3月のウォーキング

 3月は、三寒四温をくり返すうちに草葉の緑が目立ち始める絶好のウォーキング季節。通常であれば意気揚々とウォーキングに励む季節なのに、病み上がりの体調が気になって、ウォーキングらしいウォーキングをしなかった一月になってしまった。
 そんな具合で、3月一ヵ月に歩いた距離は118kmで、一日平均3.8kmに終った。
 ウォーキングらしい歩きをしたのは、先月末に仲間と参加した「室見川河川敷のさくらウォーキング」で歩いた6kmくらいのものだった。

 インターネットバーチャル「日本一周ウォーキング」は、北海道北檜山から寿都(スッツ)に向かっている。
 長い冬を過ごした北海道の人たちにとって3月は、雪解けの季節であり、間もなく訪れる百花繚乱の季節を待ちわびる時期でもある。
 若い頃約4年間札幌で生活した当時の記憶を辿ると3月は、雪解けと同時に一気に春が訪れる印象が強い季節。
b0008825_16283158.jpg


 この地で思い出すのは、なんと言っても死ぬ思いをした「タラ釣り」である。
 当時の記憶を、私のホームページに、こう書いている。
 転覆するかと思った 大時化の積丹沖でのタラ釣り(昭和46年
 「岩内港から波の荒さで有名な積丹沖へ。 折りしも雨風が重なり木の葉の如くゆれる船。 波の谷間では近くの船さえ見えなくなる。 下手に動けば荒海に放り出される。 誰も喋らない。 
 恐怖心をごまかすかのように、ただ黙々と釣る。 クーラー一杯の真タラの釣果より、 無事帰りついた時の安堵感が大きかった」と。
 
 さて私にとって4月は、一年中で最も好きな季節。お陰で待ち望んだ桜の花見も楽しむことが出来た。
 本来ならば、年齢に関係なく、さ~今年も・・・と、いろんな想いや計画が胸中を駆け巡る時期。
 それなのに気になるのが、2月に入院した手術の予後。
 一日も早い「完治」を願っているのだが・・・。そしていつものように「今を大切に生きる・・・而今」生活に戻れることを。

お・わ・り

[PR]
by matutaka31 | 2016-04-08 16:33 | 思いのまま | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/25638676
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tenpai8 at 2016-04-09 12:07
思い出多い積丹の船つり、冷汗ものですね。オショロの岩礁に自生するコンブが波で揺れる様に恐怖を感じました。早く平常体力が回復出来るように、暫くはご無理無きよう、北国の春をお楽しみください。
Commented by matutaka31 at 2016-04-10 07:53 x
健康のありがたさを、思い知らされています。
自然に親しむ絶好のシーズンを無駄にしたくないので、
自分の体調を計りながら、一日も早い回復を願っています。
ポット播種の野菜苗が、芽を出しています。

Commented by dojyou38 at 2016-04-17 23:16
重篤な手術を克服されてウォーキングを継続されていることに乾杯!です。
積丹半島をドライブしたことがありますが、その時は静かな海だったように思います。
そんな貴重なスリリングな体験、一生忘れられないでしょう。
Commented by matutaka31 at 2016-04-18 16:57
何をやっても怖さ知らずの、若い頃の思い出です。
もう一度北海道をのんびり旅したいと思いますが、
叶いそうにありません。
でも、気力だけは失いたくないものです。


<< 使わなくなった食器を植木鉢に 桜 見て歩き >>