酒蔵びらき

 福岡県久留米市で開かれる9蔵元が参加した「城島酒蔵びらき」の情報を久留米の方から寄せられたので、仲間を誘って出かけた。
 酒蔵びらきに出かけるのは、本当に久しぶり。
 近くの酒蔵開きに行きたいと思うことがあっても、マイカーで出かけることはできないので、つい足が遠のいてしまう。
 今回は公共交通機関をうまく利用できるように、主催者と西鉄がタイアップしていたのが功を奏したのか、日曜日と云うこともあって、なんと6万人も集まったという。
 福岡市から最寄り三潴駅に特急電車を臨時停車させ、その料金は通常の往復1,460円にメイン会場で利用できるクーポン券500円付け、約半額の990円にし、駅から会場まで無料のシャトルバスを頻繁に走らせるなどの気の配りようで、左党族ばかりでなく女性客の多さも目立った。

b0008825_17494481.jpg

 私たちビギナーにとって広い会場に着いても、どこへ行けば美味しいお酒を飲めるのかも分らず右往左往するばかりりだったが、今年22回目とあって常連さんが多いようで、手に手に酒の肴を買い込んで、さっさと利き酒コーナへ直行する人が多いのに驚いた。
 やはり蛇の道は蛇か、何でも情報通でなければ、何かと戸惑うことが多い。
 逆に初めての事で、右往左往するのも楽しみ方の一つかも知れない、と思うのは負け惜しみというものだろう・・・。

 大勢の人を掻き分けるように、利き酒用コップを持って、やっと探し当てた飲み比べコーナでは、長蛇の列が・・・。
b0008825_17502554.jpg

 何しろクーポン券500円で、6銘柄のお酒を利き酒用コップ1杯ずつ飲めるとあって、みんなご機嫌顔003.gif 
 もうそれだけで、いい加減でき上ってしまいそうなのに、中には1500円で飲み放題のチケットを買って、次々にハシゴしてご機嫌な剛の者もいた。

 日頃は焼酎ばかり飲んでいる私達も、この日だけはもう日本酒おんりーでその美味しさを満喫した。
 仲間も日本酒の美味しさを改めて味わったようで、もうごきげん。ついつい饒舌に!001.gif

 イベントステージでは和太鼓やタヒチアンダンスの外なつかしのバンド演奏もあり、昔を懐かしむように会場に飛び出し踊りだす人も。その楽しい雰囲気に誘われ、仲間もついつられて踊りだしそうな雰囲気。
 「おっと、それは止めといたほうがいいよ!」と止める一幕も。003.gif
b0008825_17511367.jpg
 
b0008825_2248458.jpg
  

 イベント会場を後にしようと席を立ったトタン、その場を繕って黙っていたら、正に濡れ衣を着せられそうになった珍事が・・・。その珍事をここに書いてしまえば、後々の語り草にならないので、大切な思い出にしておこう。
 兎に角寒さを吹き飛ばす、早春の酒蔵びらきは、私たちにとって思い出多い春の一ページを飾ることになった。

   
お・わ・り

[PR]
by matutaka31 | 2016-02-15 17:32 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/25362590
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2016-02-16 08:30 x
この時期酒蔵の仕込が映像で紹介されます
仲間との試飲は 楽しいもの
県南にビールA K二社があり昔は 訪れましたが車では無理
遠のいてます
Commented by dojyou38 at 2016-02-16 21:40
「城島酒蔵開き」何度か行ったことあり、飲み放題1500円のチケットは有りませんでしたが、
9つの蔵元を廻り利き酒飲みすぎ酔っぱらったこと有ります。
ヒタチアンダンスはそのころは無かったです。
Commented by matutaka31 at 2016-02-16 22:56
hibochan さんへ
酒蔵開きは、開放感があって楽しいです。
居酒屋で飲む酒とは一味違うような気がして、
ついつい飲み過ぎそうになります。
今では交通の便が良くないと、なかなか行く気になりません。
Commented by matutaka31 at 2016-02-16 22:59
dojyou38 さんへ
城島酒蔵開きは、始めて行きました。
物凄い人出で、ビックリしてしまいました。
おかげさまで新酒や、有名な銘柄品を楽しませてもらいました。
Commented by taminamikawa1 at 2016-02-18 21:47
城島酒蔵開きは多くの蔵元が参加しており、規模が大きく、新酒を飲み比べができますね。
何度か足を運んでおりますが、今年は行けませんでした。
Commented by matutaka31 at 2016-02-19 09:50
taminamikawa1 さんへ
初めて行きましたが、そのスケールの大きさに圧倒されました。
どうやら、リピーターが多いようですね。
久しぶりに日本酒の美味しさを味わいました。
Commented by よこはまT at 2016-02-19 11:16 x
>その場を繕って黙っていたら、正に濡れ衣を着せられそうになった珍事が...
はてさて、それはなんなのだろう...と
いつか、詳しく"語り草″お聞かせくださいね。
取り繕いや遠慮が機能しない世の中になっているようで、
まさに、右往左往しています。私の負け惜しみで~す ^0^;
Commented by matutaka31 at 2016-02-20 11:02
よこはまTさんへ
珍事で終れば良いのですが、時として悲劇の元になりますので
出来るだけ早めに修復するように努めるようにしています。
それにしても、珍事を珍事で終らせるのにも一苦労いることを
思い知らされました。(^。^)


<< 布切れで作る草履 梅一輪の温かさ >>