それでも止めようと思わない 家庭菜園

 今年の野菜作りは、文字通り「思うようにならない!」ことばかり。
 気象の変化を読み取り、その影響を最小限に抑えながら、作り続けるのがプロの野菜作りだろう。
 でも私の菜園は勝手気ままな野菜作りだから、一たび異常気象に見舞われると、あっけなくその影響をもろに受けてしまう。
 今年は、その言い例だろう。12月というのに隣の菜園ではもう、菜の花が一杯咲いている。
 私の菜園ではまだ菜の花は咲いていないが例外ではない。自然の摂理には叶う訳もないので、それを受け入れるしかない。
 なるようにしかならないのだから、運を天に任せて、気ままに野菜作りを楽しむことにしている。
 
 今年は夏から初秋にかけ雨が多かったせいか、根物(里芋・ジャガイモ・大根・カブなど)はまずまずの出来。ニンニクも順調に育っているが、菜っ葉類は軒並み、高温と多雨に泣かされた。
b0008825_16302927.jpg
品種はダンシャクとアンデスレッド

じゃがいもは、まずまずの出来。一度に掘りあげないで、要る分だけ掘り出す。天然の保管庫として利用。
 
b0008825_16325587.jpg
ニンニク 雑草を取り、土寄せをしたところ


 白菜や空豆に、早くもアブラムシ発生
b0008825_16361519.jpg
美味しい白菜の収穫期だというのに・・・

 我家でもご他聞にもれず鍋物の機会が少なく、思ったより消費が少なく、この有様。
 この時期、結球白菜にアブラムシがつくなんてのは、今までに一度も経験したことがない。
 極力農薬を使わないことにしているので、虫がついても食べるのにあまり気にならないが、異常すぎる。

b0008825_1638585.jpg

 空豆には2月頃からアブラムシが発生するのはよくあることだけど、この時期の発生は経験のないこと。
 
  
b0008825_16434443.jpg
ほうれん草・春菊・レタス・水菜を、ポットで種を播いて育てた幼苗を移植


 あまり寒くならない日が続き、おまけに日替わりみたいに晴れと雨が入れ替わる。
 こんな天候を喜ぶのは、雑草だけ。
 例年2月頃から始まる雑草との闘いが、早くも始まった。
 でもこれは趣味の家庭菜園では、避けて通れない大切な作業の一つだから、如何に要領よく闘うか、工夫のしどころだと思っている。

 我が菜園ではいつものことながら、出来具合を見ながら一喜一憂。でも、自分が思うように育てる楽しみがあり、育つのをみて自ずと元気が出る健康の源でもある。
 収穫の楽しみ、そして何より安心して食べたいものを好きなだけ食べることが出来る喜び・・・・挙げるときりがない家庭菜園の魅力。
 だから大変そうに見える家庭菜園だけど、止めようとは思わない。
[PR]
by matutaka31 | 2015-12-23 16:48 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/25203684
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2015-12-24 07:06 x
お見事 手入れも完璧のようです
我が家付近も家庭菜園が盛ん
作る喜び 食べる楽しみ 何よりも安全 安心
Commented by matutaka31 at 2015-12-24 10:02
hibochan さんへ
思うようにならないから、今度こそは!と、やりたくなる。
この繰り返しの連続です。
野菜と向き合っていると、何もかも忘れてしまう。
そして毎食のおかずも、野菜が多くなる。
これが健康の妙薬みたいです。
Commented by dojyou38 at 2015-12-24 15:09
matutaka31 さん
今年は異常な暖冬のようですね。
10月16日に種まきしたスナップエンドウが花を付けてます。収穫出来るでしょうか。
私のところでは葉物にまだアブラムシは来ていませんが注意してみるようにします。
私の場合、家庭菜園は種まき~発芽~日々の成長に癒されるので、
収穫二の次で楽しんでいます。
勿論、収穫が少なければ多少がっかりですが、懲りずに続けたいと思っています。
Commented by matutaka31 at 2015-12-24 18:05
dojyou38 さんへ
成長段階は、日に日に様子が変わるのが目につきます。
実が生ったときは、日に日に大きくなります。
日々の変化が、私の農場勤務をサボらないよう、背中を押して
くれているようです
Commented by taminamikawa1 at 2015-12-29 21:54
最高の贅沢は化学農薬や化成肥料を使わないで収穫するオーガニック食品を食することと言われておりますが、現実には害虫との戦いですね。
Commented by matutaka31 at 2015-12-30 23:12
taminamikawa1 さんへ
化学肥料と農薬を使うと、見た目は綺麗な野菜が確実に出来ます。
でも安全以前の問題は、美味しくないことです。
でも両方とも無視できないのが現実です。


<< 季節はずれ 遣り甲斐を感じるボランティア >>