丹波の黒大豆栽培に挑戦中

 今年も性懲りなく、丹波の黒大豆作りに挑戦中!
 敢えて性懲りもなくと言う、私にとっては止めるにやめられぬわけが・・・。
 これまでもう数年連続して、この丹波の黒豆を作り続けているが、満足にできたのは1年だけ。あとは収穫皆無かほんのわずかばかりの収穫しかなく、なんとも釈然としない腹立たしさが残っている。
 失敗の最大の原因は、夏(生育盛りの時期)の水不足だと分かっているが、この水遣りは半端ではなく、少々の水遣りでは効果がない。そのため莢はできても実が大きくならす収穫ゼロに。
 そこまで分かっているのに、それをクリアーできない悔しさが、私を毎年作り続けさせるというわけ。003.gif

 そんなくだらない私の執念を見かねたのか今年は、「捨てる神あれば拾う神あり」の例えに似たありがたい声がかかった。
 その声の主は、自分の菜園に井戸を掘り本格的に菜園を楽しむ方。私の失敗をしり目に毎年丹波の黒豆を立派に育てるプロ並みの菜園家。
 私の失敗を見かねて、「私の畑で一緒に作ってみませんか」とありがたい助け舟を出していただいた。
 もう一人、同じ思いの菜園家Tさんと一緒に、その方の菜園の一角を借りて、水の心配のない丹波の黒豆をつくらせてもらうことになった。

 先輩の指導よろしきを得て、水の心配もなく、今のところ生育は順調。001.gif
b0008825_1354763.jpg
ポンプからホースで水を流し込む・・・・もう楽ちん017.gif8月上旬


 今日は3人揃って、これまでの反省とハスモンヨトウとカメムシの害虫駆除。
 仲間同士の会話も弾む!
 
b0008825_11425939.jpg
背負い式動力噴霧器で楽々散布
 

 これまでの反省点は、元肥の堆肥が多すぎたのか、やや葉っぱの緑が濃すぎるとのこと。来年の注意点だと。
b0008825_11442260.jpg

 ともあれ今年の丹波の黒大豆は、潤沢な水に恵まれ、台風の被害も免れ、今のところ順調である。
 11月の収穫が楽しみ!そして正月のお節に彩を添えることも現実味をおびてきた。
 期待が膨らむ。
     菜園万歳ヽ(^。^)ノ
お・わ・り


 
[PR]
by matutaka31 | 2016-09-25 11:44 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/26222976
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochみ at 2016-09-26 07:15 x
黒豆と言えばお正月につきもの
黒豆と言えば丹波黒豆 師匠が見つかりよかった
やはりmatutakaさんの熱意があったからでしょう
Commented by matutaka31 at 2016-09-26 08:49
人とのお付き合いは、何時になっても大切ですね。
おかげ様で、いい師匠が現れました。
これまでもモヤモヤが、すーっと晴れたような気持ちです。
Commented by taminamikawa1 at 2016-09-26 21:48
丹波の黒大豆作と言えば、最高級品のブランドですね。
そのブランド黒大豆に挑戦されていることに拍手です。
出来立ての黒大豆をビールの肴にして喉をうるおしたいですね。
Commented by matutaka31 at 2016-09-26 23:02
普通の黒豆はさほど難しくなく収穫出来るのですが、
丹波の黒豆は本当に気難しいお姫様です。
今年は何とか、手なずけてやろうと思っているのですが、・・・。
それにしても農業は難しいです。
Commented by tenpai8 at 2016-09-27 09:31
10月下旬からはビールのツマミが増えそうですね。
エダマメは最高ですよ。
今年はビールのランクもツマミに合わせて、
豪華版で行きますかね!
Commented by yyyanoy at 2016-09-27 11:29
大豆は田んぼのくろに植える、肥料はいらないと・・・聞いてましたが、丹波豆は難しいのですね。

ところで今年は「国際豆年2016」だそうです。たまたま本の広告で「小豆とウインナーソーセージピーマンなどを煮込む料理」が載っていたので、昨夜作ってみました。アルゼンチンだったか?のもので簡単でおいしかった。小豆というと甘いものばかりなのでたんぱく質を摂るのにいいかとおもいました。
日本は大豆が多いのに世界でみるとレンズマメやエンドウ豆を食べている地域がおおいようです。

11月のビールで乾杯!!アップを楽しみにしております。
Commented by matutaka31 at 2016-09-27 21:17
tenpai8 さんへ
久しぶりに黒豆の枝豆で、美味しいビールがいただけそうです。
とらぬ狸の銭勘定にならないよう、気を引きしめて管理します。(^◇^)
Commented by matutaka31 at 2016-09-27 21:24
yyyanoyさんへ
大豆は根粒菌があり自ら窒素を作り出すので、肥料は禁物のようです。
でも水だけは、想像以上に欲しがります。
日本人は豆が好きな国民ですが、自給率はすごく低いんですね。
だからかもしれませんが、豆料理も少ないのかもしれません。
11月の吉報をお待ちください。(^◇^)
でも、ソフトバンクみたいなことにならないよう頑張りま~す。
Commented by dojyou38 at 2016-10-02 17:56
山友ならぬ良い菜園友が近くに居て良いですね。
ご本人が真面目に研鑽しているから良いともが出来るのですね。
美味しい御節になることでしょう。
楽しみですね。
Commented by matutaka31 at 2016-10-03 10:09
近くに4名の菜園仲間がいますので、折に触れて会話が弾みます。
自然相手の農業の難しさや健康のことが主な会話ですが、
和気藹々で心が和みます。


<< 底なし釣瓶で水を汲む 健康長寿チャレンジャーの集いに参加 >>