今日のウォーキング

 風は少々冷たかったが、晴れ渡った青空の下、今日はいつもと少し違ったコースを歩いた。
 いつもと違ったコースを歩くと、周りの景色が新鮮に映るせいか、意外なことに気が付くことがある。

 梅の花は、もう至る所で満開。


b0008825_19460572.jpg
 この梅は一見威勢よく見えるが、剪定をしていないので枝が伸び放題。観賞用・実採り用いずれにしても管理が行き届かない状態。 主が高齢で管理を諦めたのかどうか事情はよく分からないが、このように選定しない梅が最近方々で見かけるようになった。
 高齢化が進む地域にあっては、梅に限らず、庭先に植えた果樹や庭木が手付かずのまま放置されているケースが目立つようになった。

住宅地の中にある丸隈古墳 

b0008825_17483780.jpg
 地元ではよく知られた古墳だけど、訪れる人は少ないが、このような階段があるので、足を鍛えるには格好の場所としてウォーキングに利用する人もいる。
b0008825_17494069.jpg

街中にあるその古墳の中になんと、こんな看板が・・・
不法投棄が絶えないのだ。
日本人の公徳心もまだまだ。よその国を笑う前に、足元を見つめてみよう!
人のふり見て我がふり直せ!だ。


 

田んぼの畦道に出た。
「オオイヌノフグリ」の可憐な花が、辺り一面に咲いている。上を向いて歩くと気が付かない。
 

b0008825_17522224.jpg
 視線を落とすと、そこには雀のエンドウやホトケノザの花も、微笑みかけるようにひっそり咲いている。



 あちこちの庭先に、黄色く色付いたキンカンがなぜか放置されている。食べる人が居ないのか、それとも美味しくないのか?
 どうやら美味しければ食べよう…程度の思いで観賞用に植えたのかもしれない。キンカンは他の柑橘程美味しいものではないので、食べたい人は店で買ってくるのだろう。
 実はこの写真は、我が家の金柑。003.gif
b0008825_20311325.jpg
 この時期、収穫した八朔を食べているので、あまり美味しくないキンカンに手が出ないというわけ。ヒヨドリのご馳走にしようと思っているのだが、どうやらヒヨドリにもソッポを向かれてしまったみたい。007.gif


 
 
 


[PR]
by matutaka31 | 2017-02-07 20:02 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/26615822
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2017-02-08 07:40 x
散歩の途中楽しみが多く歩数も増えることでしょう
こちら風が強く畑の土を舞い上げ筑波山も霞んでます
今朝は 穏やか歩いてみます
梅は そろそろのよう
Commented by dojyou38 at 2017-02-08 08:52
おはようございます。
このように延び放題の梅や桃の木をウォーキング中予組みかけます。
言われるように管理者・所有者の高齢化で放置されているのでしょう。
まだまだ花が少ない路傍でオオイヌノフグリは地味な花ですがよく目立ちます。
キンカン、ヒヨドリにもそっぽ向かれましたか。もったいない。
我家ではわざわざ買ってきて甘露煮にして私の焼酎のあてにしています。


Commented by matutaka31 at 2017-02-08 10:49
hibochan さんへ
関東平野のからっ風は有名ですね。
雨が少ないこの時期、砂ぼこりは大変でしょう。
でも風のない時の青空は、素敵でしょう。
Commented by matutaka31 at 2017-02-08 10:54
dojyou38 さんへ
私の周りは、30年を過ぎた戸建て住宅が多く、
まさに高齢化社会の典型みたいなところです。
若いころ植えた庭木が、今になって大きな負担になっているようです。
中には、思い切って伐採する人もあるようですが、思い出の木だけに
管理に頭を悩ましているようです。
Commented by tenpai8 at 2017-02-08 13:36
放置状態の庭梅、近隣でも多くなりましたね。実梅にしても、樹皮にブドウ状カイガラムシが湧き上がるし高齢化のさびしさですね。
地域パトロールが行き渡り、当地ではゴミは殆ど解消し、喜んでいますよ。あと一息の努力でしょうか?
Commented by matutaka31 at 2017-02-08 17:18
tenpai8 さんへ
空き家になって、荒れ放題の家も散見されます。
時の流れとは言え、寂しい社会現象です。
小さなごみの放置はなくなりましたが、燃えない粗大ごみを
捨てる不届き者が、後を絶たないようです。
Commented by yyyanoy at 2017-02-09 09:42
我が家もこの通りです、手に負えなくて植木屋さんにたのんで来てもらうようにしていますが
とにかく混んでいるようです。昨年見に来てもらってまだです。
歳をとるということはこういうことなんですね、実家では父が亡くなってから数年たったら
母は消毒や剪定、日当たりなど考えたら木はない方がいいかもと(狭い庭です)なくしてしまいました。
いまおもえばそれもありかと。 今は空き家です。
Commented by matutaka31 at 2017-02-09 10:19
yyyanoy さんへ
身の回りを見ただけでも、世相の移ろいを感じます。
自然の成り行きですが、何となく寂しさが漂います。
昨日、寒波が迫ってきましたので、残りの八朔を収穫しました。
あの固い皮を、野鳥が突いていましたので、輪切りにして枝に刺していたら
あっという間になくなってしまいました。(キンカンは無事(^◇^))


<< 鼻呼吸の効果を考える 我が家の春告草  >>