趣味の一つ。
 今日も秋晴れに恵まれ、世間は行楽シーズンで浮かれているが、私はコツコツ家庭菜園で野菜の手入れに余念がない。今日の作業は、ジャガイモの芽欠きと土寄せ、白菜やレタスなど葉っぱものの土寄せなど.

b0008825_17144572.jpg
白菜、今年は害虫が少なく、これまで一度も農薬は使っていない

b0008825_17151532.jpg
ジャガイモ、芽欠きをして土寄せをしたところ

 自然を相手の野菜作りだから天候に振り回されることもあり、思いどうりにならない。素人そのものだから、失敗もあれば成功もある。
 作業は楽しいことばかりではない、きついときもある。時には腰を痛めてしまうことも。
でも止めようと思ったことは一度もない。私にとってきつさより、それ以上の楽しさ、喜びがあるから。


 出来具合は、思いのほか良くできるときもあれば、何故?と首をかしげたくなるような失敗もある。失敗した時は悔しくて自分の未熟さに腹立たしくなることもあるが、来年こそは・・・と意欲が更に盛り上がり、その時点から来年に向けて挑戦が始まる。

 我が家庭菜園では年中、何かが育っている。だから四季を通じ、作る楽しさ、育つのを見る喜び、そして収穫の楽しみ、そして失望が常に交錯する。
 そんな中で私にとっての醍醐味は、なんと言っても育てる楽しみである。 心を込めて育てると、野菜は正直に応えてくれるから。  自分の取組みの全てが、作物自身の育ち方に正直に現れ、あたかも自身の姿勢を鏡で見るようなものだ。
  順調に育っている野菜を見ていると、それまでのきつい思いは何時の間にか霧が晴れるように消え去ってしまう。
[PR]
by matutaka31 | 2015-10-11 17:18 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/24983920
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2015-10-13 08:21 x
家庭菜園管理担当は 妻
私は 耕すだけ 畑の縁に草花 果実 花木植え込むだけ
今グラジオラス球根引き抜いてます
Commented by dojyou38 at 2015-10-13 13:54
この度、次男家族と住むようになった家には、庭の片隅の8坪ほどを菜園にしています。
私が転居してから、ネギ・シュンキク・小松菜の種を蒔き発芽は順調のようです。
他に、セロリ・レタスなどの苗を植えました。
これからmatutakaさんのブログを参考にしながら畑つくりに頑張りたいと思います。
Commented by matutaka31 at 2015-10-13 17:29
hibochan さんへ
家庭菜園管理担当は奥様ですか。良いですね。
我が家では、もっぱら配る人。
おかげさまで、ご近所さんと上手くコミュニケーションが取れているようです。
Commented by matutaka31 at 2015-10-13 17:42
dojyou38 さんへ
新鮮野菜作り、ご家族の皆さんは大喜びでしょう。
潮風を受けた野菜は、美味しいでしょうね。
種から仕立てるとは、本格的な野菜作りのようで、きっと
今津の菜園で積み重ねたノウハウが活かされることでしょう。
Commented by taminamikawa1 at 2015-10-20 21:43
野菜作りは子育てと一緒で、大変ですが、愛情をかけただけ、
かえってきますので、やりがいがありますね。
Commented by matutaka31 at 2015-10-21 19:36
taminamikawa1 さんへ
「親の心子知らず」という言葉がありますが、野菜は紛うことなく
正直に応えてくれます。
その育ち具合を見ると、また元気が出ます。


<< 青空に似合うコスモス ハナカタバミの花 >>