花壇の水やり

 梅雨明けと同時に、私たちのボランティアグループにとって、忙しくなることがある。
 それは花壇の水やり! 7月から10月まで4カ月間続く。
 私たちのボランティアグループ「ひょうたん池花クラブ」は、活動開始以来11年間この時期、花壇の水やり作業を欠かさず続けてきた。
b0008825_15165040.jpg
いつも四季折々の花が咲いている

 水やりは、特定の人に負担がかからないよう、2人一組の当番を編成して、全員で助け合い、欠かすことなく自主的に実行される。

 水やり作業は早朝または夕方、2人でエリアを分けて散水するが、およそ40分くらいかかってしまう。
 夏の暑いさなか、さぞ大変だろうな~と思われる向きもあろう。
事実、大変な負担になる。
 特に主婦にとっては、水やりに好ましい早朝または夕方の時間帯は主婦業も忙しい時間帯と重なるから、出来ることなら勘弁したもらいただろう。しかも30度を超す暑い日で疲れも重なる年頃の人も多いので、なおさらのこと。
 でも、みなさん不満を顔に出さず、快く参加していただけるので助かる。
b0008825_15182043.jpg
クラブ会員の気持ちを象徴するかのように、ヒマワリが元気よく


 このような自主活動が育まれた背景には、会員が活動の目的をしっかり共有し、その活動に自信と誇りを抱いているからである。つまり、
  「ひょうたん池を訪れる人たちの心が和むよう、四季折々の花を咲かせよう」そして 「このひょうたん池を地域の憩いの場に育てよう」である。
  年が変わり人が変わっても、この活動ポリシーは変わることなく受け継がれている。

b0008825_1519218.jpg
エントランスでは、和やかにきれいな花が出迎える


 この時期街中を歩くと、道端に花壇が並ぶ。
 道行く人は「きれいだな~」と思いながらも、その陰で水やりはじめいろんな管理作業がなされていることに思いは及ばないだろう。
 とりわけこの時期の水やりは、花にとって生命線なのだ。
 自ら土壌水分を吸い上げる以外に生きる道はない花にとって、生きるすべは雨が降るか人の水やりに頼るしかない。
b0008825_15202630.jpg
池の側で涼しさを醸し出す百日紅(サルスベリ)の花


 花壇に花を植えるのは簡単で誰にでもできる!でも、その花を長く咲き続けさせ本来の美しさを表現させるるのは、管理する人の気持次第である。
 植えっぱなしにして今にも枯れそうになっている花壇を見る度に、植えた人やその周りの人たちの気持ちが現れているようで、心が痛む。
 ちょっと気を配り、水をかけてあげれば、きれいな街に生き返ることができるのにな~と・・・。
b0008825_15594988.jpg


ポケモンがひょうたん池にも現れた! きれいな花に魅せられたのかな~ 003.gif

お・わ・り

 
[PR]
by matutaka31 | 2016-07-25 15:37 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/26047485
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2016-07-26 07:38 x
花は 水が命ボランティア活動ご苦労様
市民の憩いの場所楽しまれることでしょう
ポケモン狂想曲なんか狂ってるよう
いろんな場所に出現してるよう
Commented by matutaka31 at 2016-07-26 14:32
hibochanさんへ
6月から7月上旬にかけて、記録的な雨に悩まされましたが、
今度は記録的な雨不足になりそうな気配です。
雨が頼りの花壇・畑も、雨ごいをしたい心境です。
ポケモン協奏曲、日本は平和なんですね。
Commented by dojyou38 at 2016-07-26 15:19
たかが水遣りとは言え40分は相当な負担です。
2人1組とは言え、10年のあまって続けるとは大変なことです。
やはり、matutaka31 さんのようなリーダーの強力な牽引力と
メンバーへの心配りがなせる結果と敬服します。
Commented by matutaka31 at 2016-07-26 17:45 x
dojyou38さんへ
ありがとうございます。
ボランティア活動を続けるには、目的を共有することが
一番大切だと思います。
成果が出ると、不思議に疲れないものですね。
でも正直、天の恵みがほしくなります。
Commented by taminamikawa1 at 2016-07-27 12:06
特に夏場の植物への水やりは欠かせませんし、花にとっては水は生命線ですね。
水やりを怠りますと、花が弱って来ますし、そのつけは、あとになって回って来ますね。
ボランティアでなさっておられるとの由、言うは易く、行うは難しで、敬服いたします。
Commented by matutaka31 at 2016-07-27 14:58 x
梅雨明けと同時に、一気に忙しくなります。
花壇管理をする以上、避けて通れない宿命みたいなものですね。
遠くに雲が湧くと、一雨期待してしまいます。


<< 朋遠方より来る ロス現象 >>