小学校6年生から嬉しい便り

 去る9月私が長崎での原爆体験を話した小学校6年生全員から、私宛にうれしい便りが届いた。
 私が学校の平和学習で長崎での原爆体験を話したとき、私の体験談を聞いた感想、その後修学旅行で長崎に行って勉強したこと、平和への思いなどを綴った感想文を送ってくれることが多い。私は小学生が書いてくれる感想文を読んで、いつも元気付けられるだけでなく、語り部としての責任の重さを実感させられている。

 そのようないつものようなケースとは違い今回は、私の話を聴いてくれた小学校6年生全員から私宛の、夫々の思いを書いたお礼の手紙が届いた。

b0008825_21163977.jpg


全体を束ねた表紙には、
「○○さん ありがとうございました。!
 先日は、貴重なお話を聴かせていただきありがとうございました!9月15日・9月16日で修学旅行に行き、平和について、実際に目で見て学ぶことが出来ました。
 遅くなりましたが、お礼の手紙です。
               ○○小学校6年生一同」
と心のこもった挨拶が書いてあった。






 私は105名の手紙を、時間をかけて2度3度繰り返し読んだ。
 内容は、平和学習で体験談をしたことへのお礼の挨拶から始まり、「平和学習で原爆体験者の話を聞いたときの感想、その後修学旅行で長崎に行き実際にその被害の様子を自分たちの目で見て聞いて学んだこと、そして平和への思いなどが、思い思いに率直に書かれていた。

 私はお便りを読みながら、私の話を聞いてくれた時の生徒の真剣な眼差しが思い出され、その後修学旅行の長崎での平和記念像や原爆資料館、そして浦上天主堂、如己堂、山里小学校などを見学して、今の長崎と被爆直後の長崎の状況を比較しながら、核爆弾の恐ろしさや平和の尊さについて熱心に考えてくれたことに感動した。

 生徒さんのお便りを読み終えた時、ぜひこの中から2人でも3人でも、多くの人たちに読んでもらいたい気持ちで何人か選び出してこのブログに紹介しようと思ったが、それを選び出すことの難しさに気が付いた。2・3人を選びきれないほど、みんな素晴らしい内容の手紙だったのが大きな理由だったが、一方では、仮に匿名としても学校や家族の了解なしに勝手に紹介することはできない難しさもある。
 生徒さんの素直な気持ちを、もっと広く紹介する手立てがないものかと、思案しているのだが、・・・。 
私の原爆体験に関することはホームページをどうぞ!

お・わ・り

 

[PR]
by matutaka31 | 2016-11-24 21:24 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/26404236
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2016-11-26 07:40 x
嬉しいですね 講話の内容が心に感じたからでしょう
人の話をよく聞くそして思いやり
素晴らしい学校
いつまでも交流が続くことお祈りします
Commented by matutaka31 at 2016-11-26 09:19
hibochan さんへ
生徒さんの真剣な眼差しに、いつも心を打たれます。
この子供たちにとって、いつまでも平和な日本であってほしいと願っています。
これからも頑張りたいと思っています。
Commented by yyyanoy at 2016-11-26 14:55
ちょっと早いクリスマスプレゼント!
Commented by matutaka31 at 2016-11-26 16:39
yyyanoy さんへ
そう!でっかいプレゼントをもらいました。(^◇^)
お返しに来年、もっと心に残るようなお話を工夫しましょう。
Commented by taminamikawa1 at 2016-11-26 22:30
国家百年の計は教育にありと言われますように、被爆体験の話を聴いた生徒さんからの感想文に感動されたとの由、
matutaka31さんの話は生徒さんのこれからの人生に大きな影響を与えたのではないでしょうか。
Commented by matutaka31 at 2016-11-27 09:27
taminamikawa1 さんへ
生徒さんの真面目な態度や素直な感想文を読んでいると、
今問題になっているいじめ問題はなぜ起きるのだろうと、考え込んでしまいます。
これからも、生徒さんの心に残る話を続ける努力をします。
Commented by dojyou38 at 2016-11-27 16:37
被爆体験談の語り部活動の中で一番嬉しかったこと、
遣り甲斐を感じられたことの一つだったのではないでしょうか。
やはり、書物などとは違ったリアリティーが小学生たちにダイナミックに伝わった証拠でしょう。
そのために、matutaka さんも工夫して心をもめて話された結果だったなのでしょう。
もっと多くの小学生たちがこのような経験をすると良いですね。
Commented by matutaka31 at 2016-11-27 18:01
dojyou38 さんへ
話をするとき、生徒さんの眼差しを見ていると、
気持ちが通じ合っているかどうかがよくわかります。
生徒さんが真剣に聞いてくれた時は、話し終わったとき、
「来てよかった」と、心から遣り甲斐を感じます。



<< 紅葉を眺めて天神界隈を歩く あいうべ体操 >>