賀状を今年限りにするという挨拶に思う

今年も多くの方々から、丁重かつ心温まる年賀状をいただいた。
 1年ぶりに元気であることが分かって ホッとするもの、元気であれこれ頑張っているもの、病気と闘っているものなどそれぞれの近況が分かり合える、私には大切な文通手段。
b0008825_1142725.jpg
虚礼だとかいろいろ意見が絶えない年賀状。でも私にとっては日ごろのご無沙汰を詫び、尚且つお互いの近況を知り合う機会になるので、年一度挨拶できるありがたい風習だと思っている。

 毎年年末になると、なるべくオリジナルなデザインにしたいと思いながらもいいアイディアが浮かばないし、どんな文面にするかあれこれ考えても名文が書けるわけがない凡人だから、とどのつまり時期が迫ったら、自分の近況と今年にかける願いを込めた内容に落ち着いてしまう。
 それだけでは心が通じ合わない型通りの賀状になるので、親交があった相手が、その後どのようにお暮しだろうか、お元気だろうか、何か変わったことはないだろうか等々を思い浮かべながら、別々に一言加筆することにしている。
 これが私流の年賀状のスタイル。003.gif

 今年いただいた年賀状の中に、気になる3枚があった。
002.gif書き方は様々だが、 「年賀のご挨拶を今年限りとさせていただきます」、「本年を持ちまして賀状をご遠慮いたします」の挨拶。
 あ~みんなお互いにそんな年ごろになったのかと、改めて相手の状況を考えさせられる瞬間ではあるが、親しくしていた相手から突然絶縁状を突き付けられたような印象は否めず、一抹の寂しさに包まれてしまう。わずか1~2行の文章であるが、新たな気持ちに浸っている新年早々、寂しい現実に引き戻されるような気になってしまうので、正直お目にかかりたくない文面でもある。
 でも考えようによっては、突然賀状が届かなくなったら、相手に心配をかけることになるので失礼にならないようにとの気遣いでもあるので、これも一つの礼儀だとも考えられる。
 年を重ねると、こんなところにまで気を遣わなければならないのかと、改めて世の礼儀の在り方について考えさせられてしまった。

 人夫々の考えがあることだから、それはそれでよしとしなけばならないが、敢て来年のことを書かなくても、その時になって出すのを止めてしまっても失礼にはならないと思う。それでも敢えて書くならば、例えば、「年を重ねるにつれ、手元が覚束なくなりました。」、 「年とともに、書くことが不自由な身となりました。ご健勝を陰ながらご祈念させていただきます」などと書いて、その後は賀状を出さなければ阿吽の呼吸で分かり合えるのではないかと思うのだが・・・。
   終活も難しいですね。001.gif
 
お・わ・り

[PR]
by matutaka31 | 2017-01-08 11:55 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/26539919
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2017-01-09 07:14 x
今朝の新聞で年賀状減少止まらず
ピークの四割減電子メールやSNSの普及が背景とありました
私も年賀状派一年のご無沙汰趣味健康状況記してます
今年初めて今回で年賀欠礼案内がありました
考えさせられました
Commented by matutaka31 at 2017-01-09 09:09
hibochanさんへ
年賀状は、出すときはいつも大変な思いをしますが、
もらたときの嬉しさを思うと、毎年続けたくなります。
出せなくなったら出さない、そんな自然体で良いのではないかと
思っています。
Commented by dojyou38 at 2017-01-09 18:21
実は私は今年から年賀状を止めた一人です。
何年か前から終活の一環として断捨離を始めていますが
なかなか思うようには進みません。
その中で、昨年秋来年から賀状交換を止めさせてもらう旨の挨拶をしました。
その結果今年の年賀状が 当然のことですが、極端に減り少々淋しい思いをしました。
それでも20枚余り貰いましたので、一時置いて寒中見舞いを返そうと思っています。

Commented by matutaka31 at 2017-01-09 21:10
dojyou38 さんへ
昨秋年賀欠礼の挨拶をされたとは、相手の気持ちを推しはかった紳士的な手法、流石ですね。
貰った相手の方も、気持ちよく納得されたことでしょう。
本当に親しい相手に対しては、寒中お見舞いだとか暑中お見舞いの方が、
心が通じ合うことでしょう。

Commented by taminamikawa1 at 2017-01-10 21:07
「年賀のご挨拶を今年限りとし、来年以降は遠慮いたします」の挨拶文に対し、そういう年齢を迎えたのかと自分に置き換えて考えさせられます。
私自身はそこまで思い切って中止できないのでは・・・。
Commented by matutaka31 at 2017-01-11 10:27
taminamikawa1さんへ
本当に、いろいろ考えさせられます。
年賀状ということを考えると私は、出したい相手には、
出せる間は出すことにしたいと思っています。
とにかく自然体で行きたいと思っています。
Commented by よこはまT at 2017-01-11 15:29 x
matutaka31さん
今年も楽しみ満載の記事をよろしくお願いします。
短い文でのメッセージは難しいですね。誤解や思い込みが入り易いですし...
matytaka31さんの年賀状が、どうぞ続きますよう、お元気をお祈りします。
Commented by matutaka31 at 2017-01-11 16:26
よこはまTさんへ
何の取り柄もないブログですが、頭の体操のつもりで、これからも続けるつもりです。
今年も宜しくお願いいたします。
年賀状も、書ける間は出したいと思っています。
いつまで出来るかわかりませんが・・・。


<< 八朔の収穫 ちょっと違う私のウォーキング >>