被爆体験を風化させない

 今年も8月15日が近づいた。
 そして8月6日の広島、8月9日の長崎の71年目の原爆忌が、・・・。

 先日、ある高齢者の集まりで私は、原爆の被害と終戦前後の暮らしを話題にした。
 8月15日は終戦の日・・・、これはみなさんよくご存じのこと。
 ところが8月6日、8月9日は何の日かと問うと、原爆に遭った日と即座に答えた人は、意外に少なかったことに、一瞬驚きを隠しきれなかった。
  
 世界で唯一の被爆国であるだけに、しかも年齢が私とそれほど大きく違わないので、原爆に遭った日だということをとっさに思い出してもらえると思い込んでいた私にとって、反応の鈍さは想定外のことだった。
 この一件で、どうのこうの言うのは早計であるが、私たちが恐れている戦争や原爆被害の事実が想像以上に風化している現実を垣間見たような気がした。
 安保法案や憲法改正問題が、選挙の争点として盛り上がらない訳が見えてくるようである。

b0008825_21183282.jpg
 
 今年も私は、長崎で原爆の被害に遭った、被爆稲の71代目の子孫を栽培している。
 作り続けて11年目になる。
 なぜ続けるのか?
 それは放射能の被害を受けた稲の子孫だから、多分今年も、実らない空籾が多いことだろう。その行方をしっかりこの目で見届けたいから。
 そして私自身、何よりも原爆被害を風化させないため。
                                       
おわり

[PR]
by matutaka31 | 2016-07-19 21:08 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/26029239
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2016-07-20 07:06 x
15日は わかりますが6日 9日は 思い浮かびにくい
70年経過してもDNAは 戻りませんか
風化させないためにもお続けください
Commented by matutaka31 at 2016-07-20 21:12
71年間戦争による死者もない時代が続いたおかげで、
日本はすっかり戦争のことを忘れ去ろうとしています。
このままいつまでも、戦争のない平和な国であってほしいものです。
Commented by dojyou38 at 2016-07-21 09:45
被爆稲、もう71代目になりましたか。
空籾が多くなっているのが気になります。

参議院戦で圧勝した安倍さん、これから一気呵成に改憲へと進むのでしょうか。
政権の安定と経済政策で自民党を勝たせたが、
いざ改憲というところでは国民の大多数は賢明な判断をするのではないでしょうか。
でも、安倍さんは更に外堀を埋める政策を進めるのではないか、それが心配です。
Commented by matutaka31 at 2016-07-21 21:39
by dojyou38 さんへ
安倍政権の往くてには、戦争への道のりが見えるようです。
この際真剣に考えなくては、再び戦火を被ることになりかねません。
「木を見て森を見ず」なぜかこのことわざが思い出されます。
Commented by taminamikawa1 at 2016-07-21 22:20 x
できれば、放射能の被害を受けた稲の子孫を未来永劫に作り続けていけたらいいですね。
Commented by matutaka31 at 2016-07-23 07:00
taminamikawa1さんへ
放射能の威力・恐ろしさを実感できる事例として、
多くの人々に知ってもらいたいと思います。
一般の関心が薄くなることが、残念です。


<< ロス現象 7月なのに藤の花が咲いた >>