極端な日照り続き

 私が住む地域には、梅雨明けの7月18日以降、ほとんど雨らしい雨が降らない。
この1ヵ月あまりの間、2回、それも5~10分間の通り雨程度だから、からからに乾燥した土壌には「焼け石に水」同然。
 ところが同じ福岡市内でも、ところによっては大雨が降った地域もある。 よく言われる「馬の背を振り分ける」のとおり、よくある夏のにわか雨の特徴そのもの。
 家庭菜園の野菜たちの一部は、懸命の水やりで何とか生き長らえているが、サツマイモ、里芋、ニンジンなども、もう枯死寸前の状態に追い込まれてしまった。

 趣味の家庭菜園でさえひどい目に遭っているのだから、専業農家の苦悩ぶりが思いやられる。
 自然相手の農業の厳しさを、改めて実感させられている。

b0008825_15303459.jpg
枯死寸前のゴーヤ 通常であれば収穫の最盛期


b0008825_1534163.jpg
もう終わってしまったトマト、まだまだ収穫できたのに・・・残念


b0008825_15355251.jpg
見る影もない里芋 もう回復はだめだろう


b0008825_15371681.jpg
ヤーコン、これから雨が降っても望みなし


b0008825_15382590.jpg
かろうじて命をつないでいるピーマン 大きくなりきらず、熟れてしまう有様


b0008825_21424096.jpg
さつま芋 マルチをしていてもこの有様 もう風前の灯

[PR]
by matutaka31 | 2016-08-23 15:39 | 思いのまま | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/26132239
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2016-08-24 07:11 x
菜園の命は 水
当初こちらも水不足ただしとしと雨でなく一気に降る雨が多くなり 最近台風の通り道雨もうこりごり
上手くいかないものです
Commented by matutaka31 at 2016-08-24 13:48
九州は、かって台風銀座と言われました。
でも今年は、いまだに近づく気配がありません。
想像以上の気象異変のようです。
自然相手の仕事は、難しいですね。
Commented by dojyou38 at 2016-08-24 14:59
いや~酷い、残酷な光景です。
福岡は雨がないと聞いていましたがこんな状況とは。
しかも、せっせと水を運んだにも拘らずですからやりきれないでしょう。

私のところはそれほどの干天ではありませんが、
トマト・キュウリはほぼ終わりました。

こんな天候でも雑草だけは憎らしいほど元気です。
Commented by matutaka31 at 2016-08-24 23:11
dojyou38 さんへ
こんな経験は、初めてです。
昔だったら、飢饉につながりかねない異常気象だと
思っています。
当分晴れの日が続きそうで、気分が滅入ってしまいそうです。
Commented by taminamikawa1 at 2016-08-28 13:58
今年の日照り続きは異常で、農作物は悲鳴を上げていますね。拙宅のグリーンカーテンも繁りが悪く、最悪の状態です。
プリンターの花に水やりはしていますが、焼け石に水です。
Commented by matutaka31 at 2016-08-29 09:39
taminamikawa1さんへ
こんな酷い年は、初めての経験です。
水をやってもやっても、焼け石に水。もう疲れました。
農業の難しさを実感しています。


<< 初めて冬瓜を作る 冷や汁 >>