「ひょうたん池まつり」の準備を進める

 今年5月に予定している第11回「ひょうたん池まつり」の3回目の準備会を昨日、実行メンバーで行った。

 このひょうた池まつりは、私たちボランティアグループ「ひょうたん池花クラブ」とエコ推進グループ「ベスタ」が共同で主催し、町内会や地域の社会活動団体の後援の下に行う、文字通り手作りのまつりで、毎年5月に行い、今年11回目を迎える。


b0008825_11442613.jpg
               昨年のひょうたん池まつりの一コマ

 日ごろの活動資金の中でやりくりする貧乏サークルが主催するまつりで、近隣のボランティア団体や社会活動団体の物的・人的支援をいただきながらやりくりする、文字どおり手作りのまつりだから派手なものは一切ない。でもメンバーの熱い思いは他の祭りに負けないものがあり、昨日もおよそ2時間、みんなが夫々の考えを自由に出し合う和気藹々の意見交換を行い、アイディアを出し合い、これまでと一味違った楽しいまつりのイメージが出来上がった。
 
 今年は「子供から大人までこぞって楽しめるまつり」の色合いを強め、目玉を「親子で創って楽しむワークショップ」にすることに意見がまとまった。
 身の回りにありながら日ごろ何気なく見過ごしている物を使って、「ワーッ!」と言うような面白いものを創る喜びと、出来上がったときの感動を味わってもらうつもり。
    親子揃って・・・、勿論子供だけでも・・・。

 まつりの定番は、花・野菜などの苗の展示即売、バザー、広場での太鼓やダンスそしてみんなで楽しむ体操、飲食コーナー。いずれも10年のキャリアーとノウハウが、何よりの強み。
でも手を抜かず、楽しさを求めて一歩でも進化しなくてはいけない。

 私たちの「ひょうたん池クラブ」は、地域の憩いの場として整備された小さな水辺空間であるこのひょうたん池を舞台に、1年間の花壇管理、周りの清掃、立木の剪定等の環境整備作業の外、ひょうたん池まつりや独居高齢者を対象にした、「せんだんふれあいかい」、グリーンカーテンコンテスト等地域の皆さんとの触れ合いを通じて、元気な町づくりを支援するボランティア活動をおこなっている。      

そのひょうたん池は今、春の花園へと衣替えが進んでいる。
満開の黄スイセンと咲き始めたユキヤナギ(右)

b0008825_16521455.jpgb0008825_16522568.jpg 
    


    
 



 
このボランティア活動は、地域の皆さんに喜んでもらえるだけでなく、仲間との触れ合いも楽しく、この活動自体が私の日々を豊かにしてくれる、遣り甲斐を感じるボランティア活動。

 その活動の一端である年一度の「ひょうたん池まつり」を、二人三脚で進めてくれるのが同じ町内のボランティアグループ「ベスタ」。 その「ベスタ」とのコラボが、このひょうたん池まつりを成功させている。

 昨年11月から始まった準備会は3回目の会合で、まつりの骨組みができた。
3月の4回目の準備会では、場所のレイアウトと進行管理などの演出部分を話し合い、最終計画にこぎつける予定。

 ボランティア活動に勢いを持たせるには、参加メンバーの徹底したコンセンサスを得ながら、全員がその目的と手段を共有することが鉄則。

 私たち小さなボランティアグループが取り組んでいる舞台は、3カ月後の5月にオープン!。
 町内の皆さんの笑顔を思い浮かべながら、さ~頑張ろう・・・。




[PR]
by matutaka31 | 2017-02-25 13:35 | 思いのまま | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/26678388
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2017-02-26 07:25 x
ひょうたん池が市民の憩いの場ボランティア活動
ご苦労様です 市民の楽しむ姿で頑張れるでしょう
花も福岡早そう
Commented by matutaka31 at 2017-02-26 09:37
hibochanさんへ
集まる皆さんの笑顔を思うと、自然と元気が出ます。
暖かくなったと思うと急に寒くなる変化の激しい季節ですが、
確実に春は近づいています。
もう土筆が出ているそうです。
Commented by tenpai8 at 2017-02-26 10:57
隙間のない高密度の地域連帯が原点のようですね。
11年間、年々充実度を増して素晴らしいです。
植物も立派に花を咲かせているし、天然湧水池も清水をたたえており、都会のオアシスそのものです。
Commented by matutaka31 at 2017-02-26 21:32 x
tenpai8 さんへ
クラブの結束は固いのですが、新興住宅地特有の「隣は何をする人ぞ」の
空気が強く、町内の活性化がテーマになっています。
少しずつ変わっているようですが、気の長いチャレンジが続きそうです。
Commented by tetsu807-2 at 2017-02-28 15:28
毎回盛会のひょうたん池祭り、今年で11回目になるの
ですね。グループの皆さんのコンセンサスが上手くいって
いる証拠ですね。グループの皆さんのお一人おひとりに
敬意を表します。
Commented by matutaka31 at 2017-02-28 23:00 x
tetsu807-2さんへ
小さいグループが、見の丈にあった小さなまつりを手作りで
続けているのが良いのかもしれません。
みんなの気持ちが一つになることの大切さを、身をもって実感しています。
楽しみながら頑張ります。
Commented by taminamikawa1 at 2017-03-01 21:29
ひょうたん池まつりは一大イベントだけに、それだけ用意周到な準備をなさっておられますね。
備えあれば憂いなしですね。
Commented by matutaka31 at 2017-03-02 21:18
taminamikawa1 さんへ
小さいまつりですが、皆さんに喜んでもらって無事終わることが
全てですから、手が抜けません。
それだけに、中身はとにかく、気を遣うことが多いですね。


<< 春作のトップバッターはジャガイモ 健康の有難さをこの上なく思い知... >>