菜園の秋

 11月ともなると小さいながらも我が菜園では、収穫の秋を迎えると同時に、来年春の収穫を目指す作物の植え付け光景が見られる。
 今年は秋野菜が順調に育ち、大根・カブ・白菜・レタス・ワサビ菜・ブロッコリー等根菜類や葉物野菜を収穫中であるが、自宅だけでは消費できないのでご近所さんや知人に、自然の恵みをお裾分けしている。

b0008825_9455410.jpg


白菜は早生と晩生の2品種を植えているが、右の写真は今収穫中の早稲種。
今年は珍しく、害虫の被害が少なく、みずみずしい緑あふれる野菜が豊作。




一方では、玉ねぎの植え付け作業。
今年は早生200本、中性100本、晩生200本、赤100本の計600本植えたが、少し畝に余裕があるのでもう少し植える予定。
b0008825_9592167.jpg
玉ねぎ苗を植えつけ直後の状況

玉ねぎ苗の値段は今年、100本一束約590円前後。1本当たり約6円。
苗代が高いので毎年、小遣いを節約しようと思い200本程度自分で種を播いて育てるのだが、今年は発芽が悪くて、自前の苗は50本くらいしか出来ていない。
思惑がはずれ、ほとんど苗を買う羽目になった。

苗作りは、素人には難しい。苗作り専業家のほくそ笑む姿が眼に浮かぶ。
正にプロの出番だ!
でも「苗半作」の謂れどおり、買う立場の素人菜園家に残された業は、苗の良し悪しを見分ける技量だ。
その眼力こそが、素人菜園家に必要な技術の一つになる。
果たして今年買った苗は「半作」の価値があっただろうか?
農業は奥が深い!
[PR]
by matutaka31 | 2015-11-21 10:00 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/25108486
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tenpai8 at 2015-11-22 09:01
いよいよ秋植付の最終ですね。タマネギも役者が総揃いで、収獲が楽しみですし、初物の味も楽しみですね。
タマネギの移植後のコガネムシ幼虫切断は厄介ですよ。
ご注意を! 豆の跡地に多いようですが?
Commented by taminamikawa1 at 2015-11-22 21:28
秋野菜の収穫と植え付けで忙しいですが、
白菜を材料にした鍋物の出番ですね。
Commented by matutaka31 at 2015-11-22 22:48
tenpai8 さんへ
根物は保存が出来ますが、葉物は保存が出来ないので作りすぎると
処分に困ります。
今年はレタスが豊作で、化け物みたいに大きくなっています。
今日、空豆の移植を済ませました。
Commented by matutaka31 at 2015-11-22 22:52
taminamikawa1 さんへ
今年は白菜の売れ行きが悪いそうです。
寒くならないので、鍋物の需要が増えないそうです。
気候の変化が、野菜の出来具合だけでなく、需要に大きく
影響するようです。
Commented by hirukake-2 at 2015-11-23 09:59
この処の高温と雨で野菜の方も育ち過ぎで、大きいことは小さいよりましかとは思っていますが、ちょっと異常かなー。

600本の玉葱の今後が楽しみですね~・・・。
我が家でも年中使っている様で一番喜ばれています。




Commented by matutaka31 at 2015-11-23 21:09
hirukake-2 さんへ
我家ではたまねぎを毎日、酢玉ねぎで食べています。
味噌汁に入れても美味しいですね。
長く保存が出来るように、今年は晩生種を増やしました。
昨日は、ソラマメを定植しました。
Commented by dojyou38 at 2015-11-26 16:17
「苗半作」ですか。
私もこちらに来て、ほんの僅かですが菜園を始めました。
私が以前していた頃に比べ、
最近の苗も種も生育率・発芽率も良くなっているように感じております。
Commented by matutaka31 at 2015-11-27 10:51
dojyou38 さんへ
土に親しむのは、健康維持に言いそうですね。
最近、家庭菜園家が増えているようで、園芸店には大勢のシニアが訪れています。
苗を買った方が簡単ですが、種から育てるのも楽しいものです。


<< 早すぎた竈門神社の紅葉狩り 飢えを凌いでくれた沖縄100号  >>