春作のトップバッターはジャガイモ

 3月の声を聞くと、我が家の庭菜園も、にわかに気ぜわしくなる。

ジャガイモ・里芋、サツマイモの種イモ、ショウガ、つくね芋等、根もの野菜の植え付けが始まり、4月に入るとトマト、ナス、キュウリ,スイカなど春夏野菜の種まきや苗の植え付けシーズンになるので、これから畑の耕起・施肥といった準備作業が始まる。

 私も素人菜園とは言え、十数年のキャリアを重ねると、規模は小さいながらもあれこれ少量多品種をつくるので、作付品種を選んだり作業の段取りは、結構頭と動力を使うので、ボケている暇はない。

 さて今年の植え付けのトップバッターは、ジャガイモ。
 ここでは、春と秋2回ジャガイモの収穫(二期作)が可能である。
 その春ジャガイモを、今日植えた。

b0008825_22490384.jpg
畝の長さは約6m、25㎝~30㎝間隔で植えこんで、合わせて4畝

 植えた品種はダンシャク2㎏(2畝)、キタアカリ1㎏(1畝)、紅あかり1㎏(1畝)、合計4㎏(4畝)
ダンシャクとキタアカリは定番だけど、紅あかりは初めてのこと。
 紅あかりは、「赤い皮と真っ白い中身を持った、しっとりしたホクホクした品種」とか。
 色々試してみる楽しさがあるのが、家庭菜園の醍醐味と言うもの。002.gif

b0008825_22503341.jpg

 卵大の大きさの種イモはそのまま植えることにしている。その方が芽の勢いもよく、その後の成長も早い。
卵大より大きい種イモは半分に切って、切り口が腐らないように木灰をつけて植える。(右図)
 大きいのは3分割してもいいが、芽の成長が弱いので、私は原則として半分(なるべく勢いの良い芽が均等になるように縦に割る)に切ることにしている。



3月中旬には芽を出すだろう。その後の管理は、芽かきと土寄せくらいで、あまり手がかからないので、あまりこまめに管理できない手抜き菜園家の私には、相性の良い作物である。003.gif
 収穫するのはおおむね6月(長雨になると腐るので、梅雨入り前に収穫する)で、採れたての新ジャガイモの旬の味が楽しめる。


 ジャガイモは、(日本の農政省は馬鈴薯と呼ぶ)、英名: potato、学名:Solanum tuberosum L.)、ナス科ナス属で、他のナス科の野菜との連作を嫌うので、狭い家庭菜園では、連作にならないように気を遣う。


 さて、ジャガイモと言えば、中学か高校の頃だったと思うが、理科の入試問題を思い出す。
食用になるのは、ジャガイモは地下の茎の部分(塊茎)で、サツマイモは養分を蓄えて肥大した根の部分(塊根)だということ。003.gif






[PR]
by matutaka31 | 2017-03-01 23:06 | 思いのまま | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/26689244
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2017-03-02 08:17 x
もう作業開始早いです
耕し方もプロ並み
こちらではまだ冬眠中畑に人は 見かけません
トラクターもバッテリー外したまま
Commented by matutaka31 at 2017-03-02 10:07
hibochanさんへ
3月末ごろの晩霜の被害が気になるのですが、余り遅くなると
収穫時期が梅雨と重なりますので、早めの植え付けになってしまいます。
もう雑草が勢いを増してきましたので、早めに耕しています。
Commented by yyyanoy at 2017-03-02 21:38
毎回おんなじコメントですが、美しい畝ですね。
今日は寒かったです、雹?らしきものが降りました。
畑に被害がありませんように。
Commented by taminamikawa1 at 2017-03-02 22:24
ジャガイモと言えば、現役時代、札幌勤務の折にふかしたジャガイモにバターをつけて、よく、食した。北海道のジャガイモは美味しかったイメージがあります。
Commented by matutaka31 at 2017-03-02 22:36
yyyanoy さんへ
突然の気象変動は、露地栽培農業にとって大敵です。
それでも止められないのが、家庭菜園の魅力です。
畝は真っ直ぐでも、作物は奇形が多いんですよ(^o^)
Commented by matutaka31 at 2017-03-02 22:40
taminamikawa1 さんへ
私も札幌で、ふかしたジャガイモにバターを付けて食べるのを
初めて経験しました。
その時、ジャガイモは美味しいものだと見直しました。
でもこちらのジャガイモは、それほど美味しいとも思えません。
やはり気候のせいでしょうか。
Commented by tenpai8 at 2017-03-03 17:33
今年も「菜園2017」が始まりですね。
連作障害の回避、水周り、日光環境、等々、ボケる暇はありません。
私は今年は「春まきホウレンソー」からのタネマキでタネマキ開始です。 楽しみましょう!
Commented by matutaka31 at 2017-03-03 21:27
tenpai8さんへ
3月の声を聞くと、俄然忙しくなったような気がします。
作る楽しみ、育てる喜び、そして収穫の満足、この3拍子が
健康の源でしょう。
今年も大いに楽しみましょう。
Commented by dojyou38 at 2017-03-04 20:59
春の作付けシーズンになりましたが、何を植え付けすべきか悩んでいます。
私の菜園は狭い上に、水引けも良くなくその上日当たりもあまり良くありません。
何か推薦できる作物がありましたら教えてください。
Commented by matutaka31 at 2017-03-04 21:32
dojyou38さんへ
家庭菜園ではどうしても、条件に制約がありますので悩みます。
私の経験では、排水が良くなくて陽当たりも良くない処で
無難と言えば「ショウガ」「里芋」「ネギ類」でしょうか。
その外ミツバやほうれん草、レタスもなんとかなるのではないでしょうか。
でも、「ショウガ」「里芋」は、栽培期間が長いのが難点ですね。


<< サクランボの花が咲いた 「ひょうたん池まつり」の準備を進める >>