久しぶりの太極拳

 1ヵ月半ぶりに太極拳教室(日本太極拳協会福岡県支部所属)に顔をだした。
 太極拳教室の仲間は、久しぶりに顔を出した私を、笑顔で心から歓迎してくれた。
 みんなが夫々言ってくれるお見舞いの一言一言、そして心遣いが心に響き、本当に嬉しかった。
 こんな素敵なメンバーが集う太極拳教室に身を置くことが出来るなんて、幸せであると同時に、健康って本当にいいものだな~と、心が豊かになる一時であった。

b0008825_1450375.jpg
日本太極拳協会ホームページより


 2月に執刀してくれた医者は、「慢性硬膜下血腫」が再発したことがわかったとき、、「再手術をするかしないかの判断は1ヵ月後」とし、とりあえず投薬による治療の道を選んだ。
 その時私が思い出したのが、仲間が教えてくれた言葉「自分自身が主治医にならなくては・・・」の一言。
 「そうだ、これは今の自分にぴったり当てはまる助言ではないか」、そう思うと、自分で治せることは努力しなければ・・・と意欲がわいてきた。
 同時に、 「この1ヵ月間の間に、再手術をしなくて済むような状態まで回復させる」ために、硬膜下出血再発の原因になりそうなことをあれこれを考え、その原因になりそうなことはなるべくしない等、自分でできることを、可能な限りやってみようと思うようになった。

 1ヵ月間、自分でやれることは出来るだけ実行した。
 どんなことを?
 それは主治医としての守秘義務にしておこう。(^_^)

 そして1ヵ月後の5月中旬、CTスキャンの結果、頭蓋骨の中にまだマグマが残っているが暴れる気配はないので、若干好転の兆しありとして、更に2ヵ月間経過観察付の執行猶予が与えられた。
 と言う様なわけで,1ヵ月半振りに太極拳の練習を再開した次第。

 いい機会だから 太極拳教室の颯爽たる練習の様子を画像で紹介したいところだが、やはりプライバシーが壁になり、練習の風景画を紹介できないのが残念。
b0008825_15245070.jpg
日本太極拳協会ホームページより

実際の練習は室内で行うのでこの画像とは異なるが、太極拳の雰囲気は味わってもらえるのではないだろうか。いずれにしても、太極拳が出来る健康状態になったことに感謝し、これからも元気で、趣味とボランティアに励みながら、気持は何時までも青春でありたいと願っている。
       
お・わ・り

[PR]
by matutaka31 | 2016-05-16 15:12 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/25804013
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by taminamikawa1 at 2016-05-16 21:37
病気して分かる健康の有り難さですが、この年齢になると、一病息災どころか、多病息災と言ったところです。
病いと上手に付き合っていきたいものです。
Commented by matutaka31 at 2016-05-16 23:09
taminamikawa1 さんへ
加齢と共に、思わぬ出来事に見舞われます。
仰るように、自分の体調を計りながら、上手く付き合うのが
賢い生き方でしょうね。
Commented by hibochan at 2016-05-17 08:19 x
リハビリご苦労様です
自分の健康は 自分の手で わかります
趣味の世界で頑張って下さい
Commented by matutaka31 at 2016-05-17 08:49
hibochanさんへ
自然治癒力の大切さを感じます。
1年中で最も好きな季節になりました。思いっきり趣味に没頭したいものです。
茨城でまた、地震があったようですね。
被害がないことを祈ります。
Commented by dojyou38 at 2016-05-20 06:06
太極拳再会おめでとうございます。
matutaka31 さんには太極拳が良く似合って健康の源にもなっているのでしょう。
原因不明の体調異変には早め早めの対応が肝心なようですね。
虫歯ですら時期を失すると痛い目にあいます。
まして脳や心臓などは一刻を争う必要があります。
私は癌はそんなに恐れていませんが、脳と心臓を一番心配しています。
Commented by matutaka31 at 2016-05-20 13:37
dojyou38さんへ
確かに、ガンは対症療法の道がありますが、心臓と脳の病は
一瞬にして命を奪われることが多いですね。
私は、自分の自然治癒力をフルに発揮できるようにしたいと
日頃から願っています。


<< この時期、お気に入りの花 サクランボと空豆 >>