一芸に秀でるものは・・・

 先日仲間と、福岡市アジア美術館で開催された「ジュディ・オング倩玉 木版画の世界展」を観賞した。
 歌手・女優のジュディさん制作の木版画が人気を集め、ウイークデイにも係らず、大勢の人が見事な作品に見入っていた。
b0008825_9472965.jpg
恩光 櫛田神社(2015年)木版画 (会場で配布されたチラシより)

絵画の世界に付いて私は、自他共に認める100%オンチ!
だから木版画といっても、その技法も道具も全く知らない世界。
仲間にバレン(馬楝)と言われても、??。観終わった頃ジュディさんが使った道具の展示をみて、やっと納得する程度だから推して知るべし。世間知らずと云われれば返す言葉がない。

 そんな絵画オンチが何故、木版画展に?
 それは2年前の平成25年12月、九州市民大学で講師のジュディ・オングさんが木版画の話をされたとき、その素晴らしさに魅入られてしまって、一度実物を見たいと思っていたから。

 展示作品の、なんと素晴らしいことか。何処が良いのか、何が良いのか、そんな評価は全くできないが、その作品一つ一つの素晴らしさは実感できる。
 またその製作過程を通して、我々素人には気が遠くなるような繊細な技法が用いられ、それを成し遂げる集中力と情熱の並々ならぬものが伝わってくる。
 芸能活動を続けながら、素晴らしい作品を創り続けるジュディ・オングさんの情熱に感動。
  正に 「一芸に秀でるものは多芸に通ず」 を実感。

 出来ることなら自分も、一芸に秀でることは出来ないが、小さなことでも良いから挑戦し続けるものを持ちたいものだと、密かに思う。そういう元気をもらった展覧会でもあった。

 私には、まだまだ知らない世界がいっぱいあることを、改めて思い知らされた。
 可能な限り、いろんなことを見たり経験してみたい。   そんな夢は、80歳の今でも止まることがない。
 でも見たくも係りたくもないものがある。
 それは、建前としがらみで厚化粧された政治の世界と、ポリシーが色褪せた組織。もうこの類の世界とのお付き合いだけは、真っ平御免被りたい。
[PR]
by matutaka31 | 2015-12-10 10:59 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/25166520
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by taminamikawa1 at 2015-12-10 18:36
ジュディ・オングさんと言えば、一流の歌手とは知っていましたが、木版画の個展を開催さるほどの方だとは知りませんでした。
昔から、一流のモノに接しなさいとよく、言われていましたので、そうありたいと思いながら、現在に至っています。
Commented by matutaka31 at 2015-12-10 23:19
私も芸能人だとばかり思っていました。
ところが日展でも賞をとるほどの実力だと知らされ、ビックリしました。
会場に作品の価格表がありましたが、高いものは140万円位の
高値がついていました。
Commented by hibochan at 2015-12-11 07:02 x
私も絵 書は 全くダメ
でも見るのは 好き モネのスイレン開催中ですが
諦めました
Commented by matutaka31 at 2015-12-11 09:48
hibochan さんへ
「いいな~」と心が和む作品、それが私にとって良い作品なんです。
自分には逆立ちしても出来ない世界、だから憧れあるのでしょう。
Commented by dojyou38 at 2015-12-11 10:57
私もジュディオングさんの講演を市民大学の講座で聴きました。
もう具体的なことは忘れましたが、彼女の版画に対する情熱と
その成果に感動した記憶が有ります。
まさに「一芸に秀でるもの・・・」です。
私は音楽・芸術センスは皆無ですが、若い頃より音楽の出来る人は
他のことにも優れていると憧れて羨ましく思っていました。
Commented by matutaka31 at 2015-12-11 15:07
dojyou38 さんへ
そう言えばdojyou38 さんも、九州市民大学の同窓生でしたね。
展覧会で彼女の作品に触れると、驚きの一語でした。
自分には手も足も出ない芸術の分野に取組む人たちの作品に出会うと、
私も憧れと同時に尊敬したくなります。
今日もぐずついた一日になりました。


<< オリジナル年賀状を作る 異常気象のせいか >>