遣り甲斐を感じるボランティア

 私が定期的に行うボランティ活動の一つに、町内のひょうたん池花壇管理作業がある。
 雨の日以外は原則毎週金曜日、朝9時から大体1時間半のボランティア作業。そのボランティア活動も、今年は18日で終ることにした。
 この日は、清掃作業や用具倉庫の整理が主な内容。
b0008825_1134569.jpg
公園入り口に並べた歓迎プランター

 始めてもう10年を超えた。われながらよく続いたものだと思う。
 好きでなければ出来ないことだろう。
 でも、 個人の趣味の活動と違い、町内会の一ボランティア組織であるが故にいろんな制約が付きまとい、趣味の域を超える悩ましい問題に直面することもある。
 でも、クラブ全体の知恵と努力で、何とか乗りきる。 そんな時には、ありがたいと思うと同時に、小さいことでも遣り甲斐を感じる。
b0008825_1137449.jpg
花壇植え替え作業

 一つひとつ、心をこめて取り組むボランティア活動、それが私のエネルギーの素であり、元気の素でもある。

b0008825_11391851.jpg
水際に咲く日本水仙

b0008825_11394283.jpg
早くも黄水仙が咲いた。 一月も早いか?」


 「四季折々の花を咲かせ、ひょうたん池を訪れる人々の心を和ませる環境を創り出す」ことが、我々の目標。
だから、「何時来ても美しいですね」と声をかけられるのが、一番嬉しい。遣り甲斐を感じる一時でもある。
b0008825_11441234.jpg
ノースポールも元気よく。 その周りの花の名は、何度聞いても直ぐ忘れる003.gif

b0008825_1144495.jpg
魚竜梅も満開

 年が明けると、恒例になった「第10回ひょうたん池まつり」の準備が本格化する。
 地域の人に楽しんでもらうイベントを目指して、小さいグループながら、ありったけの知恵とアイディアを注いで準備を進める。
 大変だけど、楽しい!001.gif
 これが遣り甲斐のあるボランティアというものだろう。
[PR]
by matutaka31 | 2015-12-20 11:44 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/25194537
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by taminamikawa1 at 2015-12-20 20:14
私も花づくりのボランティア活動してますが、道行く人がきれいな花ですねと言ってもらえる時が嬉しいし、やりがいを感じますね。
少しは地域に貢献しているかな~と。

Commented by matutaka31 at 2015-12-20 23:15
taminamikawa1 さんへ
花作りは、一年を通して気が抜けない作業だから
楽しさと同時に緊張もあります。
ボランティアのお陰で、永年後の生活が楽しいです。
でも心が通い合わないボランティア活動は、長続きしませんね。


Commented by hibochan at 2015-12-21 06:58 x
一口にボランティア活動と言いますがご苦労様です
自身地域のため役と言う役は すべてお引き受けしました
花木植え込んでますが 楽しみですとの一言が励みになります
Commented by matutaka31 at 2015-12-21 09:10
hibochan さんへ
地域の役引き受けは、大変なことだと思います。
お疲れ様でした。
ボランティアでは、心温まる声をかけていただくことが
一番励みになります。そして楽しみに変ります。
Commented by dojyou38 at 2015-12-22 09:42
町内のボランティアとは言え、10年も参加者をまとめて続けるのは大変なことです。
気心知れた仲間も10年の間には行き違いも出てきます。
それを10年も纏めてこれたのはmatutakaさんの人徳によるものでしょう。
ご苦労様です。
Commented by matutaka31 at 2015-12-23 14:28
dojyou38 さんへ
ありがとうございます。
確かに何回か危機に直面しましたが、都度、目標・目的を
確認しあうことで、思いを共有することができました。
会員の皆さんが目標・目的を共有しながら協力し合うことで、
ボランティアが成り立つことを身をもって体験しました。


<< それでも止めようと思わない 家庭菜園 博多の情緒に酔いしれる >>