布切れで作る草履

 今年も古布切れで作る草履作りに挑戦中。
 5月に予定している地元の町内会で行う、「ひょうたん池まつり」にバザーとして出品しようと思って去年に続き挑戦中。
 既にまつりの準備は始まっていて、そのイベントに「バザー」がある。
その出しものは、ほとんど町内の方々から提供して頂く、家庭内で不要となった品物のリサイクル・リユース品だが、このまま利用しないですませるるのはもたいない。
そのほか、ちょっと手を加えるだけで、見違えるような小品に蘇る手作りも出揃う。

 毎年、まつりの準備には、あれこれ口出しするが、実際は具体的には何も参加しないので心苦しい。
 やはり口を出すからには、何か手を出さなければ・・・盛り上がりに影響しそうだ。
 せめて何か出来ないかと考えたのが古切れを使って草履作りで、何ぼか罪滅ぼししなくっちゃ・・・と言う次第。
b0008825_17342266.jpg
作業の合間に一休み、仲間の作品と比べてみる

 去年より少しは上達しただろうか。
 去年はまず作り上げるだけで精一杯だったが、今年は幾らで売れるだろうかと気になる。
 先生のお世辞を入れても、一足800円だろうとのこと。
 ちょっと欲張って900円にすると、買い手の気持ちが離れてしまうでしょう・・・とのこと.

お・わ・り

[PR]
by matutaka31 | 2016-02-20 17:40 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/25376566
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by taminamikawa1 at 2016-02-20 21:17
ぞうり作りと言えば、昔、郷里にいた頃(小学生時代)、わらで「ぞうり作り」をしたことを思い出します。
懐かしいですね。
Commented by hibochan at 2016-02-21 07:10 x
布草履素晴らしい出来栄え
妻も仲間が参加するフリーマーケットに出品してましたが
最近つくらないようです
Commented by matutaka31 at 2016-02-21 14:07
taminamikawa1 さんへ
私も藁ぞうりで育った時代です。
靴は、配給制で、なかなか手に入らなかったことを覚えています。
今となっては、懐かしい想い出になりました。
Commented by matutaka31 at 2016-02-21 14:17
hibochan さんへ
一足作るのに案外時間がかかるのに閉口します。
男性の趣味には合わないように思っています。
でも、乗りかかった船、後2ヶ月のあいだに
何足か作らなくってはと思っています。
Commented by dojyou38 at 2016-02-22 10:58
「ひょうたん池まつり」の準備ご苦労様です。
私たちの世代は古いものもなかなか捨てられません。
その点、古いものもリサイクル・リユースで使えるなら踏ん切りがつきます。
リサイクルと祭りの盛り上げに頑張ってください。
Commented by matutaka31 at 2016-02-26 10:54 x
dojyou38さんへ
小さい地域の祭りですが、みんなで取り組む楽しみがあります。
捨てる神あれば拾う神あり・・・で、それなりに知恵を出し合う
楽しさもあります。
皆さんが楽しんでくれることが、最大の喜びです。


<< 「慢性硬膜下血腫」で9日間の入... 酒蔵びらき >>