コブシか白モクレンか

 今日、ウォーキングコースの途中、街路樹に「コブシ」を植えた通りを横切ったとき、ふとコブシの一本に早くも花が咲いているのが目に付いた。002.gif

b0008825_13554811.jpg
周りのコブシも同じかと思い見渡したけど、他の木はまだ蕾が固い。
何故1本だけ早く咲いたのだろう。
「何故あんただけ早く咲いたの?」って、コブシに聞くわけにもゆかず、自分で考えるしかない。

 よく言う狂い咲きか・・・。
 いやいや狂い咲と言う季節ではない!もう3月5日で、咲き始めてもおかしくない季節だもん。

 では突然変異か。
 そんな大袈裟なことでもないだろう。
 高度に品種改良された野菜などに良くある「早生」 「中生」 「晩生」の類だろうか。
 いやいやそんな話、聞いたことがない。

 もしかしたら同じ種属(モクレン科モクレン属)の白モクレンでは?
 白モクレンはコブシより少し早く咲くから、コブシの苗に白モクレンが混じったのかもしれない、と長年の園芸趣味で身に着けたわずかばかりの知識が余計な混乱を招く。

b0008825_14410090.jpg 

そう思って家に帰って写真を拡大して花びらを確認してみると、
花弁は6枚で、花は横向きに開いている
 やはりコブシに違いない。





 きっとその木は、思うに「早熟」だということだろう。
人間にも標準より早く成長する子供もいるのだから、植物だって早熟なものがあってもおかしくない。

そんなことを考えながら歩いていると、ふと高校の頃を思い出す。
高校に入学したとき、セーラー服がはちきれんばかりのボインちゃんがいたが、早熟な娘だな~と、密かに思っていたことを思い出す。

もう60数年も前のこと。 懐かしい思い出!003.gif
人間って時には、とてつもない異次元のことを思い出すこともあるから、不思議な動物である。

どうでもいいことなのに、家に帰って我が家の庭のモクレンを見た。
まだ蕾が固いのを見て、早熟ではなかった。013.gif

ウォーキングも、ただ黙々と歩くだけでは、面白くない。
たまには横を見たり、上を向いたり、好奇心を120%掻き立てながら歩くと意外な現象に出会うこともある。
また、脳の思考回路が、いつもより早く回転することもある。003.gif

コブシと言えば北国の春を思い出す。( hibochanさんのコメントに誘われ、youtubeをリンクしました)    
           





[PR]
by matutaka31 | 2017-03-05 14:15 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://matutaka.exblog.jp/tb/26697712
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hibochan at 2017-03-06 07:02 x
もう辛夷ですか 名前を聞くと北国の春思い出します
台湾の公園でカラオケが リクエストされ唄いました
散歩してますが見る角度で風景が一変
ネタ不足気味参考にします
Commented by matutaka31 at 2017-03-06 10:29
hibochanさんへ
台湾の公園で歌われましたか。(^o^)
気分良かったでしょう。
中国でもこの歌は人気で、大連に行ったとき、よく聞かされました。
こちらはもう、すっかり春の装いです。
Commented by taminamikawa1 at 2017-03-07 19:57
こぶしと白モクレンの区別は難しいですね。
こぶしの花びらが白モクレンよりこぶり?のような
気がしますが…。
Commented by matutaka31 at 2017-03-08 13:31
taminamikawa1 さんへ
コブシと白モクレンの区別は難しく、大方の人は同じように
見えるでしょうね。
私は、モクレンの花がラッパ状で上向きに咲いているかどうかで、
まず判断します。
Commented by dojyou38 at 2017-03-08 18:34
コブシと白モクレンの区別は難しいですね。
私はモクレンは方向指標植物(コンパスフラワー)と覚えています。
花は蕾の時から行儀良く概ね全員北を向いていると思っています。
また花もコブシより若干重厚感があると思っています。
ただ、植物も固体差があるので一律には決められないですね。
Commented by matutaka31 at 2017-03-09 11:54
dojyou38 さんへ
「モクレンは方向指標植物(コンパスフラワー)で、 花は蕾の時から行儀良く概ね全員北を向いている」
良いことを教わりました。
これからモクレンを見るときの参考にさせていただきます。


<< 日本一周ウォーク、間もなく襟裳岬 サクランボの花が咲いた >>